1. Home
  2. STYLE
  3. 冷え対策に! 硫黄の香りで温泉気分に浸れる、ヒマラヤ岩塩ブラックバスソルト

冷え対策に! 硫黄の香りで温泉気分に浸れる、ヒマラヤ岩塩ブラックバスソルト

知恵子

温泉に浸かる女性

image via Shutterstock

「お風呂に入れて浸かると、全身しっとりする」「汗もたくさん出て、体のなかからぽかぽかするのを感じる」と人気の天然塩のバスソルト。

マグネシウムやナトリウムなど、必須ミネラルが豊富に含まれているところが魅力です。天然塩は、産地により成分の特徴が異なるので、ニーズに合わせて選びたいもの。

たとえばヒマラヤ岩塩なら、日本人が不足しがちだと言われている鉄や銅、カルシウム、マグネシウムなど、天然ミネラルの種類がとても豊富です。

太古の海のミネラル豊富な岩塩

ヒマラヤ岩塩バスソルト

今から約3億8千万年前に、大陸同士の衝突によって誕生したヒマラヤ山脈。その衝突によって地中に閉じ込められた太古の海水がマグマの高熱に焼かれ、長い年月を経て誕生したのがヒマラヤ岩塩です。

調味料としても活用されていますが、塩をお風呂に入れることによってお湯の温度を下がりにくくし、身体を温めて、冷え性改善へと導いてくれます。

含有しているミネラル成分によって、ホワイトソルトやレッドソルト、透明、ピンクなどさまざまな色がありますが、なかでもブラックソルトには天然の硫黄成分が入っているので、本格的な温泉気分に浸れるのがうれしいですね。

砂漠に咲くローズマリーを配合して焼成

ヒマラヤ岩塩バスソルト

国産オーガニックブランド、「amritara(アムリターラ)」の「ヒマラヤ岩塩バスソルト」は、こだわりの焼成加工を施しています。天然の岩塩は溶けるのに時間がかかりますが、還元性を高めるため、砂漠に咲くローズマリーを入れて焼成加工を行った岩塩は溶けやすくなるのだとか。

使うときは、おうちの浴槽のお湯200リットルに対し、40グラム(大さじ約2.5杯)を目安に溶かしてまぜます。

こちらの商品の売上の一部は、ヒマラヤ山麓の自然を守るNPO「ヒマラヤ保全協会」に寄付するそう。

現在、「Biople by CosmeKitchen(ビープル バイ コスメキッチン)」にて先行発売中。公式通販サイトでは、11月12日10時から購入できます。

ヒマラヤ岩塩バスソルト

「amritara ヒマラヤ岩塩バスソルト」540円(120グラム)、1,944円(520グラム)(ともに税込)

ゆっくりあたたまりたいあなたへ

日本初上陸。たっぷり使える、死海の塩を使ったバスソルト

死海の塩とハーブを合わせて作られた、ドイツ生まれの「フリューメスナー」のバスソルトをご紹介します。4種類すべてそろえたくなるラインナップとは?

https://mylohas.net/2018/04/165983fruhmesner.html

肌や体調に合わせて選ぶ、こだわり成分配合の入浴剤10選

1日の終わりに体をいたわるバスタイム。乾燥、疲労、冷え、肩こり、デトックスなど、悩みや目的に合った成分を配合した、こだわりの入浴剤をご紹介します。

https://mylohas.net/2018/02/161944.html

[アムリターラ ]

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由