1. Home
  2. BODY
  3. どこでもできるバーピーで新陳代謝UP! ナオミ・ワッツが20歳も若く見える秘密

どこでもできるバーピーで新陳代謝UP! ナオミ・ワッツが20歳も若く見える秘密

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

6,064

MYLOHAS編集部

ナオミ・ワッツ

信じられないかもしれないけれど、ナオミ・ワッツは、50歳の誕生日を女友達にモロッコで祝われたばかりです。

彼女が、実年齢よりも何十歳も若く見えるために一体なにをしているのかと不思議に思っているなら、その秘密は尋常じゃないほどのスタミナかもしれません。

彼女は、9月21日のインスタグラムの投稿で、毎日信じられないくらいのバーピーをすることから一日を始めると明かしています。

「@courtney_deri の@theclass で、最高の気分。一日のスタートをバーピー100回ではじめる以上のものはないわ!」と書いて#failed(失敗)、#butfeltgoodanyway(それでもいい気分)とハッシュタグを添えました。

ワッツの言う「クラス」とはなんなのか、興味がある人へ。これは、トレーナーであるタリン・トーメイが開いている「The Class」と呼ばれるトレーニングクラスのことです。有酸素運動とヨガを一緒にしたこのクラスは、ジェニファー・アニストンやクリスティ・ターリントンなどのセレブにも人気で、熱心な参加者からは、体を鍛えるだけでなくマインドにも効果があると言われています。

ストレッチする女性

image via shutterstock

バーピーの話ですが、道具もいらないこの動きは、体全体を使い、新陳代謝を上げ、短い時間でどこでもできて最高です。やり方は、簡単に言うとこれだけ。

  1. 立った状態から
  2. しゃがんで
  3. プランクを行い
  4. 腕立て伏せをして
  5. しゃがんで
  6. ジャンプする

では、実際バーピーを何回やればよいのでしょうか。フィットネススタジオ「Virgin Active」の最近の調査によると、20代なら続けて20回、50代なら5回止まらずにできればOKとのことです。つまり、ナオミは年齢に比べてはるかに優秀ということ。

トレーニング後の女性

image via shutterstock

一方で彼女は、取り組むフィットネスの強度は高いけれど、フィットネスに対するスタンスは控えめにしていると『Harper’s Bazaar』誌で話しています。「なるべくワークアウトするようにしているけれど、フィットネス狂いというわけではない」とか。

「体全体の負担が背中にかかるので、ストレスがあると負荷が高いエクササイズはできません。だからヨガやピラティスのほうが私にはあっているみたい」とのこと。そして、瞑想やヨガはストレスを抑えて、気持ちをゆったりさせてくれるとも話しています。

食事に関しても極端なことはしていないそう。「なるべくヘルシーなものを食べるようにしているけれど、制限はしていません。甘いものを食べたかったら食べます。もともと野菜が好きで、緑の野菜を使ったジュースを朝ごはんによく作っています」「ケール、くるみ、ヨーグルトとパイナップルをミキサーに放りこむの」。

何をしているにせよ、彼女が実践していることに効果があることは間違いなさそう!

セレブのトレーニングを取り入れてシャープな体に

食生活や運動など、美の秘訣は案外シンプル。20年前から変わらないセレブたち

20年も変わらぬ美しさをキープできているセレブ達。彼女たちのスキンケアやフィットネスの習慣を探ってみました。

https://www.mylohas.net/2018/10/176862celeb.html

性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

52歳にして、25歳の体型を維持しているというハル・ベリー。彼女の若さの秘訣を紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/10/177395halle_berry.html

Leah Groth/Naomi Watts Makes 50 Look Like 30: Here's Exactly How She Does It
訳/Noriko Yanagisawa

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた