1. Home
  2. BODY
  3. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

3,484

卵

がんと診断された場合、そのがんがどのステージ(病期)なのかも、おそらく一緒に知らされます。

がんをいくつかのステージに分ける大きな目的は、がんの広がり具合を評価」して、今後の経緯を判断することです、とウィスコンシン州ミルウォーキーのアセンション・コロンビア・セント・メアリーズ病院の婦人科がん専門医、アリ・マーダビさん(産科婦人科クリニック特殊医療アセンション・メディカル・グループ医長)。

聴診器と注射器

image via shutterstock

つまり、がんがこの先どのように進行しそうか、どんな症状が出そうか、生存率はどの程度か、予想される合併症は何かといった問題を検討するための基本情報が「ステージ分類」。一般的には、がんが早期であるほど、先行きの経過がよくなります。

がんがどのステージにあるかで、治療法も決まります。例えば、ひとつの部分だけにある早期のがんなら、手術で取り除くか、放射線治療が使えますが、ほかの部分にも広がってしまった後期のがんは、化学療法が必要になるかもしれません。

がんのステージを決めるためにいちばん多く使われている方法:TNM

診断する医師

image via shutterstock

がんのステージを決めるための方法(病期分類システム)でもっとも広く使われているタイプは「TNM分類システム」。腫瘍(T)、リンパ節(N)、転移の程度(M)を文字と数字で表し、それぞれの評価から、がんのステージを全体的に判断します。

腫瘍

TNMのTは、腫瘍の大きさ、発生した器官からどれくらい成長しているか、ほかの組織まで広がっているかなど、腫瘍そのものの情報です。

  • TXは、腫瘍が測定できないという意味。
  • T0は、腫瘍が見つからないという意味。
  • Tisは、腫瘍が組織のいちばん上の層でしか成長していないという意味(これは普通、ステージ0または「上皮内がん」に当てはまります)
  • T1〜T14は、腫瘍の大きさと、近くの組織までどの程度広がっているかを示し、Tに続く数字が大きいほど、大きな腫瘍になります。

浸潤するがん

image via shutterstock

リンパ節

Nの部分は、がんがリンパ節まで広がっているかどうかを表します。

  • NXは、近くのリンパ節が評価できないという意味。
  • N0は、近くのリンパ節にがんがないという意味。
  • N1-N3は、近くのリンパ節にがんがある場合で、その大きさ、場所、数を表します。

転移

M(転移)は、がんが身体のほかの部分に広がっているかどうかを表します。

  • MXは、転移が測定できないという意味。
  • M0は、がんが広範囲には広がっていないという意味。
  • M1は、がんが遠くの器官や組織まで広がっているという意味。

がんのステージ0〜IV

ガンの触診

image via shutterstock

T、N、Mが決まると、医師はがんを0から4までのステージに分類します。分類方法はがんの種類によって少し違いがあり、ステージをさらにAとBに分類する場合もあります。次に各ステージを大まかに説明しましょう。

ステージ0

正直に言って、ステージ0はがんの最も初期の段階なのか、あるいは「前がん段階」なのかについては意見がわかれているのが現状です(そして、すべてのがんにステージ0があるわけではありません)。

でも、何を意味するかに関する議論を別にすれば、おおよそ次のように考えられます。

「前がん状態は虹の色の違いのように『わずかに異常な細胞』から『とても異常な状態』までさまざまな段階があります。すると、ステージ0はその違い中でいちばん端にある、最も異常な状態の前がんとなるのです」と、コロンビア大学アービング医療センターの婦人科がん専門医で産婦人科助教授のジューン・ホウさん。

リンパ

image via shutterstock

ステージ0は、ほとんどのがんで“上皮内がん(CIS)”と呼ばれます。「ステージ0は一般的に、表層、つまり最初の壁を越えていないがん細胞があるという意味です。例えば乳がんなら、DCIS(上皮内乳管がん)というものがあります。この場合、がんは乳管から普通の乳房組織にまでは拡大していません」と、ルイジアナ州に2つの医療施設があるポンチャートレインがんセンターの創設者で腫瘍専門医のデビッド・N・ウーバーさん。

しかし、“上皮内”でもやはり危険。「いずれは浸潤性になります。ですから、がんではないということではありません。単にまだ十分に発達していないだけです」(ウーバーさん)

ステージIとII

この段階では、がんはたいてい身体のひとつの部分だけにとどまっています。普通、ステージIは小さめ、ステージIIは大きめのがんです。

ステージIII

この段階は、がんがリンパ節にまで広がっているという意味です。

ステージIV

この段階は一般的に、がんが身体全体に大きく広がっているか、リンパ節を越えてほかの臓器などに転移した場合を意味します。

がんのステージ分類について、よくある3つの質問

質問を受ける医師

image via shutterstock

01. TNMは、がんのステージと一致するの?

重要な注意。TNM分類の組み合わせは、がんのステージとは必ずしも一致しません

「T3、N0、M0の大腸がんはステージIIになります。でも、別の種類のがんでは、T3、N0、M0でもステージIになることもあります」(ウーバーさん)

がんのステージ分類には、ほかの要素も影響します。例えば、がんの「グレード(悪性度)」は、がん細胞がどれくらい異常か(悪性か)の尺度。低グレード(low grade)のがんは正常な組織の細胞と同じように見え、増殖も遅いのですが、高グレード(high grade)のがんは急速に増殖します。また「細胞のタイプ(組織型)」も、治療法の選択に影響するため、がんのステージを判断する上で大切な要素となります。

02. がんのステージは経過とともに変わるの?

診断のときに決まったステージはその後も考慮されることがあります。最初にステージIIの乳がんと診断された場合、よくなった後に再発して骨まで広がっても、ステージIVの状態になりますが、“骨に再発したステージIIの乳がん”と呼ばれることがあるのです。

03. 例えば「ステージIIIのがん」と言えば、どのがんでも同じなの?

最終的に、さまざまな段階のあらゆるがんは、その後の経過も治療法もそれぞれ違うということを覚えておきましょう。ですから、同じステージIIIでも、がんの種類が違えば治療法も、その後の経過も同じとは限りません。

ホウさんによると、「友人や家族からがん治療の話を聞いていたり、身近な人が受けた治療を覚えていたりする患者も多くいます。私は、すべてのがんが同じように対応するわけではないと理解してもらうようにしています。それに、がんの種類によって、治療法の進歩状況も違うのです」

ですから、診断について必ず主治医とよく話し合い、それがどういうことで、どういう治療につながるのか、きちんと理解しておくことが大切です。

ガンをもっと知るには?

ハリウッドのセレブママ、クリス・ジェンナーが「乳ガン検査」について投稿

クリス・ジェンナーは、ハリウッドで最も有名な母親のひとりであり、女性の健康についての啓蒙をしてているお手本でもあります。このセレブママが、インスタグ...

https://www.mylohas.net/2018/09/174543breast-cancer-screening.html

若年性乳がん、どんな人がなりやすい?

20代、30代の若い世代の乳がんのことを報道などで耳にすることが増えました。「どんな人が注意すべき?」「どんな検査でわかるの?」「授乳中は気づきにく...

https://www.mylohas.net/2018/09/strategy31.html

Jane Bianchi/This Is Exactly What the 4 Stages of Cancer Really Mean
訳/STELLA MEDIX Ltd.

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    2. 【お悩み】マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?

    3. 医師に聞く、性欲のメカニズムとは? よい人間関係とセックスは関係ない

    4. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    5. 将来病気になりにくい人は、腕立て伏せを何回できる?

    6. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由

    7. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは