1. Home
  2. MIND
  3. その人にとって、“生きる価値のある人生をつくる”が目標。精神療法「DBT」とは?

その人にとって、“生きる価値のある人生をつくる”が目標。精神療法「DBT」とは?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

2,962

MYLOHAS編集部

セレーナゴメス

『ピーブル』誌によると、有名な女優で歌手のセレーナ・ゴメス(26歳)は、数年前からメンタルヘルスの問題で苦しんでいると公表していました。

その後、神経症になり、目下、ケア施設で「弁証法的行動療法(DBT:dialectical behavior therapy)」と呼ばれる治療を受けているそう。セレーナはこの数週間に、2回も入院。どちらもループス(全身性エリテマトーデス)という自己免疫疾患(身体の免疫システムが正常な組織を攻撃してしまう病気)のせいで白血球が少なくなってしまったからでした。

手を握る人

image via shutterstock

セレーナがDBTを受けていると初めて認めたのは2017年。ループスのせいで腎臓移植を行った後のこと。

私の人生はDBTで完全に変わりました」と、『ヴォーグ』誌で語っています。このインタビューによると、テネシー州のメンタルケア施設で3カ月間の治療を受け、ほかの「普通の女の子」6人と一緒に、個別セッションとグループセッションに毎日出席したそう。

「とても大変だったけど、これまでの人生でいちばんよいことをしたと思うわ」と、続けるセレーナ。治療計画についてはあまり詳しく話していませんが、DBTのセラピストと週に5日会っていたと明かしています。

神経症になった原因ははっきりしないものの、白血球が減ったという報道を見るかぎり、その結果ではないかと考えられます。アメリカの総合病院、メイヨー・クリニックによると、白血球減少の副作用として、疲労、息切れ、衰弱、めまいなどがあるそうで、このような症状はすべて不安症とうつ病の引き金になるのです。

DBTとは?

感情と脳

image via shutterstock

認知行動療法の一種です。1980年代後期、ワシントン大学心理学・精神行動科学の教授で同大行動研究・治療クリニックのディレクターを務めるマーシャ・M・リネハンさんが、従来の精神療法では効果がない人たちのために作り上げました。リネハンさんは、ABPP(アメリカ専門心理士認定機関)認定心理士・博士でもあります。

DBTはそれまでの治療法とは異なっています。

患者それぞれが生活の質(QOL)をよくするための新しい方策を立てられるように、個別の精神療法と並行して、“感情と上手に付き合うためのスキルを習得するグループトレーニングのクラスに重点を置くところが違うのです。

頭を抱える女性

image via shutterstock

ワシントン大学で精神・行動科学の臨床助教授としてリネハンさんと一緒に働く博士、アダム・カーメルさんによると、リネハンさんがDBTを考案したのは、「自殺傾向のある人」や「境界性パーソナリティ障害」と診断された人のためでした。

「はじめ、DBTは従来の精神療法ではうまくゆかずに入退院を繰り返す、自殺傾向がなくならない人たちを治療するために考案されました」と、カーメルさんは語っています。

感情のイラスト

image via shutterstock

DBTは、禅師でもあるリネハンさんが受けた禅の訓練にも基づいていて、とりわけ仏教の「受容」と「マインドフルネス」という考え方を取り入れたもの

「私たちは、患者の問題行動や問題のある思考を変えるために取り組んでいます。DBTでは、そうした取り組みと同時に、患者の現状を受け入れて、苦しんでいる理由をはっきりさせる努力もしていきます。そのように対応しつつ、苦しみと問題を解決していく方策を考えていくのです」(カーメルさん)

言い換えると、DBTは受容と変化のバランスを取ることです、とカーメルさんは説明。「自分の状態を受け入れることを学ぶと同時に、問題行動と折り合い、変えてゆくための新しい方法を学びます」

DBTはどんな治療に使われているの?

頭を窓につける女性

image via shutterstock

1991年に初めてDBTに関する研究が報告された後、有効性を調べる試験が35件以上も行われてきました。DBTは自殺行動と境界性パーソナリティ障害のほかにも、さまざまな問題に効果があると証明されています。カーメルさんによると、摂食障害、物質乱用、PTSD、不安症、うつ病などです。

セレーナさんはDBTを利用した理由をはっきり言ってはいませんが、以前、不安症とうつ病の両方で苦しんでいると公表していました。

DBTではどんなことをして、どれくらい時間がかかるの?

診察を受ける人

image via shutterstock

DBTは「外来治療としてはかなり集中度の高い治療法で、1年以上かかります」と、カーメルさん。

実際に行われるのは、毎週のグループスキルトレーニング、毎週の個別セラピー、それに電話を通じたセラピストによる指導。ケアの専門家がチームで取り組む治療法となっています。ですから、チームの専門家同士が話し合う「セラピスト相談チーム会議」もあります。

1年の間に、患者全員がDBTのスキルすべてを2回教わります。「スキルはグループ単位で教えられます。学ぶのは、厄介な感情を制御する方法、ストレスを許容する方法、事態を悪化させずに危機を乗り切る方法、人との関係で効果的にコミュニケーションをとる方法など。考えに支配されるのではなく、考えをコントロールできるように、マインドフルネスのスキルも教わります」(カーメルさん)

DBTはどこで受けられるの?

話し合う医師

image via shutterstock

医師がDBTの技能を身につけるにはたくさんのトレーニングが必要ではあるものの、広く普及しています

受けられるのは、地域のメンタルケアクリニック、薬物乱用治療施設など、さまざまなメンタルケアの施設で治療を受けられます。

境界性パーソナリティ障害には代表的な治療法ですから、多くの入院プログラムや部分入院プログラムで利用されています。そのため、相当に集中的な治療を受けられます」(カーメルさん)

DBTは次第に一般的な治療法になりつつあり、将来はさらに拡大する見込み、とカーメルさん。

「研究の面でも、利用しやすさの面でも、どんどん成長しています。さまざまな症状の治療に有効とわかるのにともなって、治療を受ける人が広がっていると思います。自殺行動の治療だけに終わらず、その人にとって生きる価値のある人生をつくることが目標です」

うつを知るために

うつ病の女性6人が語る、大変に思える日でも運動を続ける秘訣

治すのが難しいうつ病。身体活動をすると、「快感」ホルモンが出て気分が良くなると研究で証明されているそう。ワークアウトを継続するヒントをうつ病の女性6...

https://www.mylohas.net/2018/05/168274depression.html

「あなたはひとりじゃない」レディー・ガガが自殺予防のメッセージ

毎年80万人が自殺をしている現状。そんな自殺に対する差別や偏見を根絶する取り組みに、レディー・ガガが貢献しています。

https://www.mylohas.net/2018/10/177862lady-gaga.html

Leah Groth/What is DBT? Selena Gomez's Therapy, Explained
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由