1. Home
  2. MIND
  3. ふたりの関係に刺激をプラス! カップルに試してほしいこと<後編>

ふたりの関係に刺激をプラス! カップルに試してほしいこと<後編>

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

6,163

肩を組む男女

お気に入りのレストランで食事したり、近くのバーでカクテルを飲んだり、家から出たくないときはNetflixを見てリラックスしたり......。お決まりのデートプランは豊富にある、という方は多いと思います。でも、たまには普段と違ったことに挑戦してみると、ふたりの関係にいい刺激を与えられるかもしれません

「マンネリ化するのは簡単で、パートナーを当たり前の存在と感じてしまうようになります」と『Should I Stay or Should I Go?』の著者で、認可された臨床心理学者のラマーニ・ドゥルヴュラ博士は言います。「いろいろ試すことで、ワクワクする関係を築き、パートナーの新しい一面を見つけ続けることができます」。

抱き合う男女

image via shutterstock

ただ、新しいデートを試したいと言っても、アイディアを考えるのは難しいもの。なかなか時間も作れませんよね? そこで今回は、対人関係に詳しいセラピストたちに、さまざまなアイディアを伺いました。カップルで楽しめて、ふたりのロマンスを一歩先へ進める30の方法をご紹介します。

前編はこちら

16. ふたりだけの読書会を開く

本を読む男女

本を読むのが好きなカップルは、ふたりだけの親密な読書会を開いてみて。交代で本を選び、月に1回「読書会」を開いて本について語り合います。「一緒に本を読むことは、素敵な経験になります」とクロウ氏。

17. 家でワインのブラインドテストに挑戦する

ワイン

地元のいろんな酒屋で数種類のワインを買ってきて、ラベルを隠します。味見だけで、自分の好きなワインを選びます。クロウ氏によれば、単純に楽しいし、新しいことに挑戦するすばらしい方法、とのこと。

18. 地図で適当な場所を選んで、そこへ一緒に行く

地図

好きなお菓子を持って、お出かけしましょう。「予測できないので、ワクワクした気分が高まります」とクロウ氏。ただし、行った先が期待外れな場合もあるので、念のため別プランも用意しておくのがおすすめ。

19. オフラインにして一晩過ごす

語り合う男女

テレビ、インターネット、電話などすべてオフにして、ふたりだけで過ごします。「セックス以外のことをして過ごしてみて。」とドゥルヴュラ博士。「深い会話をしたり、一緒に笑って過ごす、いいきっかけになります」

20. キャンプへ行く

テントを張る男女

週末は喧騒を逃れ、ふたりだけで外の世界を楽しみましょう。好きな食べ物を持って、行きたかった公園を訪れたり、カヤックを借りたり。トラブルを一緒に解決するにも会話を続けるにも、お互いの努力が必要になります。

21. お互いのお気に入りのテレビ番組を見る

テレビを見るカップル

ひとりで見たい番組もあると思いますが、たまにはお互いのお気に入りを一緒に見る時間を作ってみて。「歩み寄るきっかけになります。どちらかの好みが変わって、驚きの発見になるかも」とドゥルヴュラ博士。それに、もし好みがやっぱり違ったと判明しても、別に害はありません。

22. ミニガーデンを一緒に作る

ガーデニング

これなら暖かい日でも寒い日でもできます。暖かければ、外で植物を植え、ミニガーデン作りに専念して。寒ければ、小さな鉢植えにハーブを植え、育つのを見守ってあげましょう。ゆったりとした音楽を流し、ビールを開けながら、手をどろんこにしながら楽しんで。「ガーデニングをすれば、自然とのつがなりを作れて、お互いの絆も深められます」とクロウ氏。

23. 陶芸教室や絵画教室へ一緒に通う

陶芸する男女

アートな教室なら何でも構いません。クロウ氏によれば、芸術的な新しいことに挑戦すると「ふたりの関係にも創造性が生まれる」んだとか。

24. 一緒にはしごピザを楽しむ

ピザを食べる男女

大抵の場所には、ピザのお店が数件点在していますよね。なので、近所のお店を全部巡ってみて。1枚をふたりで半分こして、お店の味を評価します。「外で素敵な夜を過ごせます。コンフォートゾーン(楽な領域)から抜け出して、新しい場所にトライできますよ」とドゥルヴュラ博士。

25. 公園でピクニックする

寝転がる男女

目まぐるしい日常から解放されたいという方は、お気に入りのお菓子と飲み物を持って、公園へピクニックに行ってはいかがでしょうか。できたら、行ったことのない公園へ行って、目新しい自然のなかを一緒に探索してみるのがおすすめです。

26. 思いつきのプレゼント交換にチャレンジする

プレゼントを渡す女性

大げさではないプレゼントをお互いに用意します。「500円以下」などと決めて、Amazonでどちらがよりセンスのいいプレゼントを買えるかを競います。プレゼント交換パーティーを開催して、中身を開けてみて。「とても楽しいですし、プレゼントをもらって喜ばない人はいません」とドゥルヴュラ博士。「お金をかけなきゃ、と気負わずに、ちょうどいいプレゼントを選ぶことができるのでおすすめです」

27. ハイキングをする

ハイキングする人

ワークアウトクラスに参加するタイプじゃないという方は、代わりにハイキングへ行ってみるのがおすすめです。目的地に絶景スポットを選べば、思い出に残る貴重な経験になること間違いなし! 共通の目的に向かって、ハードな登山も励ましあいながら歩けるでしょう。

28. 行きたい旅行先をリストアップする

旅支度する男女

まだ付きあったばかりという方は、この項目は飛ばしてOK。でも、長く付きあっていて、これからもその関係を続けていきたいというカップルなら、旅行ガイドをいくつかピックアップして、いつか訪れたい場所を書きとめてみて。「旅行や老後にやりたいこと、夢のマイホームなど、憧れについて話すと、現在の自分から離れて、将来のことを一緒に考えることができます」とドゥルヴュラ博士。

29. 新しい趣味を教えあう

ビリヤード

彼の趣味はビリヤード? 絵を書くこと? お気に入りの趣味を教えあうデートをしてみて。まだ試したことがないという方は、彼を得意分野に持ち込むチャンスです。教えたり教わったりして一緒に過ごせば、より親密な関係を築けます。忍耐強くお茶目な部分を見せあえば、さらに仲が深まるでしょう。

30. セックスを楽しむ!

キスする男女

これについては説明はいりませんね! もう少し刺激が欲しいという方は、正常位に飽きたカップルのためのセックス体位10を試してみてください。

カップルのピンチへの対処法

愛はあるのにセックスが(月一回しか)ありません [The New York Times]

とある彼氏の悩みは「彼女とのセックスが月一回しかない」こと。愛はあって仲もいいのにセックスが少ない……。人気ポッドキャスト『Dear Sugars』...

https://www.mylohas.net/2018/05/166585nyt_sugars.html

カップルのピンチ!? 不倫をプラスに変える方法 [The New York Times]

全米での調査で、結婚している女性の15%、同じく男性の25%が不倫の経験があると回答しているそう。The New York Timesによると実は不...

https://www.mylohas.net/2018/04/166433nyt_adultery.html

Korin Miller/30 Things Every Couple Should Do Together At Least Once
訳/Seina Ozawa

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    2. 抜いても大丈夫? 医師に聞く「炭水化物」のかしこい摂り方

    3. イライラするのは細菌のせい? 空腹が脳にもたらすこわい影響とは?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. モヤモヤした気持ちとサヨナラするには? 不安との上手な付き合い方

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    8. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン