1. Home
  2. EAT
  3. 便秘解消をサポート! いつものヨーグルト+αでできる簡単パフェの作り方

便秘解消をサポート! いつものヨーグルト+αでできる簡単パフェの作り方

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フード

8,175

Lily

史上最年少現役高校生スーパーフードマイスターの、Lilyこと及川凜々子です。

チアシード入りヨーグルト

「体が重くて朝ごはん食べる気分じゃないな……」と思ったことないですか? 夜ご飯を食べすぎてしまったり、便秘気味だったりすると、ついつい朝ごはんを抜きがちですよね。

そんなとき私は、カラダをデトックスするため、いつものヨーグルトに、あるスーパーフードを混ぜちゃいます。ヨーグルトだけでも便秘解消は期待できますが、そのスーパーフードをたった小さじ1杯分プラスするだけで、さらに便秘解消をサポートしてくれるのでおすすめです。

チアグルトパフェ

チアシード入りヨーグルト

ヨーグルトにプラスするのは、チアシード。

チアシードには豊富な食物繊維が含まれているので、便秘解消をサポートしてくれます。また、ヨーグルトにチアシードを入れても味が変わらないため、誰でも取り入れやすく、長く続けられるのがうれしいポイントです。 では早速、チアグルトパフェのレシピをご紹介しましょう。

<材料> 1人分

  • ヨーグルト 100グラム
  • チアシード 小さじ1
  • グラノーラ 大さじ1

<レシピ>

  1. ヨーグルトとチアシードを混ぜ合わせて5分ほど置いておく。
  2. その上にグラノーラを敷き詰め、さらにその上ヨーグルトを入れる。
  3. 最後にグラノーラを盛りつけたら完成。

このレシピのスーパーフード:ヨーグルト

ヨーグルト

image via Shutterstock

乳酸菌がたっぷり含まれるヨーグルト。ヘルシーなのにお財布に優しいところがよいですよね。

ところでみなさん、「○○株使用」という表示を見たことがありませんか? 実は、この株、つまり菌種によって、それぞれのヨーグルトの効果も違ってくるんです。例えばビフィズス菌は腸環境を整えてくれ、ガセリ菌は内臓脂肪の蓄積を抑制してくれます。

これからヨーグルトを購入するときは、体調に合わせてヨーグルトの種類を選んでみてください。

このレシピのスーパーフード:チアシード

チアシード

image via Shutterstock

食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維というふたつの種類があります。どちらかに偏ってしまうと、便がゆるくなりすぎてしまったり、便が腸内を通らなくなってしまったりと、便秘解消にはつながりません。

しかし、チアシードはこれら2種類の食物繊維がバランスよく含むため、便秘解消にぴったりのスーパーフードなんです。 また、水分を含むとゼリー状になり量が増えるため、食前に取ることで過食を抑えてくれます。

これらふたつの効果は健康なカラダを保つための強い味方です。


なかなか馴染みが薄いかもしれませんが、チアシードはキッチンに置いておきたいスーパーフードのひとつです。 今回紹介したパフェは、朝食だけでなく食後のデザートにもぴったりですし、お客さんが来たときにも喜んでもらえること間違いなしですよ!

スーパーフードについてもっと知りたい?

食物繊維たっぷりで便秘解消! もっちりふわふわパンケーキ

史上最年少17歳の現役高校生スーパーフードマイスター、Lilyこと及川凜々子が、食物繊維たっぷりのもっちりふわふわパンケーキレシピを紹介。

https://mylohas.net/2018/10/176478wholewheatpancakes.html

「止まらない!」でも罪悪感ゼロ! キレイになれるチョコレートクッキー

「チョコレートクッキーを食べても、太らないどころかキレイになれたらな~」なんていうワガママな発想が浮かんできて、生まれたこのレシピ。とっても美味しい...

https://mylohas.net/2018/09/175704chocolatecockie.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析