1. Home
  2. MIND
  3. 【今週のお悩み】仕事などで、初対面の人と会話が続かなくて困っています

【今週のお悩み】仕事などで、初対面の人と会話が続かなくて困っています

お助けコンシェルジュ「TETUYA」が人間関係の悩みを解決

3,082

20181025_tetuya

こんにちは。人間関係の悩みを解決するお助けコンシェルジュTETUYAです。今回の相談は、「仕事などで初めて会った人との会話が仕事の用件以外で続かないで困っています。どうしたらいいですか?」です。

仕事などで初めて会った人と会話する際、仕事以外の話が思いつかず、用件が済んだらハイ終了という感じで寂しい商談しかできない人多いですよね。

もちろん、仕事の話だけすればいいと考える人もいるでしょう。でも、ここは商談をより上手くいかせるためにも、また今後の人脈づくりのためにも、色んな話をして時分というパーソナルを少しずつでも相手に刷り込んでいくことが大事だと僕は思います。

このような悩みを抱えている人は、明らかに「雑談力」が足りないんですね。

味気ない雑談力

僕が嫌いなのが、「最近どうですか?」という質問。こんな人いませんか?この漠然とした質問投げかける人(笑)。

仕事?プライベート?どっちのこと聞いているの?とりあえずこの無責任に相手の会話を引き出そうとされるのは嫌いです。

あとは、「業績いいですね?」と忖度感満載な投げかけも気持ち悪くて嫌。僕から言わせると、これは雑談と言えません。

もっと仕事から離れた部分から相手の共感を刺激することが必要なんです。

事前のリサーチとオールマイティな共感ネタ

この相談を自分に置き換えて考えみると、初見で唐突に出しても使いやすいネタが「出身地」

20181025_tetuya

「○○さん、どちらの出身ですか?」というフリからその土地の知っている情報を出すことで共感ゾーンへもっていきます。

僕の場合は幸運にも、関西8年、47都道府県、ほぼ仕事で足を運んだこともあって薄く広い情報をもっているので、まずはそこから攻めていますね。

明らかに話し方が関西弁の場合は、「ラッキー」ですよね。すぐに「出身は関西ですか?」と畳みかけるんです。

仮に、行ったことがなくても47都道府県の旬な観光地、グルメネタなど、いろんな情報は仕入れることができますからね。「今度行ってみたい」というテイで大丈夫です。

あとは自分より相手のヒエラルキーが上の場合は、事前にSNSでその人のライフスタイル情報を入手して、「わたし、あなたのこと興味あって良く見ていますよ」感をワザと出します。

100%悪い気なんてしませんから(笑)。すぐに打ち解けられて話が広がっていきます。どちらにしても下準備は必要だということです。

聞き上手が全てでない

当たり前ですが、会話をする以上、「聞き役」と「話し手」の2役が存在します。

恋愛もビジネスにおいても会話を楽しく長続きさせるためには両方の役をバランスよくこなす必要がある。聞き上手がいい!なんて言う人もいますが、それは嘘(苦笑)。

全て聞き役に徹しても、話し手はいずれ飽きてしまいます。ある程度は自分の話したことへの意見は聞きたいはずです。

僕の場合は、基本「聞き役」と「話し手」の比率は5対5。多少、恋愛モードだったり、相手が話好きなタイプだったら、その比率は変わりますけど。

イラスト/古荘風穂

日常的に使える。実用的なコミュニケーション術

上司とのコミュニケーションを深めるにはどうしたらいい?【お助けコンシェルジュTETUYAが解決】

恋愛プランナーでありコミュニケーションの達人でもある「TETUYA」が、仕事、恋愛、家族、友人関係…あらゆるコミュニケーションの悩みを解決します!

https://www.mylohas.net/2018/10/concierge.html

「この日空いてる?」と予定を聞かれたときのスマートなかわし方

コミュニケーションの達人TETUYAさんの連載「コミュニケーションのネタ帳」。色気イコール外見だと思っていませんか?今回は、「この日空いてる?」と言...

https://www.mylohas.net/2018/09/175219.html

TETUYA

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 他人に優しくできないときの深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    2. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    3. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    10. 実年齢より老け顔になる、うっかりやりがちな習慣3つ

    1. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    2. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 精神科医に聞いた、「自分を批判された」ときの対処法

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. 93歳のエリザベス女王がハードな公務をこなせる理由

    8. 自己肯定感を上げるのに、一緒にいるとよい人ってどんな人?

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    8. あなたの体重が減らない5つの隠れた理由。栄養士が指摘します!

    9. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン

    10. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8