1. Home
  2. EAT
  3. ニンジンジュースが、肌や目、免疫によい7つの理由

ニンジンジュースが、肌や目、免疫によい7つの理由

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

5,567

MYLOHAS編集部

ニンジンジュース

ウサギを見習って、食事のメニューにニンジンジュースを取り入れようかな? 健康マニアの人たちがそう考えているのには理由があります。

ニンジンはベータカロチン、繊維、抗酸化物質がたっぷり含まれ、健康面でかなりすばらしいメリットが期待できそうな、栄養満点の食品なのです。

1日を元気いっぱいに過ごすために、おやつに繊維質の豊富なニンジンをかじる。これが賢い選択なのは周知のことですが、ジュースにして飲んでも、さらに多くのビタミンやミネラルを取り入れることができるのです

ニンジンジュース

image via shutterstock

ドリンクとして味わうのに、栄養的にも一番おすすめなのは、ニンジンをスムージーにブレンドすること。なぜなら、血糖値を安定させる繊維質を完全な状態でキープできるから。ただし繊維質過多に敏感な人もいるので、ニンジンをジュースにするのは、あくまでも健康的な方法のひとつだと考えてください。

パキッとした新鮮なニンジンをキッチンに常備して、ニンジンジュースを健康増進に役立てましょう! では、どのように健康を改善してくれるのか、みていきます

  1. 免疫アップを助ける
  2. 視力強化に役立つ
  3. ヘルシーではない間食をやめさせてくれる
  4. 肌を改善してくれる
  5. 血圧のコントロールに役立つ
  6. ぽっこりしたお腹をへこますのによい
  7. コレステロールを下げる効果も

01. 免疫アップを助ける

鼻をかむ女性

image via shutterstock

いよいよ本格的な風邪やインフルエンザの季節が到来。今こそ、迫りくるイヤなウイルスを撃退するために免疫システムをフル回転させることに力を注ぎましょう。

健康的な食生活を送る、定期的に運動する、十分な睡眠をとるなどを行ったうえで、さらにもうひとつ体を守るのによさそうなのが、ニンジンジュースを飲むこと。「免疫を助けるビタミンCですが、ニンジンジュースで十分な量が摂取できます」と言うのは、ニューヨーク市のAmy Gorin Nutritionのオーナーで栄養士のエイミー・ゴリンさん。

人間の身体はビタミンCを体内でつくることはできません。なので私たちは食事やサプリからビタミンCを摂取しなければならないのです」

02. 視力強化に役立つ

女性の目

image via shutterstock

ニンジンを食べる健康面でのメリットといえば、目によいという点をまず思い浮かべるのでは? これは正しいです。

含まれているビタミンが視力改善によいのです。「ニンジンのビタミンAは効果的な抗酸化物質であるだけでなく、目にとってもっとも重要な栄養素のひとつなのです」と言うのは、The Happie House設立者の栄養士リサ・サミュエルズさん。

ビタミンAが不足すると、夜盲症やビトー斑点(目の結膜にケラチンが蓄積する)を引き起こすことがあります

03. ヘルシーではない間食をやめさせてくれる

ポテトチップス

image via shutterstock

食事の合間にお腹がすいてしまったとき、まっさきに手をのばしたくなりそうなのは、ポテトチップスの袋やチョコレートバーといった手軽な食べ物。

コップ1杯のニンジンジュースを飲めば満腹感が持続するため、おやつを食べたくなくなるかも。「コップ一杯のニンジンジュースには、驚くことにたんぱく質が2グラム以上も含まれています。また繊維質もおよそ2グラム摂取できます。どちらの栄養素も、満腹感を長時間持続させます」とゴリンさん。

04. 肌を改善してくれる

女性の肌

image via shutterstock

肌の状態を大きく改善するのは、水分をたくさん補給することですが、ニンジンジュースを飲んでも同様に効果があります。

また、傷の治りも早くしてくれるかも。「ニンジンジュースには、ビタミンAに加えて、免疫をアップさせる重要な抗酸化物質のビタミンCもたっぷり含まれています」とサミュエルズさん。「ビタミンCは傷を治すのに重要です。なぜなら、肌や結合組織の主なたんぱく質であるコラーゲンの生成に必要だからです。また抗酸化物質として、細胞のダメージを予防してくれます」

05. 血圧のコントロールに役立つ

血圧計

image via shutterstock

高血圧について考えているなら、血圧をコントロールする簡単な方法として、コップ1杯のニンジンジュースを飲むことが役に立つかもしれません。

「ナトリウムの影響を中和して、血圧の調整を助ける上で重要なミネラルがカリウムです」とゴリンさん。「ニンジンジュースは1カップあたり689ミリグラムと、カリウムをたっぷり摂取できるので、体にもかなりよい作用を及ぼします」

06. ぽっこりしたお腹をへこますのによい

女性のお腹

image via shutterstock

お腹が張っているのを何とかしなくてはならないことほど最悪な事態はありません。お気に入りのジーンズを履きたいときなんて特にそう。最高な気分でいたいなら、ニンジンジュースをちょっと飲んでみては? とサミュエルズさんは勧めています。

「ぽっこりお腹をへこますのによいというのには、ふたつの理由があります。まず、お腹にたまったガスの量を減らしてくれること。もうひとつは、おしっこが定期的によく出るようになることです」。

07. コレステロールを下げる効果も

カリウム食材

https://www.prevention.com/food-nutrition/a23778097/carrot-juice-benefits/

ニンジンジュースが体の調子を整えるのに一役買うのは、血圧だけではありません。サミュエルズさんによれば、コレステロール値を下げるのにも貢献するとのこと。

「ニンジンジュースには、コレステロールと反比例する関係にあるカリウムがかなりの量含まれています。カリウムの多い食事こそ、コレステロールを下げる典型的な食事なのです」


ジューサーは持っていないけど、ニンジンジュースの恩恵を受けたいなら、ヘルシーな市販のニンジンジュースを試してみては?

その場合は100パーセントのニンジンジュースでできた野菜ジュースを選んでください。糖分を加えてある製品は、余計にお腹がすいて、もっと欲しくなってしまうので避けるようにしましょう。

ビタミンをたっぷりとれるレシピ

疲労回復&栄養価が高い! 絶品お蕎麦ボール|モデルケリーの日常ごはん

ランチにいいシンプルなそばも、サーモンやアボカドをのせて彩りよく楽しむのがKellyスタイルです。スーパーフードで作るつゆだれも、栄養価が高いうえに...

https://www.mylohas.net/2018/09/173599kelly16.html

15分で完成。マッシュルームとトマトのバター蒸し

15分で完成する、マッシュルームとトマトのバター蒸しのレシピをご紹介。食物繊維が豊富なマッシュルームと、ビタミンCが豊富なミニトマトをあわせた簡単な...

https://www.mylohas.net/2018/09/175608diet_recipe.html

Tehrene Firman/7 Ways Carrot Juice Is Good for Your Skin, Eyes, and Immunity
訳/Maya A. Kishida

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    6. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    10. 「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    10. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?