1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 白髪や抜け毛、髪の傷み予防に。最新「頭皮ケアアイテム」4選

白髪や抜け毛、髪の傷み予防に。最新「頭皮ケアアイテム」4選

13,228

小竹美沙

0shutterstock_530467849(1)

株式会社リクルートライフスタイルの調査(※1)によれば、女性が薄毛が気になり出す年齢は平均39.9歳、女性が白髪が気になり出す年齢は平均41.8歳

さらに、気にしている人のほとんどが、サロンでのケアと並んで「家でのケア」を行っているそう。そこで、自宅で使える最新の頭皮ケアアイテムをまとめて紹介します。

1.アマン東京のスパでも採用されているサロン発ブランド

TWI スカルプセラム 5,400 円(税込)

TWI スカルプセラム 5,400 円(税込)

1990年オープンのサロン「TWIGGY.」がプロデュースする、YUMEDREAMING(ユメドリーミン)東洋漢方、西洋ハーブ、サイエンスが融合してうまれたのが、TWIスカルプセラムです。

TWIスカルプセラムはトニックタイプの美容液で、6年根人参エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、カミツレ花エキスに、抗酸化力が強い「フラーレン」を配合。ローズマリー、ペパーミント、レモングラスといった9種の精油がやわらかく香ります。

白髪や抜け毛の予防ケアアイテムとしても人気で、TWIシリーズの中でもベストセラーを誇っています。

2.世界的ベストセラーのまつ毛美容液と同成分を配合

ボリュームアップ フォーム 24,840 円(税込)

ボリュームアップ フォーム 24,840 円(税込)

世界的に人気を博している、まつ毛美容液「リバイタラッシュ」。今秋、同ブランドからボリュームアップ&スカルプケアのニーズに応える新製品が発売されました。

リバイタラッシュにも配合されている「バイオペプチンコンプレックス®」を配合したボリュームアップ フォームです。バイオペプチンコンプレックスが、切れ毛や髪の傷みなどを防ぎながら、毛髪のコンディションを整え、保護し、しなやかに保ってくれるそう。

シャンプー後の髪または、乾いた頭皮と髪の根元に揉みこむように塗布するだけ。香りはほとんど残らず、ユニセックスに使えるのも魅力です。

3. エタノールとメントールの力を活かす頭皮美容液

uruotte ハーバルエッセンス 140mL(爽・優) (医薬部外品)6,264円(税込)

uruotte ハーバルエッセンス 140mL(爽・優) (医薬部外品)6,264円(税込)

uruotte」のスカルプエッセンスは、男女両用の頭皮ケアエッセンス。トリートメント成分として、若々しい髪をはぐくむ黄山薬抽出液、黒々とした髪へ導く大麦発酵エキスを配合。

また、有効成分として清涼感があり浸透を高めるメントール、循環を促進するD-パントテニルアルコールなどをバランスよく配合しています。

これまで、エタノールは頭皮にとってよくないのでは?と思っていましたが、開発者のビューティサイエンティスト岡部美代治先生によれば、「エタノールとメントールをベストバランスで配合すれば、頭皮への経皮吸収をアップしてくれる」という理論をうかがい、驚きました。

4. エコサート認証を取得。医薬部外品の育毛美容液

「届く、カンテサンス」セット 初回限定 7,560円(税込)

「届く、カンテサンス」セット 初回限定 7,560円(税込)

革新的と感じたのが、「P.G.C.D.(ペー・ジェー・セー・デー)」。これまでとはまったく異なる2ステップでのケアを提案しています。

まず、「サボンモーヴ」というスカルプケアソープで、頭皮を洗います。アルガンオイルなどの保湿成分を配合しているため、リンスやコンディショナーは不要

次に、髪の根元に届ける薬用美容液「カンテサンス」で潤します(※2)

この美容液には、センブリエキス、ニンジンエキス、グリチルリチン酸2Kといった発毛・育毛をうながす有効成分を配合。他にも、保水力の高いシロキクラゲ多糖体、ノニ果汁などを配合しています。

カンテサンスは、エコサート認証を取得し、日本の医薬部外品としても認可されています。育毛剤カテゴリーにおいて、ふたつの認定を得ているのはカンテサンスが世界で初めて(※3)だそうです。

年齢による変化を感じたときはもちろん、産後で髪やせを気にしている女性にも知ってほしいなと思います。

※1 出典: 2017年薄毛・白髪調査 報告書

※2 頭皮にエッセンスを塗ること

※3 日本能率協会総合研究所調べ

プロが伝授!毎日続けたい「美髪」習慣

美髪のカギは「髪の乾かし方」に。正しいドライヤーの使い方

健康な髪と頭皮を育むためのドライヤーの使い方のコツを、美髪アドバイザーの田村マナさんに聞きました。

https://www.mylohas.net/2017/08/064289basis.html

美髪アドバイザーが伝授。正しいブラッシングの方法7

ヘアケアの中でもつい見落としがちなのがヘアブラッシング。髪がキレイな人が必ず実践しているブラシの選び方や使いこなし方を、美髪アドバイザーの田村マナさ...

https://www.mylohas.net/2017/08/064152brushing.html

    specialbunner

    Ranking

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    3. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    6. 簡単ドーシャチェックで、あなたのアーユルヴェーダ体質を診断!

    7. やせる体を作る方法。100回の腹筋よりおすすめの運動って?

    8. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    9. 毎日たった2分。美顔器で顔のコリをほぐして、たるみをアップ!

    10. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. 深い眠りが脳の大掃除をしてくれる!?

    4. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    5. インフルエンザ対策、ここがポイント。ピークが来る前にどう防ぐ?

    6. 低カロリーなのに、お昼までお腹が空かない! ヘルシー朝食9選

    7. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    8. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    9. 「確実に効果が出る」筋トレとは? 初心者でも大丈夫

    10. 管理栄養士が教える、風邪予防におすすめな食材ベスト3

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. 甘いもの、こってりしたものが欲しいとき。代わりに食べるといい食品5