1. Home
  2. EAT
  3. 魚の脂できれいに。サーモンサラダ 酢しょうがドレッシングがけ

魚の脂できれいに。サーモンサラダ 酢しょうがドレッシングがけ

3,481

MYLOHAS編集部

サーモンサラダの酢しょうがドレッシングがけ

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

サーモンの赤い色は、アスタキサンチンと呼ばれる強い抗酸化力を持つ栄養素の色。最近の研究では、アンチエイジングにも効果があると言われています。

また、魚の脂には、DHA・EPAといったオメガ3系脂肪酸が豊富なので、生のままで食べることで、その栄養を余すことなく摂り入れることができます。酢しょうがで、いつものサラダもさっぱりカロリーカットしましょう。

サーモンサラダ 酢しょうがドレッシングがけ

<材料1人分>

  • トラウトサーモン(刺身用) 6切れ
  • 油揚げ 1/3枚
  • たまねぎ 1/8個分
  • 生わかめ 30cm長さ1枚
  • ☆万能酢しょうが 大さじ1(作り方は後述)
  • ☆ごま油 小さじ1
  • ☆塩 ひとつまみ
  • しそ 3枚
  • ミニトマト 1個
  • 白ごま 少々

<作り方>

  1. 油揚げは食べやすい大きさに切り、トースターで焼き色がつくまで両面焼く。
  2. たまねぎはスライサーで薄切りにし、水にさらしてペーパーにつつんで水気を絞る。
  3. 皿にしそを並べて一口サイズに切った生わかめ、2、サーモン、1を盛り付け、よく混ぜ合わせた☆を回しかける。6等分したミニトマトを飾る。

※サーモンは、鯛やヒラメなどの白身魚で代用してもOK。

万能、酢しょうが

万能、酢しょうが

<材料13人分>

  • 根しょうが 1袋(大1つと小1つ位)
  • ☆穀物酢 1/2カップ
  • ☆砂糖 小さじ1
  • ☆塩 小さじ1/2

<作り方>

  1. 保存用の瓶は熱湯消毒しておく。(鍋に瓶と瓶全体を覆うくらいの水を入れ、火にかけ、沸騰したら5分ほど煮て、煮沸殺菌する。トングなどを使ってきれいな布巾の上に取り出し、冷ましながら水気をきる。)
  2. 根しょうがは表面の黒ずみや硬くなっている部分のみ、包丁の背やスプーンなどでこそげ取り、みじん切りにする。
  3. 瓶の中に☆を入れ、砂糖と塩の粒がなくなるまで瓶を静かに振り動かす。
  4. 3に2を入れ、蓋を閉める。冷蔵庫で2週間は保存可能。調味料として使う際はきれいなスプーンで取り出す。

※砂糖は、お好みではちみつに代えてもOKです。

オメガ3をしっかり摂りましょう

痩せたい人ほど油を食べなさい。肥満外来の医師が教える正しいダイエット

油はダイエットの敵? ファスティングやジュースクレンズは健康的に痩せられる? 朝食抜きは逆に太りやすいってホント? 30年間で3万人の肥満治療をおこ...

https://www.mylohas.net/2018/10/176842keiko_sato02.html

幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

幸せホルモン「セロトニン」の分泌を活発にするために、食卓にプラスしたい、ナッツ類や野菜類、魚、ごはんなどの食材をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/05/167469serotonin.html

体が喜ぶ時短レシピをもっと読みたい

Diet Plus

    specialbanner

    Ranking

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    5. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    6. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    7. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    8. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    9. 温度に気をつけるだけ。にんにくの風味を最も引き出す調理法

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    4. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    5. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    6. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    7. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    8. 2020年11月23日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    9. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    10. ネガティブな気持ちも一緒に連れて生きよう/モデル・野沢和香[後編]

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら