1. Home
  2. STYLE
  3. パリに2万羽の折り鶴。乳がん検査の大切さを知らせるピンク色

パリに2万羽の折り鶴。乳がん検査の大切さを知らせるピンク色

冠ゆき

1909年マリー・キュリーによって創設されたフランス、パリのキュリー研究所は、がん遺伝子や癌治療の研究に力を入れる機関です。

乳がんに関する啓蒙を目的とした国際キャンペーン「ピンク・オクトーバー」のために、今年、キュリー研究所が企画したのは、「万羽鶴」。

キュリー研究所の「万羽鶴」

©Jérôme Brebion / Institut Curie

乳がんの遺伝リスクを広く知らしめるキャンペーン

同研究所によれば、乳がんのうち約5%は、遺伝によるものと考えられています。癌リスクを高める恐れのある遺伝子のうち、3つBRCA1、BRCA2、PALB2はすでに特定されましたが、それ以外にもまだ特定されていない遺伝子があると考えられています。

具体的に言えば、キュリー研究所が見積もる遺伝子的にがんリスクの高いフランス人の数は、12万人。この数字を見れば、早い時期での遺伝子検査と、それによる適切な定期的チェックの重要さがわかります。

ピンク・オクトーバーで、これらの知識を正しく広めるキャンペーンを行うにあたり、キュリー研究所が選んだのが、日本の祈りと長寿のシンボル=折り鶴というわけです。

ピンクと白の鶴に埋もれるキュリー研究所

キュリー研究所の2万羽の折り鶴

©Jérôme Brebion / Institut Curie

10月を前に、ハイリスク患者や経験者はピンクの鶴を、家族や友人にがん患者がいたり、キャンペーンをサポートしたい人は白い鶴を同研究所に送るよう呼び掛けた4か月間。

その結果、なんと目標の「万羽鶴」の2倍、2万羽の折り鶴が集まったというのですから驚きです。集まった鶴は、大小のモービルに変身し、今月いっぱいキュリー研究所とその附属病院2か所を彩っています。

日本の伝統文化が、こういったポジティブな運動に採用されるのを見るのは、やはり嬉しいものです。

折り紙ブームの到来からすでに久しいフランスとはいえ、折り鶴は、フランス人にとっては難度の高い折り方。それにもかかわらず、これだけの折り鶴が集まったことは感動的ですらあります。

これを機会に、日本でも遺伝による乳がんハイリスクへの関心が増えれば、嬉しいことです。

がんのリスクが気になる方は

がんになりやすくなる8つの要素と、自分でできる改善策

アメリカ人の死因として2番目に多いのが、がん。ライフスタイルを変えたり、最新の情報を活用すれば健康を守ることができるかもしれません。

https://www.mylohas.net/2018/10/177754cancer.html?test201808

若年性乳がん、どんな人がなりやすい?

20代、30代の若い世代の乳がんのことを報道などで耳にすることが増えました。「どんな人が注意すべき?」「どんな検査でわかるの?」「授乳中は気づきにく...

https://www.mylohas.net/2018/09/strategy31.html

Institut Curie +

    specialbunner

    Ranking

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. 「感じのいい人」と「感じの悪い人」の違いは脳の使い方にあった!

    4. 【クイズ】頭痛を早く治すには?

    5. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    6. ダイエット中の人に言ってはいけない! 7つの禁句とOKワードは?

    7. 高栄養&腸内環境を整える「甘酒」の作り方。炊飯器で放置するだけ!

    8. ひどい肩こり解消エクササイズ「サイドプランク」

    9. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    10. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    5. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    6. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!