1. Home
  2. BODY
  3. おならが止まらない原因って?9つの原因と解消法

おならが止まらない原因って?9つの原因と解消法

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

155,527

MYLOHAS編集部

風船を膨らます女性

うかつにも人前でオナラをしたことってありますか? あったとしても大丈夫。あなただけではないはず。ゲップやオナラをがまんするのは、誰にとっても大変ですから。みんな平均して1日に0.5~1.5リットル、回数にして14回ほどはガスを出しているものなのです。

オナラの多くは実際にはくさくありませんし、消化とも関係ありません。にもかかわらず、オナラやゲップはにおうという、思い込みがあるのです。ヨガのレッスン中とかセックスの最中とか、そんなときに誰もオナラなんてしたくありません。でも、おなかにガスがたまって不快な思いをするのは突然で、がまんするのも難しく、コレといった原因もわからないものです。

お尻を抑える女性

image via shutterstock

おなかにガスがたまるオドロキの原因については、自分でコントロールできることがいくつかあります。ゲップやオナラの半分は「空気嚥下」。つまり空気を飲み込んでいることが原因なのです。膨満感がある状態とはまったく別モノになります。

「膨満感があるときは、おなかにガスがたまっているように感じますが、医学的にみると、本当におなかに余計なガスがたまっているのではありません。あくまで“おなかが膨らんでいるような感覚”があるだけです」と、医師のパトリシア・レイモンドさん(アメリカ消化器内視鏡学会フェロー、イースタン・バージニア・メディカル スクールの臨床内科学助教授、バージニア州ノーフォークにあるガストロインテスティナル コンサルタンツの医師、アメリカ消化器学学会広報委員会のメンバー)。

鼻をつまむ女性

image via shutterstock

「食べた物は、うまく吸収されなかったときに大腸へ行きます。そこで細菌によってイヤなにおいのガスが出てしまいます」(レイモンドさん)。一方で、においがない大量のガスも、大きな音と一緒にオナラやゲップとして出てきますが、空気を飲み込みすぎたことが原因かもしれません。「消化管はガスを吸収しないので、胃の中に空気をたくさん飲んだときには、上に戻るか、下から出てくるかしかないのです」(レイモンドさん)。

ここではガスがたまりやすくなる9つの意外な原因と、それらの解消法について説明します。

  1. チューインガム
  2. ストローを使う
  3. 喫煙
  4. ビンから物を飲む
  5. 早食い
  6. 食物繊維を一度にたくさんとりすぎる
  7. 食物に過敏反応がある
  8. 人工甘味料の入った物を食べる

1.薬

薬

薬を飲むと、多くの場合は口の中が乾燥し、空気を吸い込みやすくなります。使っている薬には、口のかわきにつながる副作用があるのかを調べましょう。もしもガスがたまってつらいようなら、副作用が少ない薬への変更を検討します」(レイモンドさん)。

2.チューインガム

ガムを噛む女性

チューインガムをかむと、通常より多くの空気を吸い込むことになり、ゲップやオナラのもとになります」(レイモンドさん)。

イライラしているときやストレスがたまっているときにガムをかむと、手軽に気をまぎらわせられますが、そのせいで一日中ゲップやオナラをしていたくはないはず。甘いチューインガムは、歯にとってもいいことはありません。

3.ストローを使う

ストロー

ストローを使って物を飲むことは、風船を膨らませるのを逆にするようなもの。ストローで飲み物を吸い込むと、空気も吸い込むことになり、まさにおなかにガスがたまる状況を作り出しているのです。ストローはリサイクルできませんし、ごみ処理場に行くばかり。グラスから直接飲むといいでしょう。

4.喫煙

タバコを吸う人

ストローを使うことに似て、タバコを吸うときにも空気を吸い込みます。「電子タバコにすれば、昔ながらのタバコと違っておなかにガスがたまらない」などと安心はできません。どちらにしても、喫煙は健康にとって何もいいことはありません。

アメリカ医師会の心臓学ジャーナルに載った最新の研究を始め、増え続ける研究報告によると、電子タバコであっても循環器疾患のリスクを上げることが示されています。

5.ビンから物を飲む

ジュースを飲む女性

ビンから飲むか、グラスやカップから飲むかによってゲップが出やすいかもかわってきます」とレイモンドさん。おなかにたまるガスをできるだけ少なくしたいなら、ビンからグラスに注ぎかえて飲みましょう。

6.早食い

パンを食べる女性

食べ物を急いで食べると、空気も大量に飲み込んでいる可能性があるのです。早食いすると、体重も増えますし、胃酸も逆流しやすくなります。食べることに集中して、一口食べたら20~40回は噛みます(最近の研究によると、運転中に物を食べることは、運転中に携帯でメッセージを送るのと同じくらい危険と分かっています)。

『イーティング ビヘイヴィア』に掲載された研究によると、食事に集中して満腹を感じられるようになると、体重が減るなど健康にもメリットがあるようです。

7.食物繊維を一度にたくさんとりすぎる

ブロッコリー

「野菜をたくさん食べるのは悪くないのですが、食物線維の多い食べ物を一度にたくさんとると、ガスがたまる元になるのです。カリフラワー、ブロッコリー、緑の葉物野菜といった食べ物をとると、膨満感やおなかの痛みの原因になる可能性もあります」と、ニューヨーク大学ランゴン校消化器科のリタ・ノットさん。

ノットさんは、膨満感を避けるために、1回の食事に適量の食物繊維を食べるようにして、水をたくさん飲むようにすすめています。「少しずつ始めて、何が膨満感につながるのかを把握します。自分のカラダがどのように感じるかは自分が一番よくわかるはず」(ノットさん)。

8.食物に過敏反応がある

食事をとる人たち

乳製品やグルテンに過敏反応を示す人なら、少量の乳糖やグルテンが入っている物を食べて、胃腸がつらくなった経験があるでしょう。グルテンはしょうゆ、ソーセージ、サラダドレッシングなど多くの食べ物のなかにひそんでいます。

「“食物アレルギー”と“食物への過敏反応”は違うと認識することが重要です。過敏反応の場合は、対象となる物を食べても重大な反応にはつながりません。不快さを感じるだけです」(ノットさん)。

研究によると、特定の炭水化物は消化されにくく、膨満感や腹部の不快感の原因となることがわかっています。発酵しやすい糖質で、いわゆる「FODMAP(フォドマップ)」として知られているものです。

発酵性のオリゴ糖、2糖類、単糖類、そしてポリオールが当てはまります。豆、リンゴ、カリフラワー、キノコなどです。おなかの不快感を避けるため、多くの栄養士や医師が低FODMAP食をすすめています

9.人工甘味料の入った物を食べる

キャンディー

キャンディー、清涼飲料水、ジャム、ゼリー、クッキーなど、人工甘味料(ソルビトール、アセスルファムカリウム、アステルパームなど)を含む食べ物も、おなかにガスがたまる原因になります。

「果糖がたくさん入ったコーンシロップをとることも、ガスがたまったり、下痢をしたりする原因になります。過敏性腸症候群の患者には、それらの食べ物を避けるようにアドバイスしています」(ノットさん)。

どうしても甘いものがほしくなったら、ニセモノはやめるのが賢明。研究によると、人工甘味料を取るのは逆効果で、むしろ砂糖がほしくなる可能性があるのです。

おなかは毎日スッキリしたい

「便秘でぽっこりお腹」をすっきりに導く、3つの習慣と3つの栄養素

「便秘でぽっこりお腹」をスッキリさせるポイントは? 自然なお通じに導く3つの生活習慣と3つの栄養素をご紹介。

https://www.mylohas.net/2018/08/173298diet_constipation.html

便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

便は健康のバロメーターといわれます。便秘に悩んでも、放っておいていませんか? 便秘を解消する方法をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/10/176943constipation.html

Elizabeth Marglin/9 Surprising Reasons You’re So Gassy
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    7. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    8. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    9. 寝ている間に、やせやすい体へ導くバスオイルのコフレ【プレゼント】

    10. 爪がもろいとおしゃれも半減! 健康的な爪をつくる15の基本

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由