1. Home
  2. BODY
  3. 頭皮に見つけた円形脱毛、それは乳がんのせいでした

頭皮に見つけた円形脱毛、それは乳がんのせいでした

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

12,997

MYLOHAS編集部

髪を切る女性

乳がんの治療には早期発見が重要。定期的な自己検診(セルフチェック)、年1回の乳がん検診と、多くの女性が気をつけていますが、乳がんは鎖骨の辺りや脇の下などの意外なところにも現れます。それが、なんと頭皮にまで

行きつけのヘアサロンで怪しい円形脱毛を発見した、ミシガン州に住むパティ・ボレーさん。担当のニッキー・マクリュアさんは、「10セント硬貨(直径約1.8 cm)よりひと回り大きいくらいのサイズで、ヤケドしたように見えました。赤い斑点みたいだったので、ヤケドしたのかと聞きました。ボレーさんが違うと言うので、ほんのちょっと突ついてみて痛いかどうか聞くと、別に痛くないと言われました」(地元ミシガン州ランシングのTV局WILXで)。

検査

ボレーさんは医師に診てもらい、その部分の組織検査をしたところ、乳がんのいちばん進んだ段階、転移性乳がんのがん細胞だと判明したのです。

「とてもショック。13年前に乳がんになって、克服していたからです」とボレーさん。13年前、乳房のしこりに気づいたボレーさんは乳がんと診断され、9カ月にわたる化学療法と放射線治療を受けました。治療は成功し、治って5年後の節目も過ぎて、すっかりよくなったものと思っていたのです。

ボレーさんは現在、がん細胞を標的とする経口薬を服用しており、「いずれは再発するかもしれない」とわかっていても、楽観的には考えることができていたそう。

がん細胞

転移性乳がんは身体のほかの部分(最も多くは骨、肺、肝臓、脳)に広がったがんで、命にもかかわる病気と言えます。2017年のレビュー研究(以前の研究データをまとめて分析したもの)によると、乳がんが頭部と首に現れるのは比較的まれ。

ですから、ヘアドレッサーがあなたの頭に乳がんを見つけるなどという事態はあまりないかもしれませんが、マクリュアさんの話からもわかるように、身体は常にさまざまな方法で健康に関する手がかりを伝えているということです。

自分の正常な状態とは違って見えたり、違う感じがしたりするようなサインや症状に気をつけて、そのようなことがあったらすぐに医師に診てもらうことが大切

そして、ほかの人の身に何かおかしなところを見つけたら、率直に伝えましょう。その人の命を救うかもしれません。

乳がんのこと、もっと知りたい

「乳がんの初期サイン」をレモンで表した写真が完璧!

10月は、「乳がん意識向上月間(BCAM:Breast Cancer Awareness Month)」。乳がんのこともっと知っておきましょう。

https://www.mylohas.net/2018/10/178203breast_cancer.html

乳がんの原因、知っていますか?リスクを高める18の要因

何が最初の引き金となって細胞の突然変異が起こり、乳がんになるのか。その点については、専門家の間でもまだ完全に明らかになっていません。ですが、乳がんの...

https://www.mylohas.net/2018/11/178677breast-cancer.html

Leah Groth/This Woman’s Bald Spot Turned Out to Be Caused by Breast Cancer
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    3. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    6. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    7. ストレスでゆらぐ肌をケア。ナチュラルスキンケアブランド【プレゼント】

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 寒いのに、ひどく汗をかくのはなぜ? 医師が教える発汗の抑え方

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?