1. Home
  2. BODY
  3. なぜセックスレスになるの?もう一度セックスライフを取り戻すためにできるコト

なぜセックスレスになるの?もう一度セックスライフを取り戻すためにできるコト

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

14,608

MYLOHAS編集部

カップル

image via shutterstock

愛情と結婚は対になるかもしれませんが、セックスと結婚はちょっと同じようにはいかないもの。最近、データサイエンティストのセス・ステフェン・デイヴィッドウィッツさんが解析したところ、「結婚生活におけるセックスレス」という言葉は、アメリカで結婚に関する不満としてネット検索1位なのだとか。

家族と文化に関する研究を行なっているオースティン研究所によると、結婚しているカップルの12%が過去3カ月間にセックスをしていないのだそう。また、ほかの研究によれば、平均して20%の夫婦が過去1年間、セックスをしていないという結果になったのです。

もっとも、そんなことは結婚の専門家にとっては常識。「セックスレスは、40歳を超えるカップルの場合にはごく一般的なこと。加齢にともなう健康、ホルモン、生活スタイルなどの変化に応じて、性欲が自然とおとろえてくるから」と、ニューヨーク在住のセックス・セラピスト/公認家族療法士かつ、『シー カムズ ファースト』の著者であるイアン・ケルナーさん。

考える女性

image via shutterstock

こうした変化は普通ではあるものの、多くの人々が「自分たちのセックスライフや結婚生活には問題があるのでは?」という疑問を感じているのは問題かもしれません。

セックスセラピストや産婦人科医、セックスに関する研究者に、次の3つについて解説していただきます。

「もう一度セックスのある生活を取り戻すためにできることは?」「なぜ性欲は減退するの?」「結婚生活における本当のセックスレスとは?」という疑問の回答を、3回の連載に分けて見ていきましょう。今回は、セックスライフの取り戻し方についてです。

どうやってセックスライフを取り戻す?

もし、あなたとパートナーの関係が恋人同士というよりルームメートのように感じられたら、セックスライフを取り戻すために、以下のことを試してみては?

  1. どんな風に性的欲求の不一致が始まったかを話す
  2. 視点を変えてみる
  3. 最低でも週に1回はセックスの予定を入れる
  4. ただやってみる
  5. 妄想を共有する
  6. ルーティーンをちょっと変えてみる
  7. お互いのスイッチを探す
  8. セックスを再定義する
  9. あきらめないで!

1. どんな風に性的欲求の不一致が始まったかを話す

話すカップル

image via shutterstock

簡単ではないかもしれませんが、互いを責めることなく原因について話し合うのは、とても重要。

「性的欲求が少ないからと責めないこと。互いに歩み寄るのです。健康状態が問題の原因に疑われたら、医師にかかります。カウンセリングやセックス・セラピーを受けることもいいかもしれません」と、マークさん。

2. 視点を変えてみる

男女の顔

image via shutterstock

ときには視点を変えてみることで、いい結果が出る場合があります。「パートナーが『とても興奮していて、セックスしたい』と言ったら、『うわ~、ただ出したいだけなんだわ。自分が求められてるようには思えない』と思うかも。でも、もしあなたが視点を変えて『私をとてもセクシーだと思ってる』とか『本当に私のことを愛してる』と思ったらいかがでしょう?」と、ハーベニックさん。

3. 最低でも週に1回はセックスの予定を入れる

カレンダー

image via shutterstock

「これはロマンティックには聞こえませんが、セックスを予定に入れると、人はそれに対して準備ができるもの。仕事を切り上げ、ほかのストレスも夜の早いうちに中止。なので、準備ができた状態でリラックスできるのです」と、レーミラーさん。

4. ただやってみる

慰める女性

image via shutterstock

女性が男性より有利なことのひとつは、あまりそんな気分でなくてもセックスできるという点。あまりポジティブには聞こえませんが、セックスすることで性的欲求が刺激されるかもしれません。

女性の態度が『私はこれから夫とセックスする。だって、そうすることでもっと親密さが増して、私たちの関係がもっとよくなるんだから』と思えれば、そうしてセックスの回数を増やしていければ、実際に性欲の引き金になる可能性があります」と、ミンキンさん。

5. 妄想を共有する

背中合わせの男女

image via shutterstock

もし、夫に細かい部分まで話すのが恥ずかしいようであれば、空想をしたと言うのがおすすめ。「こんな風に言うのです。『今日仕事中に、あなたが出てくるとってもエッチな空想をしたの。無意識だったんだけど、私たち......』。そして、この......の部分を、少し驚くような話で埋めるのです」(カーナーさん)。

6. ルーティーンをちょっと変えてみる

思考イラスト

image via shutterstock

ちょっとの変化でも、気分を盛りあげることは可能です。「そんなに大それたことをする必要はありません。足を優しくなでるくらいのちっぽけなことでもいいんです」と、セックス・セラピスト/研究家、家族療法士でもあるクリスティン・ミルロッドさん。

ひらめきを大切にしましょう。「私の友達は『スキャンダル』というショーのセックスシーンを見て、再び夫に性的な興味を持つようになりましたよ」と、マークさん。

7. お互いのスイッチを探す

話し合う男女

image via shutterstock

長年の間に、それは変わっているかもしれません。「夫婦それぞれが3つのタイトルで自分たちだけのリストを作ることをおすすめします。『性的に興奮することは何?』『興奮するかもしれないことは何?』『絶対にしたくないことは何?』の3つです。互いのリストを比べて、ふたりがともに試してみたいことを探します」(ミルロッドさん)。

8. セックスを再定義する

手を繋ぐ男女

image via shutterstock

セックスとは膣への挿入を伴わなくてもいいし、オーガズムで終わらなくてもいいのです。セックスをオーガズムで終えなくてはならないという思い込みは、大きなプレッシャーのもと

前戯も大切に。さらに、声に出してお互いのために本を読んだり、キャンドルの灯りのもとでディナーをしたり、そういう体に触れない行為も、呼吸が合った感じを取り戻すのに役立ちます。

9. あきらめないで!

抱き合う男女

image via shutterstock

「結婚が長い人は、セックスなんてどうすればいいのか知っているから、頭を悩ますことはないと思うかもしれません。でも、実際はその逆。誰かと長くいればいるほど、お互いに対する期待は高くなって、多くの努力が必要となるのです。だから、あきめないで」と、ミルロッドさん。

セックスの悩み、そのままにしないで

産婦人科医・宋美玄さん。セックス、生理…「悩みを打ち明けられることが多かった」

産婦人科医・宋美玄さんインタビュー。産婦人科医としてのこれまでとこれからを語っていただきました。

https://www.mylohas.net/2018/07/168140song-mihyon.html

セックスレスって、実は回数の問題じゃない。本当のセックスレスとは?

セックスと結婚は対にならないこともあるもの。セックスに関する研究者が、セックスレスの定義について解説します。

https://www.mylohas.net/2018/11/178433sexless.html

Elizabeth Kuster/Why Sexless Marriages Happen—And How to Keep It From Happening to You
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由