1. Home
  2. STYLE
  3. パリに2万羽の折り鶴。乳がん検査の大切さを知らせるピンク色

パリに2万羽の折り鶴。乳がん検査の大切さを知らせるピンク色

1909年マリー・キュリーによって創設されたフランス、パリのキュリー研究所は、がん遺伝子や癌治療の研究に力を入れる機関です。

乳がんに関する啓蒙を目的とした国際キャンペーン「ピンク・オクトーバー」のために、今年、キュリー研究所が企画したのは、「万羽鶴」。

キュリー研究所の「万羽鶴」

©Jérôme Brebion / Institut Curie

乳がんの遺伝リスクを広く知らしめるキャンペーン

同研究所によれば、乳がんのうち約5%は、遺伝によるものと考えられています。癌リスクを高める恐れのある遺伝子のうち、3つBRCA1、BRCA2、PALB2はすでに特定されましたが、それ以外にもまだ特定されていない遺伝子があると考えられています。

具体的に言えば、キュリー研究所が見積もる遺伝子的にがんリスクの高いフランス人の数は、12万人。この数字を見れば、早い時期での遺伝子検査と、それによる適切な定期的チェックの重要さがわかります。

ピンク・オクトーバーで、これらの知識を正しく広めるキャンペーンを行うにあたり、キュリー研究所が選んだのが、日本の祈りと長寿のシンボル=折り鶴というわけです。

ピンクと白の鶴に埋もれるキュリー研究所

キュリー研究所の2万羽の折り鶴

©Jérôme Brebion / Institut Curie

10月を前に、ハイリスク患者や経験者はピンクの鶴を、家族や友人にがん患者がいたり、キャンペーンをサポートしたい人は白い鶴を同研究所に送るよう呼び掛けた4か月間。

その結果、なんと目標の「万羽鶴」の2倍、2万羽の折り鶴が集まったというのですから驚きです。集まった鶴は、大小のモービルに変身し、今月いっぱいキュリー研究所とその附属病院2か所を彩っています。

日本の伝統文化が、こういったポジティブな運動に採用されるのを見るのは、やはり嬉しいものです。

折り紙ブームの到来からすでに久しいフランスとはいえ、折り鶴は、フランス人にとっては難度の高い折り方。それにもかかわらず、これだけの折り鶴が集まったことは感動的ですらあります。

これを機会に、日本でも遺伝による乳がんハイリスクへの関心が増えれば、嬉しいことです。

がんのリスクが気になる方は

がんになりやすくなる8つの要素と、自分でできる改善策

アメリカ人の死因として2番目に多いのが、がん。ライフスタイルを変えたり、最新の情報を活用すれば健康を守ることができるかもしれません。

https://www.mylohas.net/2018/10/177754cancer.html?test201808

若年性乳がん、どんな人がなりやすい?

20代、30代の若い世代の乳がんのことを報道などで耳にすることが増えました。「どんな人が注意すべき?」「どんな検査でわかるの?」「授乳中は気づきにく...

https://www.mylohas.net/2018/09/strategy31.html

Institut Curie +

冠ゆき

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. トレーニングでお腹の脂肪は減る? 減らない? 部分やせの謎

    2. 心理学を活用。ネガティブな感情を分析すると、自己肯定感が上がるワケ

    3. 医師に聞く、脂肪や糖の吸収をカットできる3つの食品

    4. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 糖質&カロリーを抑えたナイスなアイス「ナイスクリーム」の作り方

    7. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    8. むくみ解消にお役立ち! カリウムをバナナよりも多く含む食品

    9. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    10. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    1. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 他人に優しくできない人の深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    10. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    8. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    9. あなたの体重が減らない5つの隠れた理由。栄養士が指摘します!

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン