1. Home
  2. STYLE
  3. ウイルスを寄せ付けない! 風邪・インフルエンザ対策に便利なアイテム5つ

ウイルスを寄せ付けない! 風邪・インフルエンザ対策に便利なアイテム5つ

5,792

cold

お疲れ気味のカラダを襲う風邪やインフルエンザを撃退するためには、ウイルス感染を抑える予防グッズや、免疫力を高めるアイテムが役立ちます。

医療の現場で信頼される高機能マスクや抗菌スプレーなど、「ちょい足し」で病気を防ぐ優れもの5選をご紹介します。

敏感肌に優しい「メジャー級」マスク

mask

医療用サージカルマスク メジャーリーガー/ 788円(税込)※50枚入り

「メジャーリーガー」という名の通り、米国医療機関の定番とされる高機能マスク。細菌濾過率、微粒子濾過率ともに99%超の高性能フィルターで、飛沫感染だけでなく空気感染予防にも効果を発揮します。

うれしいのは、敏感肌にやさしいソフトなつけ心地。ISO規格に基づく皮膚刺激性テストで皮膚刺激性ゼロを達成したほどの柔らかな感触で、ゴワゴワした感じがないのです。

耳にかけるゴムも柔らかい平ゴムだから、長時間かけていても耳が痛くなりません。ブルー、ピンク、ホワイトの3色があり、目立つのが苦手な人はホワイトがおすすめです。

高機能かつつけ心地も最高なマスクはこちら

気になるマスクのニオイも撃退

eisai

イータック抗菌化スプレー/ 647円(税込)※20ml

マスクに「シュッ」とするだけで、ウイルス・菌を除去して抗菌作用が24時間続く専用スプレー。広島大学の二川浩樹教授が開発した持続型抗菌成分「イータック」のパワーで、気になるマスクのニオイまで抑えてくれます

外出先で位置を直したり、つけ外しをすることが多いマスクは、知らず知らずのうちに“菌の温床”になってしまうことも。インフルエンザ全盛期には、あると安心感が違うスプレーです。

除菌に加え、マスクの気になるにおいもカバー

ポーチに常備したいマウスウォッシュ

kororo

サラヤ うがい薬 コロロ 20ml 携帯用/ 329円(税込)※20ml

おだやかなミント味で殺菌・消毒し、口臭も除去できる薬用マウスウォッシュ。蓋が使いやすいコップ状になっていて、かわいらしいピングーのイラストにほっこりします。

透明タイプだから、歯や洗面台に色がつきにくいのもメリット。お出かけ先で服に飛んでしまっても焦らなくて済みそうですね。携帯サイズは高さ97mmとコンパクトですが、100倍ほどに薄めて使うタイプなので意外に長持ちし、コスパも優秀です

口臭ケアは外出先でも必須です

のどの痛みが悪化する前に

honey

マヌカハニー蜂蜜 MGO400+ 250g/ 5,229円(税込)※250g

風邪のひき始めや、のどが痛いとき、ひとなめで具合が良くなると人気のマヌカハニー

優れた抗菌作用の秘密は、マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサール(MGO)。ニュージーランドのマヌカヘルス社の製品は、マヌカハニーをMGOの含有量で格付けしているので、安心して選ぶことができます。

本品のグレード「400+」は上位から2番目で、美容と健康維持を目的とする方におすすめとのこと。ヨーグルトに混ぜるとおいしくいただけます。

常備しておきたいマヌカハニーの上位アイテム

話題の「LPS」で免疫アップ

LPS

ハイパーLPS 500/ 3,480円(税込)※38g、33日分

テレビ番組で紹介され、免疫機能を高める成分として話題となったLPS(リポポリサッカライド)を手軽に摂れるサプリです。

LPSの生みの親である香川大学・杣源一郎教授が開発した原材料(パントエア菌の糖脂質成分)を用いており、1日スプーン1杯で免疫アップに必要とされる量(500μg)のLPSを摂取することができます。難消化性デキストリンが配合されているので、お通じ改善にいいという口コミも。

話題のサプリは免疫機能を高めてくれます

健康管理に効くアイテムの進歩が著しいいま、「なんとなく」買ってしまうのはもったいない! ふだん使いのアイテムをバージョンアップすれば、風邪やインフルエンザ対策にも自信が持てそうです。

田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン