1. Home
  2. STYLE
  3. 冬のツライ冷え対策に。お腹まわりスッキリ「腹巻き」5選

冬のツライ冷え対策に。お腹まわりスッキリ「腹巻き」5選

1,436

腹巻

image via Shutterstock

寒さが増すごとに、気になる「冷え」。手足を温めても効果がイマイチ……という場合は、「腹巻き」を試してみる価値があるかもしれません。

腹巻きでお腹を温めると、内臓の動きがよくなり、体中に温かい血液が巡るようになります。その結果、手やつま先などの末端の冷えの解消にもつながるというわけです。

年々進化している「腹巻き」は、素材もデザインも豊富。好みや用途で選べる腹巻き5選を紹介します。

お肌にやさしいオーガニックコットン腹巻き

ワンポイントオーガニックコットン腹巻

OnePoint 日本製 オーガニックコットン腹巻 1,300円(税込)

オーガニックコットン100%の綿糸を97%使用し、ズレを防ぐためのゴム糸を必要最小限の3%のみ使用した腹巻き敏感肌や赤ちゃんにもやさしい、ふんわりソフトな肌触りです。

サイドに縫い目が出ない丸編みなので、ごろつきがなく、伸縮性も抜群。締めつけ感のない、ゆったりした着用感です。

敏感肌にも使える腹巻き

汗冷えしやすい人におすすめの発熱腹巻き

ヒート腹巻

ヒートはらまき 1,591円(税込)

汗や水分を吸収し熱に変換する、東洋紡の「eks(R)」糸を使用した腹巻き。屋内から屋外へ移動すると、暖房などでかいた汗によって「汗冷え」を起こすことも。

この「ヒートはらまき」は、汗や水分を利用して発熱するので、汗冷え対策にも◎。薄手でアウターに響きにくい点もうれしいポイント。ゆったりとした着用感で、1日中着用できます。

汗冷え対策もできる腹巻きはこちら

背中やヒップの冷えにも対応するロング腹巻き

ロング腹巻 ビッグウォーマー

ロング腹巻 ビッグウォーマー 810円(税込)

バストからヒップまでカバーするロングサイズ腹巻き。背中に冷えを感じやすい人にもおすすめ。綿75%にナイロン20%、ポリウレタン5%を混紡し、やわらかさと適度なフィット感を両立。

薄手なのでアウターに響きにくく、二つ折りにして使うこともできます

背中やお尻の冷え対策もできる腹巻き

腰まわりもしっかり温める発熱コットン腹巻き

あったかインナーホットコット

あったかインナー ホットコット 790円~(税込)

吸湿発熱機能を持つコットンとオーガニックコットンをブレンドし、薄手ながら着た瞬間から温かさを実感できる腹巻き。

汗を吸収するので冬のムレ対策にもぴったりです。後ろの丈のみ長めにすることで、腰まわりもカバー。フィット感が高く、もたつかない点も優秀です。

腰まわりもカバーする発熱腹巻き

太ももまでぬくぬく! 内側シルク腹巻きパンツ

腹巻きパンツ

内絹外綿の腹巻パンツ 3,880円(税込)

お腹から太ももまでをしっかり温めるパンツ型腹巻き。肌に触れる内側をシルク、外側をコットンで仕上げているので、肌あたりがやわらかく、吸湿性と保温性に優れています。

無縫製で立体的に編み上げるホールガーメント仕様で、体のカーブに自然にフィット。お腹まわりはリブで伸縮性があり、ストレスフリーな着心地です。

太ももまで温かい腹巻きパンツ

厳しい寒さの冬はもうすぐ。腹巻きを習慣にして、冷え知らずボディで過ごしましょう。

文/岩橋朝美

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由