1. Home
  2. MIND
  3. LA出身のメーガン妃がイギリス訛りの英語に。その理由は「カメレオン効果」?

LA出身のメーガン妃がイギリス訛りの英語に。その理由は「カメレオン効果」?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,787

MYLOHAS編集部

メーガン妃

サセックス公爵夫人、メーガン・マークルの話し方が変わったのは「カメレオン効果」かもしれません。

ソーシャルメディアで注目を集めているメーガン妃ですが、話題となっているのは彼女のヘアスタイルやメイク、服装ではありません。いま多くの人が気にしているのは、彼女の話し方です。

声を出す女性

image via shutterstock

HBOが制作した、女王エリザベス2世のドキュメンタリー『Queen of the World』に映るメーガン妃の動画が、ネットで広まっています。ハリー王子の妻となった彼女は、ウェディングドレスについて話していますが、その話し方が少しイギリス訛りになっているというのです。

精巧に作られたウェディングガウンを挙式後初めて目にして、「まぁ、素敵。なんてすばらしいの。本当に美しい仕事をしてくれたわ」ともらすメーガン妃。

「この辺に確か......見ました? 中に青い生地が縫い込まれているの」とメーガン妃は話します。「私のサムシングブルーです。初めてのデートで着てたドレスの一部なの」

公爵夫人となったメーガン妃がイギリス英語を話している、と噂になったのは今回が初めてではありません。7月に公開された動画でも紹介されています。

ツイッターではいろいろな憶測が飛び交っています。発音指導を受けたのでは? と言う人もいれば、彼女は女優を職業としているんだからと言う人も。ガイ・リッチーと結婚していた頃に、イギリス英語を習得したと揶揄されたマドンナと比べる人もいるようです。

会話する男女

image via shutterstock

いずれにしても、そっとしておくのが懸命かも。彼女の発音の変化については、科学的に説明できるかもしれません

社会心理学雑誌『Journal of Personality and Social Psychology』の研究によると、私たちは意図せずに、常に周りにいる人を模倣しているんだとか。研究者は無意識に真似をしてしまうこの行動を「カメレオン効果」と呼んでいます。ほかの人の言葉の抑揚や体の動きを、自然と真似してしまうんだそう。ほかにも、「真似をされた」人は、真似をした人に対してより好意を持つ、ということもわかっています。つまり、真似することが最も誠実なお世辞にある、と言えるのです。

なので皆さんあまり騒がずに! アメリカ生まれのメーガン妃がイギリス英語を話すようになったとしても、それは24時間365日イギリス人に囲まれていれば自然なことなのです。

話し方は印象を変える

人間関係をもっとスムーズにするには? 相手の心に響く話し方のヒント

プロが伝授する「言葉の力」を身につける方法をご紹介。ノートを活用して、日常のコミニュケーションや人間関係をスムーズにする言葉のトレーニングをしましょ...

https://www.mylohas.net/2018/07/171634speak.html

「会話のクセ」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。無意識にしている「会話のクセ」を...

https://www.mylohas.net/2018/07/171372.html

Leah Groth/Meghan Markle's New Accent Could Have a Scientific Explanation
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析