1. Home
  2. BODY
  3. 年齢のせいだけではない。肩が痛む7つの原因

年齢のせいだけではない。肩が痛む7つの原因

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,651

MYLOHAS編集部

ストレッチする女性

重ねたお皿を食器棚のいちばん上に置いたり、ボールを遠くに投げようとしたり。いろいろな場面で動かしているのが肩の関節

でも、膝やくるぶし、肘などと比べて、はるかに広範囲に動くので、痛みやケガも多くなりがち。「肩の痛みのために理学療法士のお世話になる人は本当に多いのです」と、ニューヨーク大学ランゴーン医療センター「ラスク・リハビリテーション医学研究所」の臨床専門家で理学療法博士のロバート・カウフマンさん。

首と肩の痛みの原因は?

shutterstock_1173604213

image via shutterstock

肩の痛みは必ずしもケガによるものとは限りません。同じ動作を繰り返すことで次第に痛みが強くなったり、胆のうの病気など、肩とはまったく関係のない原因により痛んだり。

次から、肩の痛みを引き起こす原因のなかでも特に多い7つの原因とその対処法をご紹介します。

  1. 重すぎるものを持ち上げたとき
  2. 筋肉のアンバランス
  3. 滑液包炎(かつえきほうえん)
  4. 正常な磨耗や断裂
  5. 肩関節不安定症
  6. インピンジメント症候群
  7. 五十肩(肩関節周囲炎)

1.重すぎるものを持ち上げたとき

荷物を持つ女性

image via shutterstock

よくあるのが、重たいスーツケースなどのような重すぎるものを持ち上げたときです「肩に力がかかりすぎて、肩が痛むというのは、単純ですがよくあることなのです」とカウフマンさん。

肩に力がかかりすぎたときに負担がかかるのが、肩の周囲の筋肉である「回旋筋腱板」と呼ばれるところ。「肩の問題でいちばん多いのが、回旋筋腱板に関係したものです」と、ジョンズ・ホプキンス病院整形外科の准教授、ミホ・タナカさん(女性のスポーツ医学プログラムディレクター)。

回旋筋腱板は、腕と肩との間をつなぐ筋肉の束。腕を上げるときなどに使いますが、炎症が起きたり、傷ついたりすることがあるのです。

筋肉のアンバランス

ベンチプレス

image via shutterstock

肩を強くするときには、筋肉がアンバランスにならないようにするのが大切なのです。関節がやわらかくなるように、必ずさまざまなタイプの運動をします」とタナカさん。

「ベンチプレス(主に上腕三頭筋や三角筋前部を鍛える)やバイセップカール(上腕二頭筋を鍛える)ばかりやって、ロウイングマシーン(僧帽筋や背筋)や肩の伸展運動をしないと、アンバランスなトレーニングになってしまいます」(カウフマンさん)

3.滑液包炎(かつえきほうえん)

肩関節

image via shutterstock

関節には、摩擦を減らしてくれる「滑液包」と呼ばれる液体の入った袋があります。

関節を使いすぎると、滑液包に炎症が起きて、滑液包の液体が増えてふくらんでしまうことがあります。「関節に過度な力がかかったり、関節が硬くなったりすると、関節の動きが悪くなります。すると滑液包を刺激してしまうことになるのです」と、カウフマンさん。

4.正常な磨耗や断裂

肩を抑える女性

image via shutterstock

回旋筋腱板が、年齢とともに薄くなって、すり切れてきます。このときに回旋筋腱板に炎症が起こって、肩の前や側面に痛みが出てくるのです」と、タナカさん。

このほか、年齢とともに起こりやすい関節炎でいちばん多いタイプである「骨関節炎」も問題になります。たいていは手や膝、腰、脊椎に起こりやすいのですが、肩にも発生するのです。肩の背面の深いところが痛くなってきます。症状が進んでくると、肩がこわばってきて、そちらの方が問題になってくることもあります。

タナカさんによると、手を使った単純作業をしている人や長くスポーツをしていた人で起こりやすいそう。

関節が繰り返し使われることで、骨の端のクッションになっている軟骨組織が劣化するのです。普通は30代から始まるようです。

肩の痛みをやわらげる方法3つ

薬

市販の鎮痛薬:市販の鎮痛薬と、肩を安静にして冷やすことは、炎症と痛みをやわらげてくれます。

ストレッチする女性

柔軟性トレーニング:肩のストレッチを頻繁に行うと、関節は動きやすくなります。


トレーニングする女性

強化運動:前面や側面など、肩のいろいろな方向に動かして鍛えます。すると筋肉のアンバランスを防ぐ効果があります。

5.肩関節不安定症

脱臼

image via shutterstock

肩関節を脱臼してしまうことはあるのですが、強い力がかからなくても肩がはずれることがあるのです。「関節がゆるんでいて、はずれやすい人もいます」と、カウフマンさん。「肩関節不安定症」と呼ばれています。

肩のほかの問題と同じく、改善するにはトレーニングに取り組むことになります。カウフマンさんによると、この場合は、特に肩を安定させるトレーニングを行います。

一例としては、ゴム製のバンドを使う方法があります。バンドを握って、腕と肩を一定の位置(肩の関節が不安定に感じられる位置の辺り)に保ち、誰かにバンドをさまざまな方向に軽く引っ張ってもらって、その動きに抵抗するというものです。

「関節がはずれてしまわないように、肩を回転させることになるのです」とカウフマンさん。

6.インピンジメント症候群

水泳する女性

インピンジメント

インピンジメント症候群(「水泳肩」や「投球障害肩」とも呼ばれます)は、滑液包炎や腱炎と密接に関連しています。「肩峰(けんぽう)」と呼ばれる、肩の上の部分で痛みが出てくるのです。

「さまざまな症状をまとめてこう呼んでいますが、どのようにして起こるのかはわかっていません」と、テネシー理学療法協会のチャタヌーガ地区長を務める認定整形理学療法士のザッカリー・リソーンさんは説明します。

7.五十肩(肩関節周囲炎)

肩のストレッチ

image via shutterstock

「五十肩(肩関節周囲炎)」になると、肩の周りがこわばって、うまく動かせなくなります。「凍結肩」や「癒着性関節包炎」と呼ばれることもあります。五十肩は関節炎とは関係がありません。「固まりつつある(凍結しつつある)状態」「固まった(凍結した)状態」「ゆるんだ(凍結が溶けた)状態」の3段階があり、痛みがひどいのはたいてい最初のふたつの段階となります。

「かなりの痛みに始まって、ひどくこわばった状態に進行します」と、カウフマンさん。これといった原因はありませんが、なりやすいのは40歳以上の人、これまで肩に問題がなかった人、そして糖尿病、心臓病、甲状腺の病気がある人です。

カウフマンさんによると、どこが損傷しているかによって治療法が異なり、治るまでに長くかかります。「残念ながら、よくなったと感じられるまでに診断から少なくとも1年かかる人が多いのです」。

肩の痛みなのに肩のせいではない場合もある?

胸を抑える女性

image via shutterstock

神経系の異常がある場合に、肩の痛みが出てくることもあります。神経をつたって、ほかの場所の痛みとしてあらわれるのです。

典型的な例としては、心臓発作の最初のサインが、歯やあごの痛みとなってあらわれる場合です。「胆のうの病気と頸椎のヘルニアが、どちらも背中の上部、肩の近くに痛みをもたらすことがある」とタナカさんは説明します。

このタイプの痛みがある場合は、肩を動かして悪化することがありません。どちらかというと、休んでいるときも痛みが消えないのが特徴で、痛みがしつこく感じられます。「あてはまると思った人は、すぐに医師の診断を」と、タナカさんはアドバイスします。

体に痛みを残さないために

腰に一番よい寝姿勢は? 腰や背中が痛いときオススメの寝方を専門家が指南

ゆっくり寝ているつもりが、朝にはなんだか体がガチガチ。それは姿勢が悪いせいかも?しっかり休むための正しい寝方とNGの寝方をご紹介。

https://www.mylohas.net/2018/09/175553sleep.html

すぐに効果が! 理学療法士おすすめの、股関節の痛みを和らげるストレッチ5つ

股関節の痛みを緩和するには、その原因を知る必要があります。お腹と太ももの間にある内転筋群には、脚を柔軟に動かすための5つの筋肉、恥骨筋、薄筋、大内転...

https://www.mylohas.net/2018/10/176692stretches.html

Anthony Rivas/9 Causes of Shoulder Pain That Have Nothing to Do With Getting Older
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由