1. Home
  2. MIND
  3. 元アスリートが教える、心が折れたときに立ち直りを早くするヒント

元アスリートが教える、心が折れたときに立ち直りを早くするヒント

2,837

木谷梨子

ゆっくり丁寧に暮らしたい。でも、生活のペースを落とすこと自体に無理を感じる……。

あわただしい現代には、効率よくエネルギー回復を図る「レジリエンス」のスキルが欠かせないとしているのが、『心を休ませるために今日できる5つのこと マイクロ・レジリエンスで明日のエネルギーをチャージする』(ボニー・セント・ジョン、アレン・P・ヘインズ著)です。

一流アスリートの回復スキルを日常に活かす

悩むアスリート

著者のひとりであるボニー・セント・ジョンは、元パラリンピックスキー選手。トップアスリートたちがプレー中に実践している「マイクロ・レジリエンス」は、あらゆる職業や立場の人が活かせるものと考え、広めようとしています。

長くトップで活躍できる選手の多くは、過酷な試合中のわずかな隙間をぬって、ささやかな儀式のような動作をおこなっていると言います。

その動きには、たまってくるストレスやプレッシャーを途中でリセットし、エネルギーを急速充電する効果があるそう(17〜18ページより)。

この調整方法を応用すると、アスリートでなくても心が折れかけたときの立ち直りが早くなるのです。

なお、通常「レジリエンス」とはもとに戻るという意味の言葉ですが、著者たちが「普通よりよい形に戻す方法」として提案しているのもポイントです。

5つのフレームワーク

「マイクロ・レジリエンス」は、以下の5つから成り立っています。

  1. 脳の使い方を切り替える(リフォーカス)
  2. 原始的な恐怖をリセットする
  3. 思考のクセを見直す(リフレーム)
  4. 体をリフレッシュする
  5. 心を活性化(リニュー)する

(『心を休ませるために今日できる5つのこと』19ページより引用)

この5つそれぞれに対して、たくさんの工夫が紹介されている本書。いますぐ実行に移せるメソッドを挙げてみます。

「決断疲れ」を避けるために

頭を抱える女性

そもそも、心身ともにくたびれてしまう状況を整理することが必要。

たびたび複雑な意思決定をせまられると、知的な人でも「決断疲れ」を起こして、記憶力や判断能力が弱まってしまうと言われます。

よほどの単純作業でない限り、マルチタスクで物事を進めるのはひかえて、目の前の作業のみに集中しましょう(33ページ、47ページより)。

また、大事な決断を下すときは空腹や疲労を注意深く避け、朝早くか十分な休憩のあとに(48ページより)。

ネガティブな感情にラべリングをしてリセット

イラストが描かれたポストイット

強いプレッシャーにさらされると恐怖心で反応してしまい、あとから悔やまれる行動をとりがちに。そんなときは、ネガティブな感情にラベリングして自己修正することを本書はすすめています。

「私は怒っている」「私は追いつめられている」「私は悲観している」などと感じていることを言葉にする(ラベルをつける)と、自分を取り戻せるそう。

さらに、ネガティブな感情にポジティブな名前をつけ直して再度ラべリングできると、感情リセットの効果が高まるそう(78ページより)。

それは本当に悲観的になること?

会議で挙手する女性

本書を読むと、「厳しい状況下では答えを探そうとするより、問いを立てるほうがポジティブな力がわいてくる」とわかります。

事態を変えられないと思いこまず、どんな課題があるのか、どんな選択肢があるのか、できることは何かと自分に問いかけて、物事を楽観的にとらえ直すことが大切なのだそう(127ページより)。

じつは楽観してもいいときに、悲観主義に走っていることは多いものです。

リフレッシュ:水分補給をおこなう

パソコンをしながら水を飲む女性

著者たちは、慢性的な水分不足がもとで冷静さをなくしたり、パフォーマンスが低下したりしている可能性は高いと見ています(146ページより)。

水分補給は、ほかのフレームワーク全般に影響がおよぶほど大切なテーマなのです。

最も水分補給が必要なときに限って忘れてしまうのが問題なので、一日で一番大変な時間帯にこそ摂取するようスケジュール調整を、と本書ではアドバイスしています。

乾杯する女性3人

疲れきってしまってから完全にスイッチをオフにするのでは、ベストの調子まで復元するには時間がかかりすぎます。

その点、合間にエネルギーをチャージする「マイクロ・レジリエンス」なら、集中力を維持できるのが魅力。気になった手法を日常のなかで試し、レジリエンスを鍛えたくなってきました。

レジリエンスを鍛えるには

トラウマから回復するには? ベストセラーに学ぶ解決のヒント

トラウマからどうすれば回復できる? トラウマ・ケアの第一人者によるベストセラー本から、その解決策を探ります。

https://www.mylohas.net/2018/08/172693trauma.html

不安やストレスをはね返す、レジリエンス(回復力)の鍛え方

落ち込んだり、ストレスや不安を感じたとき、それらを跳ね返すのに「レジリエンス(精神的回復力)」が必要です。科学的に証明された鍛え方とは?

https://www.mylohas.net/2018/04/164854resilience.html

心を休ませるために今日できる5つのこと

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. 「感じのいい人」と「感じの悪い人」の違いは脳の使い方にあった!

    4. 【クイズ】頭痛を早く治すには?

    5. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    6. ダイエット中の人に言ってはいけない! 7つの禁句とOKワードは?

    7. 高栄養&腸内環境を整える「甘酒」の作り方。炊飯器で放置するだけ!

    8. ひどい肩こり解消エクササイズ「サイドプランク」

    9. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    10. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    5. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    6. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!