1. Home
  2. MIND
  3. 辛いことがあったとき、どうやったら乗り越えられる?

辛いことがあったとき、どうやったら乗り越えられる?

運命を変えるマインド革命

2,805

00shutterstock_567295501

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。頑張っていてもダメなこともある。どうにもならない辛いこともある……。

そんなとき、わたしたちはつい、「ダメな自分をさらに責めて自己嫌悪に陥ってしまう」ということをしてしまいますよね。

けれど、実はこれは逆効果。辛いときほど、きちんと自己価値を高めて認めてあげるほど、早く立ち直り、現実も良い方向に対処することができるのです。

今回は、立ち直る際にやってしまいがちな自己攻撃と心の修復術についてお伝えしていきたいと思います。

落ち込んでいる時ほど、自分を責めてしまっていないかを考える

まず、落ち込んでいる時ほど、多くの人が「さらに自分を攻撃して落ち込ませる」ということをしてしまっています。

00shutterstock_511563886

「なんであの時できなかったんだろう」「どうしていつもこうなんだろう」

こんな独り言が出ていたら、要注意。さらに自分を落ち込ませてしまっているということなんです。

こうして自分を攻撃しているとき、潜在意識は「攻撃する」という状態になっています。

すると……もう、想像がつくと思いますが、「自分の潜在意識が何かを攻撃しているということは、同じ状態の現実と釣りあってしまう」のです。

つまり、自分を攻撃しているからこそ、攻撃される現実と引き合ってしまうんですね。

ここでは攻撃と攻撃が結びついています。このように、潜在意識は、自分が発している感情や、自分が進んで行っている状態と同質のものと引きあいます。

ということは、まず、現実を変えたい場合は、こうして「自分を攻撃してしまっている」ことをやめる必要があるんですね。

自己攻撃はどうしたらやめられるの?

ではどうしたら攻撃をやめられるか?というと、「自分を否定する人と同じ視点で自分を見ない」ということです。

00shutterstock_130152032

自分に対して攻撃をしている場合は、単に自分がダメなのではなく、「あえて自分に対して愛のない視点で接している」に過ぎないんですね。

でも、本当は、ただ100%ダメだった自分ではなく、そんなにあなた自身に否定され攻撃されながらも、一生懸命に頑張っていた自分が存在しています。

その自分を認めてあげるだけでいいんですね。厳しい視点をやめれば、自分が思う以上に頑張っていた自分がいたことが分かります。

こうして視点を変え、自分の見方を変えてあげるだけで、自分の価値を上げることはできるのです。

不幸な習慣をやめる。自分に優しく、価値を認めながら生きて。

不幸でいるとき、人は必ず、「不幸になる習慣」を続けています。それが「自分に対する厳しすぎる目」だったとしたら……。

まずは、そんな目で見られ、泣いているあなたに気づいてあげてください。

00shutterstock_613990037

でも、本当は頑張っている自分がいる。でも、本当は出来ていたこともある。

あなたの中のあなたは、頑張ってきたあなたを認めて欲しくて、いつも助けを求めています。その声に気づいてあげてください。

こうしてひとつひとつ、自分の見方を変えて、本当の自分に寄り添ってあげることができたら……それだけで潜在意識は書き換わり、現実は変わっていくことでしょう。

これからさらに、「本当は一生懸命生きてきた自分」に寄り添いながら、そのあふれる価値を認め、もっともっとご自身に幸せを許してさしあげてくださいね。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

もっと自分らしく生きるヒント

怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。今回は、「怒りを持ったことで素晴...

https://www.mylohas.net/2018/10/177538.html

不幸になることから離れて、幸せになることを選択する方法

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。今回は、「無意識の選択」をし直し...

https://www.mylohas.net/2018/10/176955.html

斎藤芳乃

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. ヒントは「脳科学」にあった! 何も叶わない、変わらない現状を変える方法

    5. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

    6. ひたすら「なぜ」を繰り返すだけ。ネガティブ思考を消し去る方法

    7. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

    8. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    5. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    辛いことがあったとき、どうやったら乗り越えられる?

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More