1. Home
  2. STYLE
  3. 【11月の新月】来春をイメージして行動をおこすタイミング

【11月の新月】来春をイメージして行動をおこすタイミング

ココロに効く新月&満月の五感セラピー

17,902

景山えりか

季節は秋から冬へ。木枯らしが吹き、木々は葉を落としますが、枯れてしまったわけではありません。ちゃんと冬芽を用意して、春の訪れをじっと待っています。

11月の新月は、「冬の備え」のはじめどき。この備えが、春に芽吹くチャンスをひろげます。

11月の新月:春にチャンスをつかむ「蓄積の月」

201811MALLOWBLUE

【新月の瞬間】
11月8日(木)1時2分

新月の前日(2018年11月7日)は、二十四節気の「立冬」です。暦のうえでは冬のはじまり。厳しい寒さに耐えながら、春が来るのをじっと待つ――冬の間は、努力を重ね、力をためて、新しい季節に備える時期ともいえます。

一方、月が満ちたり欠けたりする周期の初日にあたる新月は、「はじまり」の象徴。心を決めて、新しいことをはじめるのにベストなタイミングです。

そこで、11月の新月に意識すべきは、春を迎える頃の自分をイメージすること。さらに、イメージを現実化させるために、行動を起こしはじめることです。

スキルアップ、イメージチェンジ、資格取得、体力の向上などなど、なりたいイメージにあわせて、月の満ち欠け3周期分くらいの中期的な計画を立ててみましょう。

メリハリをつけながら、新しいシーズンにむけてコツコツと、パワーをたっぷりとたくわえて。その日々は、未来の自分をはぐくみます

冷たい空気の中に、あたたかな春の陽射しを感じる頃、自然界に新しい芽が顔を出すように、私たちにも芽吹くチャンスがめぐってくる。そのチャンスを確実につかむために、今から備えることが大切だとおしえてくれるお月さま。それが11月の新月です。

色の変化がドラマティックなティー

マロウブルーティー

image via shutterstock

【マロウブルー】
・別名:コモンマロウ、ウスベニアオイ
・学名:Malva sylvestris
・ティーに使う部位:花

マロウブルーは、皮膚や粘膜を保護する働きがあるとされ、口の中の炎症やのどの痛み、肌荒れなどをやわらげるといわれています。空気の乾燥が気になり、風邪をひきやすい季節に人気が高まるハーブです。

味や香りがほとんどしないので、シングルティーは白湯を飲む感覚で楽しめます。また、特徴のない風味だからこそ、ほかのハーブや紅茶とブレンドしやすいといえます。

マロウブルーのよさは、なんといっても見た目です。その名の通り、熱湯で淹れると鮮やかな青色に、さらにレモン汁を加えるときれいなピンク色に変化します。

青からピンクへと色が変わる様子は、月明かりのない新月の夜空に朝がやってくるかのよう。そんな、夜明けを連想させる色の変化はとても美しく、まさに五感セラピーにぴったりのティーです。

11月8日(木)の夜:おうし座流星群が見頃、アイコンタクトで流星に願いを

11月の新月をみつめる女性

image via shutterstock

11月上旬は、「おうし座流星群」が見頃です。

おうし座流星群は、毎年11月5日頃に活動のピークをむかえる「おうし座南流星群」と、毎年11月12日頃にピークをむかえる「おうし座北流星群」で構成されています。そのため、両方をあわせて、11月上旬が見頃と考えていいでしょう。

おうし座流星群の流星数は決して多くはありませんが、普段より流星が見つけやすことは確かです。

また、新月の夜は、月明かりがまったくないので、流星をキャッチできる可能性がより高くなります。「流星に出合えたらラッキー」というくらいの気持ちで、外灯の影響が少ない暗い夜空を眺めてみてください。

ところで、流星の言い伝えで有名なのは、「流星が消えてしまう前に、願いごとをとなえると叶う」というもの。その由来には諸説ありますが、こんなお話があります。

……天上界にすんでいる神様が地上の様子をのぞこうとして、天のフタをそっと開けたとき、ひと筋もれ出てしまった光が流れ星なのだとか。そのため、流星が消えないうちに願いごとをとなえると、神様に直接届くというわけです。

ですが、わざわざ口に出さなくても、神様だったら思いが伝わるような気もします。流星をじっと見つめて、アイコンタクトで願いを伝える

目は口ほどに物を言う、ともいいますし、ひとつでも多くの流星を見つけることが、自分の願いを神様に直接届けることになるのかもしれません。

次回は、11月の満月。11月23日(金)です。

【10月の満月】癒しのセルフケアで満たされるとき

夜空で圧倒的な存在感を放つ満月。とりわけ秋は、澄みきった夜気に月の美しさが冴えわたります。その艶やかな輝きにあやかりながら、スペシャルなスキンケアや...

https://www.mylohas.net/2018/10/177543oct_fullmoon.html?test201808

「ココロに効く新月&満月の五感セラピー」をもっと読む

イラスト/カイフチエリ

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由