1. Home
  2. EAT
  3. 魚の脂できれいに。サーモンサラダ 酢しょうがドレッシングがけ

魚の脂できれいに。サーモンサラダ 酢しょうがドレッシングがけ

3,213

MYLOHAS編集部

サーモンサラダの酢しょうがドレッシングがけ

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

サーモンの赤い色は、アスタキサンチンと呼ばれる強い抗酸化力を持つ栄養素の色。最近の研究では、アンチエイジングにも効果があると言われています。

また、魚の脂には、DHA・EPAといったオメガ3系脂肪酸が豊富なので、生のままで食べることで、その栄養を余すことなく摂り入れることができます。酢しょうがで、いつものサラダもさっぱりカロリーカットしましょう。

サーモンサラダ 酢しょうがドレッシングがけ

<材料1人分>

  • トラウトサーモン(刺身用) 6切れ
  • 油揚げ 1/3枚
  • たまねぎ 1/8個分
  • 生わかめ 30cm長さ1枚
  • ☆万能酢しょうが 大さじ1(作り方は後述)
  • ☆ごま油 小さじ1
  • ☆塩 ひとつまみ
  • しそ 3枚
  • ミニトマト 1個
  • 白ごま 少々

<作り方>

  1. 油揚げは食べやすい大きさに切り、トースターで焼き色がつくまで両面焼く。
  2. たまねぎはスライサーで薄切りにし、水にさらしてペーパーにつつんで水気を絞る。
  3. 皿にしそを並べて一口サイズに切った生わかめ、2、サーモン、1を盛り付け、よく混ぜ合わせた☆を回しかける。6等分したミニトマトを飾る。

※サーモンは、鯛やヒラメなどの白身魚で代用してもOK。

万能、酢しょうが

万能、酢しょうが

<材料13人分>

  • 根しょうが 1袋(大1つと小1つ位)
  • ☆穀物酢 1/2カップ
  • ☆砂糖 小さじ1
  • ☆塩 小さじ1/2

<作り方>

  1. 保存用の瓶は熱湯消毒しておく。(鍋に瓶と瓶全体を覆うくらいの水を入れ、火にかけ、沸騰したら5分ほど煮て、煮沸殺菌する。トングなどを使ってきれいな布巾の上に取り出し、冷ましながら水気をきる。)
  2. 根しょうがは表面の黒ずみや硬くなっている部分のみ、包丁の背やスプーンなどでこそげ取り、みじん切りにする。
  3. 瓶の中に☆を入れ、砂糖と塩の粒がなくなるまで瓶を静かに振り動かす。
  4. 3に2を入れ、蓋を閉める。冷蔵庫で2週間は保存可能。調味料として使う際はきれいなスプーンで取り出す。

※砂糖は、お好みではちみつに代えてもOKです。

オメガ3をしっかり摂りましょう

痩せたい人ほど油を食べなさい。肥満外来の医師が教える正しいダイエット

油はダイエットの敵? ファスティングやジュースクレンズは健康的に痩せられる? 朝食抜きは逆に太りやすいってホント? 30年間で3万人の肥満治療をおこ...

https://www.mylohas.net/2018/10/176842keiko_sato02.html

幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

幸せホルモン「セロトニン」の分泌を活発にするために、食卓にプラスしたい、ナッツ類や野菜類、魚、ごはんなどの食材をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/05/167469serotonin.html

体が喜ぶ時短レシピをもっと読みたい

Diet Plus

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由