1. Home
  2. 吉川圭美
  3. Regular
  4. ポジティブ栄養学
  5. ヘルスケア
  6. 「フルーツ=ヘルシー」は正しい? 栄養士が、さまざまな角度から検証

「フルーツ=ヘルシー」は正しい? 栄養士が、さまざまな角度から検証

ポジティブ栄養学

3,338

吉川圭美

果物に囲まれた女性

image via Shutterstock

ぶどうに柿、洋なしにりんごと、おいしいフルーツがたくさん登場する秋。「毎日たくさん食べています」「朝には欠かせません」という女性の声をよく耳にします。

こうした声を聞くと、私はちょっと心配になります。フルーツはビタミンやミネラル、抗酸化成分が多く、ヘルシーなイメージがありますが、美容や健康という視点から見ると、食べすぎるとデメリットが勝ってしまう食材でもあるからです。

「フルーツは太らない」実際のところとは?

トレーニングウェアで果物を手に取る女性

image via Shutterstock

食べすぎるとデメリットになってしまう大きな理由としてあげられるのは、血糖値を上げてしまうこと。とくに最近のフルーツはとっても甘くておいしいので、血糖値もしっかり上がってしまうのです。急上昇すると、今度は下げるためのホルモンが出てきて脂肪に変換されます。つまり太りやすい食材でもあるのです。

こう言うと「フルーツに含まれる果糖は血糖値を上げないから、太らないと聞いたことがあるけど」と言う人もいるかもしれません。

糖質にはブドウ糖や果糖、麦芽糖などさまざまな種類の糖がありますが、おもに血糖値に関わるのはブドウ糖。果糖は血糖値を上げることはしません。しかしフルーツには、果糖のほかにブドウ糖やショ糖も含まれているため、血糖値は上がってしまうのです。

しかも果糖は、すぐに肝臓に吸収されて脂肪に変換されます。つまり、ダブルの意味で食べすぎると太りやすいといえます。

とくにドライフルーツは乾燥させた分、生よりも糖が濃縮されているため要注意です。

食べすぎはエイジングを招きやすい

りんごをかじる運動後の女性

image via Shutterstock

もうひとつお伝えしておきたいのが、果糖は糖化を招きやすくエイジングを進めやすい糖といえること。身体のなかで糖が余ると、身体の血管や筋肉、肌細胞などのタンパク質とくっついてしまい、AGEs(終末糖化産物)という物質を作ります。これが老化を進めてしまうやっかいな存在なのです。

糖がくっついたところは本来の身体の機能を果たせなくなってしまい、骨粗しょう症を進めてしまったり、動脈硬化が起こったり、とさまざまなトラブルの原因となります。実は果糖は、ブドウ糖に比べて糖化を起こしやすい糖と考えられているのです。

もし肌のコラーゲン細胞に糖がくっついてしまったら、たるみやシワ、シミが加速することに……。女性なら気になりますよね。

フルーツのメリットを享受するために

グレープフルーツで顔を隠した女性

image via Shutterstock

とはいえ、フルーツはビタミンCをフレッシュな状態でとることができたり、カリウムや食物繊維が多かったりとメリットも多い食材

デメリットをできるだけ避けるためにおすすめしたいのが、朝ご飯のあとにちょこっと食べることです。体内に、先に食べ物が入った状態で食べることで、血糖値の急上昇を防ぐことができます。グレープフルーツやはっさくなど、糖度の低いフルーツをチョイスするのもコツ

意外に見落としやすいのが果汁100%のジュースや、市販の野菜&フルーツジュース。生のフルーツだと食物繊維などが一緒に入っていますが、ジュースだと果糖が液状になっているので一気に血糖値を上げてしまうのです。

甘くておいしい旬のフルーツ。私も食べるときは食後にぶどう二粒ぐらいにとどめています。おいしさとヘルシーさを両立させるちょっとした工夫、取り入れているところです。

果物についてもっと知りたい?

やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

天然のスイーツとも言えるバナナ。科学的に裏付けのあるバナナの健康パワーをご紹介します。

https://mylohas.net/2018/10/176602banana.html

おやつ代わりに! ヘルシー&空腹になりにくい低糖フルーツ9種

糖分をやめるのが最近のブームですが、フルーツからは、ビタミン、ミネラル、抗酸化物質を摂取できますし、水分も多く、繊維質もあって空腹になりにくいです。...

https://mylohas.net/2018/09/175476low-sugar-fruit.html

    specialbanner

    Ranking

    1. 変化の激しい時代を生き抜くために。伝説の経営者が実践していることとは?

    2. 簡単すぎる! 高タンパクで栄養満点「フムス」のアレンジレシピ

    3. きゅっと引き締まったヒップを手に入れる! じわり美尻トレーニング

    4. ぽっこりおなか、更年期太りかも。食べても太らない体になる方法

    5. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    6. あなたは大丈夫? 正しいムダ毛処理のやり方をチェック

    7. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    8. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    9. O脚、ガニ股にサヨナラ。2ステップの簡単ストレッチ

    10. 「脚上げ腹筋」で引き締まったお腹とスリムな美脚に鍛える

    1. きゅっと引き締まったヒップを手に入れる! じわり美尻トレーニング

    2. ぽっこりおなか、更年期太りかも。食べても太らない体になる方法

    3. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    4. 【クイズ】体臭と口臭を「消臭」する食べ物はどれ?

    5. 「脚上げ腹筋」で引き締まったお腹とスリムな美脚に鍛える

    6. ダイエットを成功へと導く「体重測定」のコツ。体重をはかるとなぜ痩せる?

    7. 臀部と内転筋を重点的に鍛える!下半身の自重トレーニング

    8. 設置面はおしりだけ。体幹と腹筋を鍛え上げるトレーニング

    9. あなたは大丈夫? 正しいムダ毛処理のやり方をチェック

    10. 自律神経と腸をスッキリ整える、1日1分の「簡単呼吸法」。吸って吐くだけ。

    1. 潰すとクサい! 咳やくしゃみで飛び出る「白い塊」の正体は?

    2. 糖質コントロールしやすい「大豆バー」こそ、おすすめのヘルシーおやつだった

    3. 「部屋着で寝ちゃう」人が今日からパジャマを着たくなる、これだけの理由

    4. 勝手にやせていく体作り。つらさゼロで激やせできた理由

    5. ちゃんと洗ったのになんかクサい。服のニオイがとれない理由って?

    6. あなたは大丈夫? 正しいムダ毛処理のやり方をチェック

    7. 「脚上げ腹筋」で引き締まったお腹とスリムな美脚に鍛える

    8. 夏用マスク6選。さらさらひんやり心地いい。抗菌効果も

    9. スウェットで寝ていい? 専門家が教える「パジャマ選び」の5つのコツ

    10. 材料は3つ&ホイルに包むだけ。満足感120%「バター焼き玉ねぎ」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら