1. Home
  2. MIND
  3. 【今週のお悩み】上司とのコミュニケーションを深めるにはどうしたらいい?

【今週のお悩み】上司とのコミュニケーションを深めるにはどうしたらいい?

お助けコンシェルジュ「TETUYA」が人間関係の悩みを解決

こんにちは。人間関係の悩みを解決するお助けコンシェルジュTETUYAです。今日は、「上司とのコミュニケーションをより深めるにはどうしたらいいですか?」という悩みにお答えします。

TETUYA01

「わたし○○さんや○○さんと仲がいいですよ」と自分の人脈をひけらかして自慢する人いません? ただよくよく聞くと、言うほどそんなに仲良くない。僕から言わせるとそれはただの知り合いレベル(苦笑)。今回は、仲の良い人とさらに仲を深めるコミュニケーションについて書いてみたいと思います。

イジコミとは?

イジコミ。これは僕が考えた造語。相手をイジるコミニュニケーションのこと。本当に仲の良い人同士の会話を聞いていると、会話の中でちょいちょいお互いをディすっているのを耳にします。

「○○ってほんと天然だよ」「ほんとファッションセンスないよね」など。年齢差関係なく後輩が先輩を、部下が上司をイジる。イジられた方も、口では「上司に向かってよく言うな」と言いながらもなぜか嬉しそう。ここまで言え合える関係性こそが、コミュニケーションの深みだと感じました。

ということは仲をより深めるために「相手をイジりましょう!」と言いたいところですが、一歩間違うと相手の怒りを買うことに(笑)。ここが難しいところ。これは自然の流れの中で、少しずつ少しずつイジっていける関係性を作るべきだと思います。もちろん自分もイジられる覚悟を。

迎合、ゴマスリだけじゃない、大事なのは人間性の発見!

TETUYA01

迎合、ゴマすりこそが相手とのコミュニケーションを深める秘訣と勘違いしている人がいます。もちろん、なかには迎合されることが好きな人もいますが、人として素晴らしい人格者ほど、そんな薄っぺらい迎合やゴマすりを見抜きますし嫌います。

本当に深いところで繋がりたいなら、こんなうわべのテクニックではダメ。一番心をつかむのは、相手が自分では気づいていない人間性を発見して言ってあげること。これに限ります(笑)。

「○○さんて意外とシャイですよね」
「○○さんて、○○部長の上手く転がしていますよね」
「○○さんて、意外と頑固なところありますよね」

僕の経験上、発見するポイントは良いことも悪いことでも、どちらでも良いと思うんです。大事なのは「自分が気づいていない人間性」を見つけてくれたこと。それだけ日頃から自分を見てくれていることに、言われた方は嬉しさを感じるとともに信用が深まるんです。

イジコミも良いんですが、まだこっちの方が皆さんには向いてるかもですね。明日から、仲を深めたい人がいたら、その人の外見からではわからない、そして自分では気づいていない人間性を発見してあげてください。

イラスト/古荘風穂

日常的に使える。実用的なコミュニケーション術

「この日空いてる?」と予定を聞かれたときのスマートなかわし方

コミュニケーションの達人TETUYAさんの連載「コミュニケーションのネタ帳」。色気イコール外見だと思っていませんか?今回は、「この日空いてる?」と言...

https://www.mylohas.net/2018/09/175219.html

「おいしいお店知らない?」と聞かれたとき、即レスが正解とは限らない

コミュニケーションの達人TETUYAさんの連載「コミュニケーションのネタ帳」。今回のテーマは、お店の紹介の仕方でも、意外と「差」がでるポイントです。

https://www.mylohas.net/2018/08/172939.html

TETUYA

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    2. 禅僧が教える、感情に飲み込まれない人になる心のワーク

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 寝ながらできる、自己肯定感を上げるトレーニングって?

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    2. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 筋肉をつくる「完全タンパク質」を摂れる! 8つの植物性食品

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 他人に優しくできないときの深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    10. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    8. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    9. あなたの体重が減らない5つの隠れた理由。栄養士が指摘します!

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン