1. Home
  2. STYLE
  3. NYの寒い冬に向けて代謝を高めるコツは? カヒミ・カリィさんに聞きました

NYの寒い冬に向けて代謝を高めるコツは? カヒミ・カリィさんに聞きました

カヒミ カリィのThe plate of my life

10,285

カヒミ カリィ

kesikidayo1

11月に入った途端、随分冬らしくなってきました。でも時々暖かい日があるので、うっかり薄着で出かけてしまい 夕方になると身体の芯まで冷えてしまったり。

この時期は 本格的な冬よりも、そんな風に油断して体調を崩しやすいなぁと思います。

寒くなると外でのイベントが減ってくることもあって、一日の運動量も少なくなりがちですが、そうすると身体の代謝も落ちやすくなるので、なるべく体を動かすように気を付けています。

この時期に私が好きなのはなんと言ってもウォーキング、 そして写真撮影がてらの散歩です。

秋から冬へと変わる景色は 色や光と影のグラデーションが繊細で美しくて、それを追っていると夢中になって時間を忘れ、 どんどん歩いているうちに身体もホカホカと暖かくなります。

この時期の外出で大切なのは、足や手などの末端を特にしっかりと防寒するのがコツだと思います。

そして、暖かいほうじ茶や黒豆茶、ラベンダー入りの紅茶などに、生姜のすりおろしを入れた 水筒も忘れずに持参します。やはりなるべく新鮮な空気があるところで気持ちよく身体を動かすのが、 一番だなぁと思います。

kesikidayo5

自宅でもなるべく身体を温めて代謝や免疫をアップするように気を付けています。

お風呂はシャワーで済まさずに、みかんなど柑橘系のオイルやエプソムソルトを入れたぬる目のお湯に 30分ほどじっくり浸かって身体の芯まで温めたり。

食事も夏野菜は控えめにして、身体を温めると言われているカボチャやゴボウなどの根菜類、 ネギや生姜、ゴマなど少し多めにしたり。

一つ一つは当たり前のちょっとした事ですが、そんな冬の知恵を毎日生活に取り入れることで、 代謝や免疫も着実にアップするように感じます。

kesikidayo2

仕事が重なっていつもより寝不足になったり、電車や室内のイベントなど人混みで空気が悪い場所に長くいた日などは、いつもよりもより意識をして、免疫力を高めると言われているエキナセアのエキスマヌカハニーを摂ったり、寝る前にオイルなどで足もとを中心にマッサージをしたりすると、 ちょっと風邪っぽくなったかな?と思っても持ち直すのでオススメです!

kesikidayo4

実は先日、PCに向かって長い間原稿を書いたりする日が続いていたら、 頭が常に回転しているような感じになり、目や肩もとても疲れてしまって、 珍しくぐっすりと眠れなくなってしまいました。

最近は以前よりもPCやスマートフォンなどを 使う機会が多くなっていますが、ブルーライトも身体を疲労させる原因になっているなと しみじみ感じるので、この頃とても気を付けています。

ブルーライトをカットするモードに変えたり、 専用のメガネをかけたり。そして長時間向き合わないといけない時も、 必ず休憩を入れてストレッチをしたり少し散歩をして遠くを見るなども大切だなと思います。

kesikidayo3

代謝を高めるコツは、軽い運動とリラックした心と睡眠、そして身体を温めることですね。

この3つを大切にして、この年末を元気に過ごしていきたいと思っています!

>>【カヒミ カリィのThe plate of my life】をもっとみる

カヒミ カリィさんが、NYのダイエット事情をお届け

カヒミ カリィ さんの人気連載は、2018年4月からよりヘルシーな内容になってお届け。今回はパレオ・ダイエットやケトジェニック・ダイエット、発芽食品...

https://www.mylohas.net/2018/09/175578.html

カヒミ カリィさんの最高のギフトは?

ライフスタイルも年代も嗜好も住む場所も違うマイロハスの連載陣の「最高のギフト」が知りたくて。ご自身の思い出とともに教えてもらいました。カヒミカリィさ...

https://www.mylohas.net/2017/11/066014special_gift.html

    specialbanner

    Ranking

    1. 缶詰より断然おいしい。低温調理で簡単「手作りツナ」レシピ

    2. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    3. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    4. つらい断食はもうやめた。週1回、16時間のプチ断食で内臓リセット

    5. 温度に気をつけるだけ。にんにくの風味を最も引き出す調理法

    6. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    7. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    8. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    9. 肌の未来は明るい!乾燥や老化へのアプローチを根本から変える新発見

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    5. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    6. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    10. 缶詰より断然おいしい。低温調理で簡単「手作りツナ」レシピ

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら