1. Home
  2. 吉川圭美
  3. Regular
  4. ポジティブ栄養学
  5. ヘルスケア
  6. 「フルーツ=ヘルシー」は正しい? 栄養士が、さまざまな角度から検証

「フルーツ=ヘルシー」は正しい? 栄養士が、さまざまな角度から検証

ポジティブ栄養学

3,449

吉川圭美

果物に囲まれた女性

image via Shutterstock

ぶどうに柿、洋なしにりんごと、おいしいフルーツがたくさん登場する秋。「毎日たくさん食べています」「朝には欠かせません」という女性の声をよく耳にします。

こうした声を聞くと、私はちょっと心配になります。フルーツはビタミンやミネラル、抗酸化成分が多く、ヘルシーなイメージがありますが、美容や健康という視点から見ると、食べすぎるとデメリットが勝ってしまう食材でもあるからです。

「フルーツは太らない」実際のところとは?

トレーニングウェアで果物を手に取る女性

image via Shutterstock

食べすぎるとデメリットになってしまう大きな理由としてあげられるのは、血糖値を上げてしまうこと。とくに最近のフルーツはとっても甘くておいしいので、血糖値もしっかり上がってしまうのです。急上昇すると、今度は下げるためのホルモンが出てきて脂肪に変換されます。つまり太りやすい食材でもあるのです。

こう言うと「フルーツに含まれる果糖は血糖値を上げないから、太らないと聞いたことがあるけど」と言う人もいるかもしれません。

糖質にはブドウ糖や果糖、麦芽糖などさまざまな種類の糖がありますが、おもに血糖値に関わるのはブドウ糖。果糖は血糖値を上げることはしません。しかしフルーツには、果糖のほかにブドウ糖やショ糖も含まれているため、血糖値は上がってしまうのです。

しかも果糖は、すぐに肝臓に吸収されて脂肪に変換されます。つまり、ダブルの意味で食べすぎると太りやすいといえます。

とくにドライフルーツは乾燥させた分、生よりも糖が濃縮されているため要注意です。

食べすぎはエイジングを招きやすい

りんごをかじる運動後の女性

image via Shutterstock

もうひとつお伝えしておきたいのが、果糖は糖化を招きやすくエイジングを進めやすい糖といえること。身体のなかで糖が余ると、身体の血管や筋肉、肌細胞などのタンパク質とくっついてしまい、AGEs(終末糖化産物)という物質を作ります。これが老化を進めてしまうやっかいな存在なのです。

糖がくっついたところは本来の身体の機能を果たせなくなってしまい、骨粗しょう症を進めてしまったり、動脈硬化が起こったり、とさまざまなトラブルの原因となります。実は果糖は、ブドウ糖に比べて糖化を起こしやすい糖と考えられているのです。

もし肌のコラーゲン細胞に糖がくっついてしまったら、たるみやシワ、シミが加速することに……。女性なら気になりますよね。

フルーツのメリットを享受するために

グレープフルーツで顔を隠した女性

image via Shutterstock

とはいえ、フルーツはビタミンCをフレッシュな状態でとることができたり、カリウムや食物繊維が多かったりとメリットも多い食材

デメリットをできるだけ避けるためにおすすめしたいのが、朝ご飯のあとにちょこっと食べることです。体内に、先に食べ物が入った状態で食べることで、血糖値の急上昇を防ぐことができます。グレープフルーツやはっさくなど、糖度の低いフルーツをチョイスするのもコツ

意外に見落としやすいのが果汁100%のジュースや、市販の野菜&フルーツジュース。生のフルーツだと食物繊維などが一緒に入っていますが、ジュースだと果糖が液状になっているので一気に血糖値を上げてしまうのです。

甘くておいしい旬のフルーツ。私も食べるときは食後にぶどう二粒ぐらいにとどめています。おいしさとヘルシーさを両立させるちょっとした工夫、取り入れているところです。

果物についてもっと知りたい?

やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

天然のスイーツとも言えるバナナ。科学的に裏付けのあるバナナの健康パワーをご紹介します。

https://mylohas.net/2018/10/176602banana.html

おやつ代わりに! ヘルシー&空腹になりにくい低糖フルーツ9種

糖分をやめるのが最近のブームですが、フルーツからは、ビタミン、ミネラル、抗酸化物質を摂取できますし、水分も多く、繊維質もあって空腹になりにくいです。...

https://mylohas.net/2018/09/175476low-sugar-fruit.html

    specialbanner

    Ranking

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    4. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    5. 2020年11月23日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    6. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    7. ネガティブな気持ちも一緒に連れて生きよう/モデル・野沢和香[後編]

    8. マスク着用で過敏になった肌にも。ディオールの「シカ成分」配合バーム

    9. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    4. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    5. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    6. 自分を褒めることを習慣にしたら、人生が変わった/モデル・野沢和香[前編]

    7. 自律神経の乱れ、寝つきの悪さを1分で整える

    8. 更年期の不調に「個人差」があるのはなぜ? 日によって症状も程度も違うのは?

    9. 2020年11月23日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    10. マスク着用で過敏になった肌にも。ディオールの「シカ成分」配合バーム

    1. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    2. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    8. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    9. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    10. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら