1. Home
  2. BODY
  3. インフルエンザと風邪の一番大きな違いはなに? 予防と対策5つ

インフルエンザと風邪の一番大きな違いはなに? 予防と対策5つ

11,242

風邪をひいた女性

風邪インフルエンザに注意したいシーズン到来。予防法から撃退法までマスターして、元気に乗り切りましょう!

インフルエンザと風邪を見分ける方法

鼻をかむ女性

風邪とインフルエンザの一番大きな違いって? スピーディに治療できるよう、風邪とインフルエンザそれぞれの症状や見分け方をご紹介します。

インフルエンザの症状とは? 風邪と見分ける方法

ひく前に風邪を防ぐ、9つの方法

ベッドで眠る女性

風邪を予防し、期間を縮めるたくさんの方法があります。でも、どれも簡単なものばかり。全シーズン使える方法なので、風邪を寄せつけない体作りや生活習慣の参考にしてみてください。

全シーズン共通! ひく前に風邪を防ぐ、9つの方法

風邪をひきやすくなる行動・条件10パターン

うつむきがちで座る女性

風邪をひきやすくする状況や行動のなかには、気をつければ避けられるものもあります。10パターンの行動や状況を要チェック! つい、顔をさわっていませんか?

風邪をひきやすくなる行動・条件10パターン

今日からできる、免疫力を高める6つの健康習慣

マグカップを持つ女性

免疫力は20代をピークに年々衰えていき、40代になるとピークの約半分まで低下する」そうです。風邪予防だけでなく、病気予防やストレス耐性とも関係のある「免疫力」。鍛えて損はありません。

ウイルスや病気に負けないカラダ作り。免疫力を高める6つの健康習慣

風邪を撃退してくれる簡単な方法26

レモン、オレンジ、しょうが、ハーブ類

もし、すでに風邪を引いてしまっている状態だったら。不快な症状から少しでも早く回復できるように、この記事にある方法を試してみましょう。どれも簡単なものばかりです。

カゼをひいたら思い出して。カゼを撃退してくれる簡単な方法26

文/寺田佳織(マイロハス編集部)、image via shutterstock

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. レディー・ガガのすっぴんを支える、ビタミンCに秘められたパワー

    2. 【お悩み】セックスをする気が起きず、性欲がなくなってしまったかも......

    3. たった20秒でOK。脳をしっかり休ませたいときに取り入れたい動作

    4. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    5. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    6. 夜の営みにプラス効果!? 精のつく身近な食べ物10

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    10. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン