1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 50歳になっても若々しく輝くための、大切な3つの健康習慣

50歳になっても若々しく輝くための、大切な3つの健康習慣

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

5,957

デブラ・メッシング

1990年代、アメリカで人気だったドラマ『ふたりは友達? ウィル&グレイス』の人気女優、デブラ・メッシングが、8月に50歳になったなんて、にわかには信じられません。本人も、これは大きな、そして少しこわいマイルストーンだと語っています。

メッシングは「50歳に近づくのが本当に怖かった」とウェブメディアのAOLに語りました。「50歳になったときどう思うか、それがなにを意味するかに関して、先入観がありました。でも、先月誕生日を迎えて、こんなにもすてきな人たちが一緒にお祝いしてくれることに気づいたのです。そして、感謝の気持ちで一杯になりました。これは、この地球上で50年も生きたから得られたもの。これは本当にすばらしいこと。今は気力に満ち溢れた50歳です」。

メッシングは、確かに今までにないくらい輝いています。50歳になっても、30歳にしか見えない彼女の健康の秘訣は、まぶしいくらいの自信のほかになにがあるのでしょうか

01. 健康的な食事

食事する女性

image via shutterstock

40歳になったとき、メッシングは砂糖が入っているもの、コーヒー、アルコール、揚げ物、グルテン、乳製品をやめたと言います。そして、これが大きな違いを生んだとか。

「気分がずっとよくなりました」とメッシングは『インサイダー』誌に語りました。「こんなにエネルギーにあふれたことはなかったし、肌も髪も今までにないくらいきれいになりました。そして、体も前よりもずっと早く回復する気がします。健康的なものを選ぶことと、見た目と気分がよくなることには相関があるんです」とその変化を説明します。

グルテンと乳製品はどちらも、食物繊維、タンパク質やカルシウムなどの重要な栄養素を含んでいるため、このふたつをやめるのは、全員におすすめできるものではありません。でも、メッシングは、この食事にすることで、驚きの効果があったと言います。

「私は女優なので、外見についても、応えなくてはいけない期待のようなものがあるのです」とメッシングは『インサイダー』誌に語りました。「ジムに熱心なタイプではないし、私はシングルマザーです。だから、食事をこのように変えて効果があるなら、それは賢い選択だと思ったのです」(もしあなたも、食事を変えたいのなら医師や栄養士にまず相談してみましょう)

02. 肌のお手入れをして、笑う

笑顔の女性

image via shutterstock

メッシングは、仕事でメイクをたくさんしていますが、これが毛穴をつまらせがちなので、スキンケアはとても大事だと明かします。

でも、メッシングは最近ウェブメディア『InStyle』のインタビューで、肌がとても敏感になるので、使うものにはとてもこだわっていると話しました。彼女が使うのは、「iSClinical」「Amore Pacific」「Joanna Vargas」などのブランドのクレンザー、ビタミンC美容液、シートマスクなどだそう。

また、メッシングは笑顔を若々しく保つために、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使っていると言います。最近パートナー契約を結んだメーカー「Colgate」の歯磨き粉、Optic Whiteを長年愛用していると言います。

さらに、自分のごほうびには、愛用しているスキンケアライン「Joanna Vargas」を作ったジョアンナ・ヴァーガス本人からフェイシャルエステを受けていると言います。いつでもレッドカーペットを歩けるような明るい顔色は、彼女のゴッドハンドのおかげだと言います。

03. 睡眠を優先する

寝る女性

image via shutterstock

メッシングは、ゆっくりリラックスする時間も大切にしています。「いつもハードに働いています。たとえばドラマシリーズの『Mysteries of Laura』に出演していたときは、毎日12時間も働いていたのです。そして、仕事が終わって家に帰ったらシングルマザーとして母親業をして、また次の日のセリフを覚えなくてはいけなかったのです。だから、健康であることとは、きちんと睡眠をとることなのです」とInStyleに語りました。

米国睡眠学会によると、睡眠時間の目標は1日9時間だそうです。そうすることで、免疫システムを正常に保ち、不安を減らし、健康的な体重をキープし、エネルギーレベルを上げることができます。

セレブ達の若さを保つ秘訣は?

角質ケア&保湿のルーティンが人気。セレブが美を保つ秘訣とは?

20年も変わらぬ美しさをキープできているセレブ達。彼女たちのスキンケアやフィットネスの習慣を探ってみました。

https://www.mylohas.net/2018/10/176960celeb.html

どこでもできるバーピーで新陳代謝UP! ナオミ・ワッツが20歳も若く見える秘密

信じられないかもしれませんが、ナオミ・ワッツは50歳。実年齢よりも何十歳も若く見える、彼女の秘密を探ります。

https://www.mylohas.net/2018/10/177674naomi.html

Leah Groth/Debra Messing Makes 50 Look Like 30 With These 3 Healthy Habits
訳/Noriko Yanagisawa

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    3. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    8. お互いに縛りあっていない? 共依存の闇から抜け出すためには

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    7. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって