1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 白髪や抜け毛、髪の傷み予防に。最新「頭皮ケアアイテム」4選

白髪や抜け毛、髪の傷み予防に。最新「頭皮ケアアイテム」4選

13,027

小竹美沙

0shutterstock_530467849(1)

株式会社リクルートライフスタイルの調査(※1)によれば、女性が薄毛が気になり出す年齢は平均39.9歳、女性が白髪が気になり出す年齢は平均41.8歳

さらに、気にしている人のほとんどが、サロンでのケアと並んで「家でのケア」を行っているそう。そこで、自宅で使える最新の頭皮ケアアイテムをまとめて紹介します。

1.アマン東京のスパでも採用されているサロン発ブランド

TWI スカルプセラム 5,400 円(税込)

TWI スカルプセラム 5,400 円(税込)

1990年オープンのサロン「TWIGGY.」がプロデュースする、YUMEDREAMING(ユメドリーミン)東洋漢方、西洋ハーブ、サイエンスが融合してうまれたのが、TWIスカルプセラムです。

TWIスカルプセラムはトニックタイプの美容液で、6年根人参エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、カミツレ花エキスに、抗酸化力が強い「フラーレン」を配合。ローズマリー、ペパーミント、レモングラスといった9種の精油がやわらかく香ります。

白髪や抜け毛の予防ケアアイテムとしても人気で、TWIシリーズの中でもベストセラーを誇っています。

2.世界的ベストセラーのまつ毛美容液と同成分を配合

ボリュームアップ フォーム 24,840 円(税込)

ボリュームアップ フォーム 24,840 円(税込)

世界的に人気を博している、まつ毛美容液「リバイタラッシュ」。今秋、同ブランドからボリュームアップ&スカルプケアのニーズに応える新製品が発売されました。

リバイタラッシュにも配合されている「バイオペプチンコンプレックス®」を配合したボリュームアップ フォームです。バイオペプチンコンプレックスが、切れ毛や髪の傷みなどを防ぎながら、毛髪のコンディションを整え、保護し、しなやかに保ってくれるそう。

シャンプー後の髪または、乾いた頭皮と髪の根元に揉みこむように塗布するだけ。香りはほとんど残らず、ユニセックスに使えるのも魅力です。

3. エタノールとメントールの力を活かす頭皮美容液

uruotte ハーバルエッセンス 140mL(爽・優) (医薬部外品)6,264円(税込)

uruotte ハーバルエッセンス 140mL(爽・優) (医薬部外品)6,264円(税込)

uruotte」のスカルプエッセンスは、男女両用の頭皮ケアエッセンス。トリートメント成分として、若々しい髪をはぐくむ黄山薬抽出液、黒々とした髪へ導く大麦発酵エキスを配合。

また、有効成分として清涼感があり浸透を高めるメントール、循環を促進するD-パントテニルアルコールなどをバランスよく配合しています。

これまで、エタノールは頭皮にとってよくないのでは?と思っていましたが、開発者のビューティサイエンティスト岡部美代治先生によれば、「エタノールとメントールをベストバランスで配合すれば、頭皮への経皮吸収をアップしてくれる」という理論をうかがい、驚きました。

4. エコサート認証を取得。医薬部外品の育毛美容液

「届く、カンテサンス」セット 初回限定 7,560円(税込)

「届く、カンテサンス」セット 初回限定 7,560円(税込)

革新的と感じたのが、「P.G.C.D.(ペー・ジェー・セー・デー)」。これまでとはまったく異なる2ステップでのケアを提案しています。

まず、「サボンモーヴ」というスカルプケアソープで、頭皮を洗います。アルガンオイルなどの保湿成分を配合しているため、リンスやコンディショナーは不要

次に、髪の根元に届ける薬用美容液「カンテサンス」で潤します(※2)

この美容液には、センブリエキス、ニンジンエキス、グリチルリチン酸2Kといった発毛・育毛をうながす有効成分を配合。他にも、保水力の高いシロキクラゲ多糖体、ノニ果汁などを配合しています。

カンテサンスは、エコサート認証を取得し、日本の医薬部外品としても認可されています。育毛剤カテゴリーにおいて、ふたつの認定を得ているのはカンテサンスが世界で初めて(※3)だそうです。

年齢による変化を感じたときはもちろん、産後で髪やせを気にしている女性にも知ってほしいなと思います。

※1 出典: 2017年薄毛・白髪調査 報告書

※2 頭皮にエッセンスを塗ること

※3 日本能率協会総合研究所調べ

プロが伝授!毎日続けたい「美髪」習慣

美髪のカギは「髪の乾かし方」に。正しいドライヤーの使い方

健康な髪と頭皮を育むためのドライヤーの使い方のコツを、美髪アドバイザーの田村マナさんに聞きました。

https://www.mylohas.net/2017/08/064289basis.html

美髪アドバイザーが伝授。正しいブラッシングの方法7

ヘアケアの中でもつい見落としがちなのがヘアブラッシング。髪がキレイな人が必ず実践しているブラシの選び方や使いこなし方を、美髪アドバイザーの田村マナさ...

https://www.mylohas.net/2017/08/064152brushing.html

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析