1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

shutterstock_524429938-2

自分の横顔、じっくり見たことありますか?

たとえば、どんなに美しくメイクをしても、セルフィーで盛っても、自分自身で見ているのは、結局「ばっちり整えられた正面の顔」

ふとしたときに“自分の横顔”と遭遇し、「あれ? なんだか私が思っていた顔の印象と違う……」と思う方も多いはずです。

自分の横顔は、思い描いているイメージよりちょっぴり残念なのが現実かもしれません。他人がよく目にする横顔や斜め後ろからの顔などは、自分のイメージとギャップがあるのです。

ちょっぴり残念な「横顔あるある」

1-2

姿勢や歩き方など、あまり見ることのない自分の姿を目の当たりにしてがっかりすることも多いけれど、やっぱり気になるのが「顔」ですよね。

ちょっぴり残念な「横顔あるある」。たとえばこんなシーンはどうでしょう。

油断大敵。肝に銘じたいSNS時代の教訓

shutterstock_204195913-2

友だちのSNSにアップされた私の顔。まさか撮られているなんて思わないから気がゆるんでいたのもあるけど、それにしても油断しすぎていて「誰これ?」。「気のゆるみは横顔の印象に通じる」と、肝に銘じたい……。

ブローのあと、美容院で沈黙したワケは

shutterstock_1096811522-2

「少し軽くなっていい感じですね」と合わせ鏡をしてくれる美容師さんに返事ができなかったのは、毛先の軽やかさに反比例する“横顔の印象”に気を取られてしまったから。私って、人からこんなふうに見えてるのかな、ショック……。

不機嫌でも怒ってるわけでもないんです

shutterstock_1025760211-2

スマホか読書か居眠りか。電車で座っている人はみんなうつむきがちだから、“ふてくされた横顔”に見えちゃう。もしかして、私も? 以来、電車で横からの視線が気になって、会社に着くころにはすでにぐったりしています。

横顔は、メイクだけではごまかせない

shutterstock_1069304390-2

以前は、気になんてしたこともなかった自分の横顔。じつは他人の目にふれやすい横顔こそ、肌コンディションがあらわれやすいことを痛感します。

横顔はメイクだけではごまかせません。毎日のスキンケアで美しい肌印象を手に入れることができたら、こんなにうれしいことはありませんね。

攻めの滴が顔全面を包み上げる新ハリ美容液

1-5

DEW モイストリフトエッセンス 45g 5,800円(税抜き・編集部調べ)

美しい横顔の肌を目指すなら、おすすめなのがDEW モイストリフトエッセンス

弾力ストレッチオイル(基剤)が顔全面を包み上げ、うるおいで満たしながらもっちり弾むようなハリ密肌へ導く“新ハリ美容液”として、10月16日の発売を前に、早くも話題です。

長年のヒアルロン酸の研究から生まれた保湿成分を一滴一滴に凝縮し、ハリを感じる肌に整え、乾燥による小ジワも目立たなくします (※1)

DEW」の美滴エイジングケア (※2) は、五感の心地よさを追求した処方も特長のひとつ。濃密なとろみが目もと口もとだけでなく、顔のすみずみまでなめらかにとろけて角層までするんと浸透 。みずみずしく洗練されたグリーンフローラルの、リラックス感のあるフレッシュな香りです。

弾むようなハリ密肌を手に入れれば、横顔の肌はもちろん、正面の表情までも凛とした印象に変わるはずDEWの新ハリ美容液で、他人の目を気にしない美しい横顔の印象を目指してみませんか?

※1:効能評価試験済み ※2:年齢に応じたうるおい・ハリのお手入れのこと

<横顔エピソード動画も公開中!>

DEW

写真/ Shutterstock (1〜6枚目)、佐々木信行(商品)

Sponsored by 株式会社カネボウ化粧品

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    3. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    8. お互いに縛りあっていない? 共依存の闇から抜け出すためには

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    7. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって