1. Home
  2. BODY
  3. インフルエンザにも効く漢方薬の選び方。「風邪には葛根湯」だけじゃない

インフルエンザにも効く漢方薬の選び方。「風邪には葛根湯」だけじゃない

30,566

田邉愛理

風邪をひく人々

「風邪には葛根湯」と決めつけていませんか?

漢方薬は飲む人のタイプで合う薬が変わります。うまく選べばインフルエンザにも対応できる漢方薬の新たな魅力を、医師の新見正則先生がKampo Academiaのセミナーで話した内容をもとに紹介します。

西洋医が漢方にハマったわけ

医者

オックスフォード大学で博士号を取得し、元は「サイエンス至上主義者」の外科医だったという新見先生。

それが漢方外来を立ち上げるまでになったのは、臨床の現場で「西洋医学では治らない人がいる」ことを痛感したことがきっかけでした。

「新しい引き出しを探そうと暗中模索していたとき、漢方に出会いました。西洋医学で治らない人に漢方を使うと、7割の患者さんは治療に満足し、納得してくれる。それなら、保険診療ができる漢方を道具として使わない手はないと思ったんです」(新見先生)

また、漢方薬=中国の伝統薬というイメージがあるけれど、日本で流通する漢方薬は「和漢」という日本独自の医学に基づいており、中国の伝統的な医学である中医学とは異なるとのこと。

材料として使われる素材も「食べ物の延長で、ほぼ安全」と新見先生。それでいて体調不良を改善したり、認知症が緩和したりとさまざまなメリットがあるのだから、使わないのはもったいないと話します。

漢方は風邪やインフルエンザにも効く

ハーブ療法

「漢方薬というと慢性病に有効で、急性の病気には効かないと思っている人が多いけれど、風邪やインフルエンザにも有効」だという新見先生。「風邪をひいたかな?」と思ったら、すぐに飲むことが大切だそう。

「自分の経験でいうと、うまく効くときの典型的例はこんな感じです。

少しぞくぞくして、なんとなく風邪っぽいと感じたら、葛根湯をお湯に溶かして飲んで、布団に入ります。汗が出ないときは、2時間後にもう一服。そうするとなんとなく汗ばんできて(微似汗)、翌日にはスッキリします。

この“微似汗”、少しだけしっとり汗をかく感じが大事です。多量の発汗は体力を奪ってしまい、風邪がスッキリ治りません」(新見先生)

「風邪には葛根湯」だけじゃない

風邪を引いた女性

じわーっと汗をかく“微似汗”の状態を作るには、自分の体にあった漢方薬を選ぶことが大切。風邪に効く漢方薬には、主に下記の4種類があります。

  • 麻黄湯……風邪の初期に汗を出して治療する。インフルエンザのような高熱と関節痛の特効薬。たくさん飲むと胃に障ることがある。
  • 葛根湯……汗が出ない初期の風邪に効く。
  • 麻黄附子細辛湯……華奢な人や元気な高齢者の風邪薬。チクッとする喉の痛みや全身倦怠感を伴うときにも。
  • 香蘇散……高齢者や胃腸虚弱な人の風邪の初期に使用する。

「漢方では、飲める・飲めないを『がっちりタイプ(実証)』と『弱々しいタイプ(虚証)』と分けて考えます。麻黄が飲めれば、胃が丈夫ながっちりタイプです。

我が家を例にすると、14歳の娘はがっちりタイプの超実証なので、風邪をひいた当日は麻黄湯を飲ませます。私は実証なので、葛根湯。妻はすこし虚証なので、麻黄附子細辛湯。母は本当の虚証なので、香蘇散が合います」(新見先生)

「風邪には葛根湯」というイメージがありましたが、タイプによって選ぶべき漢方薬が変わってくるとは知りませんでした。

新見先生いわく、漢方薬を上手に使うと、本当に気持ちよく風邪やインフルエンザに対処できるのだそう。自己判断が難しいときは漢方外来の力を借りて、ぜひ自分に合った漢方薬を選んでみてください。

新見正則先生
1959年京都府生まれ。85年、慶應義塾大学医学部卒業。93年から98年まで、英国オックスフォード大学医学部博士課程に留学、移植免疫学の博士号を取得する。98年より帝京大学に勤務し、現在は公益財団法人愛誠病院顧問、帝京大学医学部外科准教授、帝京大学大学院 医学研究科移植免疫学指導教授、帝京大学大学院医学研究科東洋医学指導教授。2002年に本邦初の保険診療によるセカンドオピニオン外来を開設したセカンドオピニオンのパイオニア。2010年より愛誠病院漢方センター長。

取材・文/田邉愛理、image via shutterstock

    Ranking

    1. 下着の捨てどきはいつ? 下着のプロが「捨て方のコツ」をアドバイス

    2. 酔い止め要らず。健康医学の名医が教える「乗り物酔いの治し方」

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 寝る前のひと工夫で睡眠の質が変わる。8時間寝ている人が続けていること

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. お尻美人はピラティスをしてる。真似したくなる5つの運動習慣

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    9. タンパク質を効率的に摂取するコツとは? ポイントは、量とタイミング

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 酔い止め要らず。健康医学の名医が教える「乗り物酔いの治し方」

    8. 朝起きたときが一番疲れてる...。医師が教える「朝バテ」解消法4つ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 寝る前のひと工夫で睡眠の質が変わる。8時間寝ている人が続けていること

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 健康のために避けたい調味料と保存食品は? 食のプロに聞きました