1. Home
  2. BODY
  3. なぜ性欲は減退するの? ぐっすり眠れば性欲回復? セックスレスの原因6つ

なぜ性欲は減退するの? ぐっすり眠れば性欲回復? セックスレスの原因6つ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

10,955

MYLOHAS編集部

ベッドで寝る男女

image via shutterstock

愛情と結婚は対になるかもしれませんが、セックスと結婚はちょっと同じようにはいかないもの。最近、データサイエンティストのセス・ステフェン・デイヴィッドウィッツさんが解析したところ、「結婚生活におけるセックスレス」という言葉は、アメリカで結婚に関する不満としてネット検索1位なのだとか。

家族と文化に関する研究を行なっているオースティン研究所によると、結婚しているカップルの12%が過去3カ月間にセックスをしていないのだそう。また、ほかの研究によれば、平均して20%の夫婦が過去1年間、セックスをしていないという結果になったのです。

もっとも、そんなことは結婚の専門家にとっては常識。「セックスレスは、40歳を超えるカップルの場合にはごく一般的なこと。加齢にともなう健康、ホルモン、生活スタイルなどの変化に応じて、性欲が自然とおとろえてくるから」と、ニューヨーク在住のセックス・セラピスト/公認家族療法士かつ、『シー カムズ ファースト』の著者であるイアン・ケルナーさん。

寝る女性

image via shutterstock

こうした変化は普通ではあるものの、多くの人々が「自分たちのセックスライフや結婚生活には問題があるのでは?」という疑問を感じているのは問題かもしれません。

セックスセラピストや産婦人科医、セックスに関する研究者に、次の3つについて解説していただきます。

「もう一度セックスのある生活を取り戻すためにできることは?」「なぜ性欲は減退するの?」「結婚生活における本当のセックスレスとは?」という疑問の回答を、3回の連載に分けて見ていきましょう今回は、セックスレスの原因に迫ります。

セックスレスな結婚生活でありがちな理由

性的な面で息がぴったりなカップルでも、性的欲求の不一致を経験することは不思議ではありません。長い時間の間には肉体的、精神的、感情的な理由で性欲が減退することはあるからです。

「年をとるにつれて、たくさんのことが起こってくるもの。パートナーとのセックスへの関心を弱らせる原因はいくらでもあります」と、レーミラーさん。

よくある原因は次のようなものです。

  1. 病気
  2. 体重の増加
  3. 疲れを感じている
  4. ストレス
  5. マンネリ
  6. 怒りや恨み

1. 病気

気分の悪い女性

image via shutterstock

「腰痛、関節炎、うつ病は、年をとると珍しいものではありません。それらはすべてセックスを難しくする原因になってきます。病気自体も性的な活動を制限しますし、病気を治療する薬物によって制限が発生することもあります」と、イェール大学薬学部で生殖科学、産婦人科学の臨床教授を務めるメアリー・ジェーン・ミンキンさん。

性欲の減退については、男性特有の心配もあります。勃起不全です。「勃起しないかも? という心配があれば、欲求があってもセックスしない人がいる可能性があります」と、ハーベニックさん。

2. 体重の増加

体重計

image via shutterstock

40歳を過ぎると、体を鍛えたり、鍛えられた体をキープしたりするのは難しくなります。なので、男性・女性ともに体重が増えるのは普通。もし体重が増えたら、以前ほどセックスにかけるエネルギーがなくなる可能性があります。また、外見も気になってくるかもしれません。

もし、パートナーが太ったら、以前ほどパートナーに肉体的魅力を感じなくなるのではないでしょうか。

3. 疲れを感じている

疲労する女性

image via shutterstock

疲労感は多くの病気の症状になりますし、薬の副作用として現れてくることもあります。また、現代生活における副作用ともいえるかもしれません。

でも、ぐっすり眠れば、性欲を回復させることができる可能性もあります。「睡眠は性的健康にとって重要。なぜなら、性的な機能と性欲の両方に関わるからです」と、レーミラーさん。

4. ストレス

握りつぶす手

image via shutterstock

緊張が続く状態だと、セックスに集中することは難しくなるのです。緊張が続くことで、性欲を減退させるホルモンが悪影響をおよぼしてくることもあります

ヒトの進化とも関係するようです。「ストレスを感じていると、体に備る交感神経のはたらきの影響から、性的な欲求を押さえ込んでしまうのです。セックスよりもほかに注意を払うべき、と、体が反応してしてしまうわけです」と、SUNYダウンステート医科大学のホリスティック産婦人科の臨床助教授であるエデン・フロムバーグさん。

5. マンネリ

ソファーでくつろぐ男女

image via shutterstock

性的な退屈は、セックスレスな結婚生活にとって大きな問題になります。「10年、15年一緒にいるカップルは、新しいことを試みなくなるかもしれません。新たな実験をしないのです」とミンキンさん。

6. 怒りや恨み

怒り

image via shutterstock

昔の恨みや長く続いている敵意、うらみ、嫉妬、非難など、感情的な重荷は性欲に大きな影響を与えます

「パートナーにだまされた、ウソをつかれたなどの大きな問題で怒りを覚える人もいます。そのほかに『私を家政婦のように扱っている』というようなことも影響してきます」と、ハーベニックさん。

あなたの結婚生活、本当にセックスレスなの?

カップル

image via shutterstock

もし、上の項目のどれかに当てはまるのなら、相談を求めてもいいかもしれません。ときどきセックスがないのは正常なのですが、継続的になっているなら気をつけるとよいでしょう。答えが「イエス」または「思い出せない」であれば、問題になる可能性があります。あなた、またはパートナーのどちらかが苦しんでいるのなら、セックスレスについて専門家に相談してはいかがでしょうか。

研究によると、パートナーと多くスキンシップを取っている人は、性的に満足しているだけでなく、パートナーとの関係がよりハッピーなことがわかっています。もし苦しんでいるのなら、時間とともに自己肯定感や自尊心が損なわれてしまうかもしれません。

単に性的に興奮したからセックスしたいというだけなら、互いの関係に悪影響になるかもしれません。セックスでとても親密な感情を抱いたら、それはいいサインといえます。

研究によると、「自分が喜ぶことを、パートナーが望んでいる」と感じている女性は、より幸せで、性的にも満足しているとわかっています。性的欲求が起こらないとしたら、健康や関係性に問題があるのかもしれません。

パートナーとのコミュニケーションも大事

足を組むのは「拒否」。本心がわかる7つのボディーランゲージ

相手は今何を考えている? 相手の本音がわかる、7つのボディーランゲージをご紹介。

https://www.mylohas.net/2018/09/175529body_language.html

怒りを上手にコントロールする6つの方法

人間関係にイライラ。怒りは悪くはないけれどコントロールができないと大変。そんな時にお役立ちな怒りのコントロール法6つをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/09/175505anger.html

Elizabeth Kuster/Why Sexless Marriages Happen—And How to Keep It From Happening to You
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析