1. Home
  2. STYLE
  3. パリに2万羽の折り鶴。乳がん検査の大切さを知らせるピンク色

パリに2万羽の折り鶴。乳がん検査の大切さを知らせるピンク色

冠ゆき

1909年マリー・キュリーによって創設されたフランス、パリのキュリー研究所は、がん遺伝子や癌治療の研究に力を入れる機関です。

乳がんに関する啓蒙を目的とした国際キャンペーン「ピンク・オクトーバー」のために、今年、キュリー研究所が企画したのは、「万羽鶴」。

キュリー研究所の「万羽鶴」

©Jérôme Brebion / Institut Curie

乳がんの遺伝リスクを広く知らしめるキャンペーン

同研究所によれば、乳がんのうち約5%は、遺伝によるものと考えられています。癌リスクを高める恐れのある遺伝子のうち、3つBRCA1、BRCA2、PALB2はすでに特定されましたが、それ以外にもまだ特定されていない遺伝子があると考えられています。

具体的に言えば、キュリー研究所が見積もる遺伝子的にがんリスクの高いフランス人の数は、12万人。この数字を見れば、早い時期での遺伝子検査と、それによる適切な定期的チェックの重要さがわかります。

ピンク・オクトーバーで、これらの知識を正しく広めるキャンペーンを行うにあたり、キュリー研究所が選んだのが、日本の祈りと長寿のシンボル=折り鶴というわけです。

ピンクと白の鶴に埋もれるキュリー研究所

キュリー研究所の2万羽の折り鶴

©Jérôme Brebion / Institut Curie

10月を前に、ハイリスク患者や経験者はピンクの鶴を、家族や友人にがん患者がいたり、キャンペーンをサポートしたい人は白い鶴を同研究所に送るよう呼び掛けた4か月間。

その結果、なんと目標の「万羽鶴」の2倍、2万羽の折り鶴が集まったというのですから驚きです。集まった鶴は、大小のモービルに変身し、今月いっぱいキュリー研究所とその附属病院2か所を彩っています。

日本の伝統文化が、こういったポジティブな運動に採用されるのを見るのは、やはり嬉しいものです。

折り紙ブームの到来からすでに久しいフランスとはいえ、折り鶴は、フランス人にとっては難度の高い折り方。それにもかかわらず、これだけの折り鶴が集まったことは感動的ですらあります。

これを機会に、日本でも遺伝による乳がんハイリスクへの関心が増えれば、嬉しいことです。

がんのリスクが気になる方は

がんになりやすくなる8つの要素と、自分でできる改善策

アメリカ人の死因として2番目に多いのが、がん。ライフスタイルを変えたり、最新の情報を活用すれば健康を守ることができるかもしれません。

https://www.mylohas.net/2018/10/177754cancer.html?test201808

若年性乳がん、どんな人がなりやすい?

20代、30代の若い世代の乳がんのことを報道などで耳にすることが増えました。「どんな人が注意すべき?」「どんな検査でわかるの?」「授乳中は気づきにく...

https://www.mylohas.net/2018/09/strategy31.html

Institut Curie +

    Ranking

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    3. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    4. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    5. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    6. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    7. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    3. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    4. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    7. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    10. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    5. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら