1. Home
  2. MIND
  3. 我慢しなくていい…。泣きたいときに泣いた方がいい理由

我慢しなくていい…。泣きたいときに泣いた方がいい理由

運命を変えるマインド革命

11,120

斎藤芳乃

0shutterstock_143396956

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。人生が劇的に変わるとき、私が主催しているマリアージュスクールの受講生様たちが必ず通るプロセスがあります。

それが、「号泣する」こと。特に、人生でぎゅっと抑えつけられている感じがしていて、なんだか生きづらい、努力しても努力しても幸せになれないし現実が変わらない……。

そんなふうに、「頑張っても変わらない」と感じていらっしゃる方ほど、「心が麻痺」していることが多いんですね。今回は、「泣く」ことでのストレス解消効果についてお伝えさせていただきますね。

1.泣けない時、心の中で何が起きている?ストレスの根源は?

00shutterstock_109290710

泣けないときほど、「感じる」ということが分からないくらい、自分を抑えてしまっている。

頭で考えていいと思うことをしても、それは潜在意識が納得していないことだから、どんなに頑張ってもすべての努力がすり抜けてしまう……。そんな状態になってしまっているのです。

「私は本当は、苦しいことを感じないようにしているのかもしれない」と思ってあげてください。

あらゆる感情を抑えなければ、生きてこられなかったのかもしれない。頭で考えて自分をぎゅっと律して保たなければ、壊れてしまうくらい傷ついていたのかも知れない。

頑張っても頑張っても心にそれが響かない、自分を感じられない、それくらい、「あえて自分を押し込めて、自分を保とうとしているのかもしれない」。こんなふうに考えてほしいんですね。

2.泣けない理由はなに?抑圧した心を解放しよう

00shutterstock_637525471

泣けない、というのは、

泣いてしまったら自分が壊れてしまうかもしれない。
泣いてしまったら自分が保てなくなってしまうかもしれない。
明日、昨日と同じように頑張れないかもしれない。
明日、同じようにもう笑えなくなるかもしれない。

こんな恐怖があるからこそ、泣くのをあえて避けているのです。

避けて、心を感じないようにして、「ようやく心のバランスを保っている」んですね。けれど、そんな時ほど、実は、とても傷ついたあなたがいるのかもしれません。

本当は、苦しくて仕方なくて。
本当は誰かに愛してもらいたくて。
本当はもう頑張らなくていいよと許してもらいたくて。
そう願って頑張っている。

いたいけな自分がいるのかもしれません。そこに気づいてあげてください。もし、泣いてしまったとしても、決して自分が壊れてしまうことはないんですね。

泣いたらどうなるかというと、壊れるのとは反対に、「本当は頑張って生きていた自分」を、心から認められるようになるのです。

3.泣くことは、生きることへの許可である

0shutterstock_143396956

泣くと言うことは、さまざまな重荷を下ろし、同時に、重荷を背負ってきた自分の苦しみを解放してあげるということです。

重荷に気づくときは、きっとショックを感じることもあるかもしれません。

「無意識に」そんなふうに自分を痛めつけながら損をさせながら犠牲になりながら生きてきてしまったのですから……。でも、涙と共に、

ああ、こんなに苦しかったんだね。
ああ、こんなに辛かったんだね。
分かってあげられなくてごめんね。
もういいんだよ、もうそんな生き方しないでいい。
もうそんな何もかも背負うなんて。
もうやめてしまっていい。

そう自分に言ってあげることができたとき、嗚咽していても、苦しみを感じていたとしても、心は生まれて初めて自分を殺すことをやめて、

00shutterstock_1126189853

「世界にたったひとり、かけがえのない、生きている私」を感じることができます。こうして自分の心を解放し、涙をふいた後には、美しいあなたとして充分に自分の力を発揮しながら生きてみてくださいね。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

もっと自分らしく生きるヒント

怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。今回は、「怒りを持ったことで素晴...

https://www.mylohas.net/2018/10/177538.html

不幸になることから離れて、幸せになることを選択する方法

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。今回は、「無意識の選択」をし直し...

https://www.mylohas.net/2018/10/176955.html

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析