1. Home
  2. STYLE
  3. 【11月の満月】気持ちを言葉にして新しい関係を築くとき

【11月の満月】気持ちを言葉にして新しい関係を築くとき

ココロに効く新月&満月の五感セラピー

11,712

景山えりか

満月は、月が満ちたり欠けたりする1周期の折り返し点にあたります。そのキーワードは「振り返り」や「見直し」。過去の自分と向き合い、見方を改めることで、人間関係に豊かさがもたらされます。

11月の満月

11月の満月:思いを通わす「告白の月」

【満月の瞬間】
11月23日(金)14時39分

年末というには少し早いものの、すでに来年の手帳やカレンダーを購入して、気持ちが新年に向いている人も少なくないと思います。

11月の満月は、新しい年を迎える前の、ココロの整理のしどきです。とくに、人間関係に注目してみましょう。

満月は、月の満ち欠けが新月からスタートして、再び新月に戻るまでの中間点。いわば、ターニングポイントです。過去の行動を思い出しながら、ココロの声に耳を傾けてみて。

もしも、人に対する強い思い込みや、こだわり過ぎていた感情がよみがえってきたら、そっとすくい上げて、解き放ってあげましょう。思いを捨ててココロにスペースを作ることで、これまでの見方を変えることができるはずです。

すると、今まで気にもしなかった人に目が向くようになったり、思いもよらなかった解決策が出てきたりします。そうした気づきを、言葉にして伝える努力をしてみてください。

思いを伝えることは、新しい関係を築くためのファーストステップ。恋愛だけではなく、仕事のことでも、家族のことでも。相手に思いを告げるために、背中をおしてくれるお月さま。それが11月の満月です。

寒い季節にココロをあたためるティー

オレンジピールティー

image via shutterstock

【オレンジピール】
・別名:ダイダイ
・学名:Citrus aurantium
・ティーに使う部位:果皮

オレンジピールとは、ビターオレンジの皮を乾燥させたもの(市販のハーブにはスイートオレンジ[Cilrus sinensis]のピールもあります)。

熱湯で淹れたティーは、やわらかな甘さの中に、ほのかな苦みを感じます。そのため、シングルティーでいただくよりも、紅茶とブレンドするほうがおいしくいただけるのでオススメです。

オレンジピールの甘い香りには、気持ちを明るく、前向きにさせる働きがあるといわれています。ティーとして楽しむだけでなく、ドライハーブを枕元に置いておけば、緊張や不安をやわらげ、安眠に役立つでしょう。

また、日に日に寒さが増してくる今の時期は、そこはかとなく淋しさや憂いを感じやすいもの。そんな季節性のココロのカサつきを、しっとりさせるくれる効果も期待できそうです。

一説によると、オレンジピールには魅力を高め、愛情運をアップさせる作用があるのだとか。11月の満月に思いを伝えるときに、バッグやポケットにしのばせておけば、ココロ強い味方になってくれるかもしれません。

11月23日(金)の夜:満月をまるごと飲んで「ツキ」をものにする

かつて日本には、盃などに月を映して飲む風習がありました。ほぼ一定のサイクルで満ちたり欠けたりを繰り返す月は、「よみがえり」や「不老不死」の象徴です。そこで、水に映して飲み干せば、そうした月のパワーが体の中にダイレクトに伝わると、昔の人は考えたのでしょう。

また、月を飲むことは、「ツキ」を自分のものにすることに通じるので、縁起もよさそうですね。ぜひ満月の夜に、試してみましょう。

【月を飲む方法】
1.お椀やカフェオレボウルなど、口が広い器を用意します。
2.お水でもお酒でも、好きな飲み物をなみなみと注ぎます。
3.器の角度を調整しながら、水面に月を映します。
4.水面に映る月から目を離さないように、そっと口に持っていきます。

月が低空にいると水面にうまく映せないので、南の空高く昇ったところをねらうのがコツです。その時刻(月の南中時刻)は23時52分頃なので、目安にしてみてください。

次回は、12月の新月。12月7日(金)です。

【11月の新月】来春をイメージして行動をおこすタイミング

季節は秋から冬へ。11月の新月は、「冬の備え」のはじめどき。この備えが、春に芽吹くチャンスをひろげます。

https://www.mylohas.net/2018/11/178488nov_newmoon.html?test201808

「ココロに効く新月&満月の五感セラピー」をもっと読む

イラスト/カイフチエリ

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    7. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    8. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    9. 寝ている間に、やせやすい体へ導くバスオイルのコフレ【プレゼント】

    10. 爪がもろいとおしゃれも半減! 健康的な爪をつくる15の基本

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由