1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 塗るだけで歯が白くなる!? 携帯できるホワイトニングペンの実力やいかに #体験レポート

塗るだけで歯が白くなる!? 携帯できるホワイトニングペンの実力やいかに #体験レポート

6,644

MAYAKO

美しくなることにとことん貪欲な美容ライターが、今いちばん気になっているビューティアイテムを体験。その効果や使ってみた感想をお届けします。

0shutterstock_742909939

白くて美しい歯は誰もが憧れるものですよね。とわかっていながらも、大好きなコーヒーや赤ワインはやめられません。

手っ取り早く歯を白くする方法はないものか、と探していて見つけたのが塗るだけで歯が白くなるという「ホワイトニングペン」

海外セレブも愛用中の人気のホームホワイトニングキット「HiSmile」のもので、かなり期待が持てます。

使い方は拍子抜けするほど簡単!

机に置かれるホワイトニングペン

使い方はいたってシンプル。透明なジェルを歯の表面に塗って2分間乾かす乾いたら30分間待ち、最後に水で洗い流すだけ。

ジェルには、重曹や亜塩素酸ナトリウムなどノンケミカルな処方の歯を白くする成分が入っているのだとか。ペンタイプなのでストレスなく塗れます。

30分経過。さて、歯の色どうなる?

鏡で口もとを確認する女性

ドキドキしながら口を開けてみると、1トーンとまではいかずとも、0.5トーンぐらい歯の白さがアップ。ザ・芸能人!な白すぎる歯には少し抵抗があるので、このぐらいのナチュラルな白さがむしろちょどいいかも。

ジェルのおかげか、歯の表面の凹凸が滑らかになり、艶っぽくなるのも高ポイント。口もとに自信が出たので、手厳しいアラフォーの友人たちが集まる女子会も、臆することなく楽しむことができました。

唯一残念なのは……味

机に置かれるホワイトニングペン

優秀すぎるこのホワイトニングペン、少し残念だったのは味。甘い歯磨き粉のような味で少しツンとした刺激を感じます。まぁ、味わうものではないですが……。

とにかく即効性が魅力!

机に置かれるホワイトニングペン

「 HiSmile・ティースホワイトニングペン」 5,000円(税抜)※1本で約30回使用

ホワイトニング効果のある歯磨き粉もいいけれど、即効性の点では、歯のマニキュア的に使用できるこのアイテムの勝ち!

微笑む女性

ここぞという日はおでかけ前にちょちょっと塗って、清潔感のある口もとで楽しい時間を過ごしてみて。ペンタイプだから化粧ポーチに忍ばせて、外出先でサクッと使用するのもおすすめです。

日本未発売のオーガニック商品を扱うショッピングサイト「naturacart」から購入することができます。

※当記事の内容は個人の感想であり、効果や感じ方に関しては個人差があります

オーラルケアの見直しを

体調変化に気づいたら「お口のケア」を見直して!

高齢になるほど不調を感じそうですが、実は不調を訴える人のピークは30代。「首・肩こり」「体型の変化」などの他に、目に見えないけれど気をつけたい不調に...

https://www.mylohas.net/2018/04/systema.html

【まとめ】虫歯予防には重曹が◎! 歯磨きの豆知識

今年から月刊企画「大人イメチェン」がはじまりましたが、メイクや服装だけでなく、歯の美しさも見た目を左右するのだそう。いつものオーラルケアをちょっと工...

https://www.mylohas.net/2014/01/035354hamigaki.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由