1. Home
  2. EAT
  3. たくさんの「失敗温泉卵」ができてしまった【こぐれひでこの「ごはん日記」】

たくさんの「失敗温泉卵」ができてしまった【こぐれひでこの「ごはん日記」】

こぐれひでこの「ごはん日記」

7,005

こぐれひでこ

gj3Gs

EaJcf

【10月16日】朝ごはん:栗ご飯、卵焼き、味噌汁(なめことミョウガとネギ)、漬物類(かぶ、日野菜、たけのこ、ナスの辛子漬け、奈良漬け、ちりめん山椒)。筋肉痛。辛い、辛い。(もともと下手だった)ゴルフを再開しようなんて、年寄りの冷や水だったかも。

Sfmc0

昼ごはん:渋皮煮を失敗。崩れてしまった果肉とパンチェッタとグリーンアスパラガスでリングイネ。栗とパンチェッタを同時に噛めると美味しい(しかし、その同時に食べるってやつが難しい)(パンチェッタと栗、いい料理法ないかな?)

gj3Gs

最近我が家は低温調理機で温泉卵を作っている。以前は丼の中の熱湯に卵を入れて蓋をして一晩おいておけば.温泉卵ができる…という方法をやっていたのだが、低温調理機なら30分で確実にできる。連載している新聞のコラムのネタに「温泉卵」を書こうとしたけれど、低温調理機を持っている人ばかりではないだろうと考えて、ネットで紹介されている複数のレシピに挑戦してみたが、どれも失敗。たくさんの「失敗温泉卵」ができてしまった。話が長くなってすみません、ルッコラの上に卵がいっぱい載っているサラダは、そんな事情があるんです。だからしばらく、失敗温泉卵は登場するはず。

DdpqY

夜ごはん:やっぱり、昔のやり方で温泉卵を作ってみよう、と、熱湯を入れた丼に卵を入れて蓋。お湯が冷めるまで放置(約4時間半)しておいたら、ちゃんと温泉卵ができました。これなら新聞コラムネタにかけるわ。やれやれ。7時からはサッカーの試合です。日本 VS ウルグアイ(FIFAランキング5位)との戦い。赤ワインハーフボトル、ブッラータ(トマトと枝豆)、パン、チーズ(明るい食卓で撮影)。

TGhie

このセットをTVの前に移動。インゲンと玉ねぎと椎茸とカブとパプリカを焼いたお皿をプラス。日本一点先制(南野)! まさかね! コテンパンにやられるかと思っていたけど、いやいや、森保ジャパン、素晴らしい。2:1。日本が勝ったまま前半戦終了。

y4U1n

15分の休憩中。豚肉をニンニクオイルで炒めてセルヴェチカを載せたものを食べる。そしてまた後半戦。2:2の同点とされるも、結局4:3で日本勝利!!! これは嬉しいね。とても嬉しい。筋肉痛も軽くなったみたいだ。

>>こぐれひでこの「ごはん日記」をもっと読む

>>今日作りたくなる簡単ヘルシーな旬レシピを多数掲載中

ヘルシーな血管に! 「食べる輸血」といわれるビーツのおいしい食べ方

スーパーフードとして注目されている「ビーツ」。「奇跡の野菜」「食べる輸血」と呼ばれるほど、栄養満点な食材といわれています。これから旬を迎えるビーツを...

https://www.mylohas.net/2018/10/176045beet.html?test201808

ほっこり体の芯から温まる。うま味引き立つ、具だくさん豚汁

料理研究家の小島喜和さんと管理栄養士のうすいはなこさんが提案する、19の絶品みそ料理レシピを紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/10/miso18.html?test201808

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析