1. Home
  2. MIND
  3. 【今週のお悩み】上司とのコミュニケーションを深めるにはどうしたらいい?

【今週のお悩み】上司とのコミュニケーションを深めるにはどうしたらいい?

お助けコンシェルジュ「TETUYA」が人間関係の悩みを解決

TETUYA

こんにちは。人間関係の悩みを解決するお助けコンシェルジュTETUYAです。今日は、「上司とのコミュニケーションをより深めるにはどうしたらいいですか?」という悩みにお答えします。

TETUYA01

「わたし○○さんや○○さんと仲がいいですよ」と自分の人脈をひけらかして自慢する人いません? ただよくよく聞くと、言うほどそんなに仲良くない。僕から言わせるとそれはただの知り合いレベル(苦笑)。今回は、仲の良い人とさらに仲を深めるコミュニケーションについて書いてみたいと思います。

イジコミとは?

イジコミ。これは僕が考えた造語。相手をイジるコミニュニケーションのこと。本当に仲の良い人同士の会話を聞いていると、会話の中でちょいちょいお互いをディすっているのを耳にします。

「○○ってほんと天然だよ」「ほんとファッションセンスないよね」など。年齢差関係なく後輩が先輩を、部下が上司をイジる。イジられた方も、口では「上司に向かってよく言うな」と言いながらもなぜか嬉しそう。ここまで言え合える関係性こそが、コミュニケーションの深みだと感じました。

ということは仲をより深めるために「相手をイジりましょう!」と言いたいところですが、一歩間違うと相手の怒りを買うことに(笑)。ここが難しいところ。これは自然の流れの中で、少しずつ少しずつイジっていける関係性を作るべきだと思います。もちろん自分もイジられる覚悟を。

迎合、ゴマスリだけじゃない、大事なのは人間性の発見!

TETUYA01

迎合、ゴマすりこそが相手とのコミュニケーションを深める秘訣と勘違いしている人がいます。もちろん、なかには迎合されることが好きな人もいますが、人として素晴らしい人格者ほど、そんな薄っぺらい迎合やゴマすりを見抜きますし嫌います。

本当に深いところで繋がりたいなら、こんなうわべのテクニックではダメ。一番心をつかむのは、相手が自分では気づいていない人間性を発見して言ってあげること。これに限ります(笑)。

「○○さんて意外とシャイですよね」
「○○さんて、○○部長の上手く転がしていますよね」
「○○さんて、意外と頑固なところありますよね」

僕の経験上、発見するポイントは良いことも悪いことでも、どちらでも良いと思うんです。大事なのは「自分が気づいていない人間性」を見つけてくれたこと。それだけ日頃から自分を見てくれていることに、言われた方は嬉しさを感じるとともに信用が深まるんです。

イジコミも良いんですが、まだこっちの方が皆さんには向いてるかもですね。明日から、仲を深めたい人がいたら、その人の外見からではわからない、そして自分では気づいていない人間性を発見してあげてください。

イラスト/古荘風穂

日常的に使える。実用的なコミュニケーション術

「この日空いてる?」と予定を聞かれたときのスマートなかわし方

コミュニケーションの達人TETUYAさんの連載「コミュニケーションのネタ帳」。色気イコール外見だと思っていませんか?今回は、「この日空いてる?」と言...

https://www.mylohas.net/2018/09/175219.html

「おいしいお店知らない?」と聞かれたとき、即レスが正解とは限らない

コミュニケーションの達人TETUYAさんの連載「コミュニケーションのネタ帳」。今回のテーマは、お店の紹介の仕方でも、意外と「差」がでるポイントです。

https://www.mylohas.net/2018/08/172939.html

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析