1. Home
  2. MIND
  3. 高血圧や認知症の一因に? ストレスが体に及ぼす30の悪影響<後編>

高血圧や認知症の一因に? ストレスが体に及ぼす30の悪影響<後編>

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,865

MYLOHAS編集部

頭抱える女性

image via shutterstock

日々の生活にストレスはつきもの。多少のストレスがある方が、脳への血行がよくなって、目の前のタスクに集中できるようになるので、いいことだとも言われています。しかし、仕事の重圧、家族の問題、高速道路で渋滞に巻き込まれるなど、原因がなんであれ、ストレスがいつまでも続くようになると、体によくありません

「ストレスは個人の健康に多大な影響を及ぼす」と説明するのは、メリーランド州ベセスダの内科医マシュー・ミンツ医学博士(米国内科学会上級会員)。でも、どのくらいの影響なのでしょうか? ミンツ医師いわく、医者にかかるケースのほとんどが、ストレスに起因していたり、あるいはストレスによる悪化が関連していたりするとのこと。では、ストレスが体に及ぼす30の悪影響をみていきましょう(なかには驚くような影響も)。

前編はこちら

16. 性機能にも影響がある

頭を抱える女性

研究によればストレスは性機能にも影響がありそうです。「性欲が減退するだけでなく、機能的な問題にも影響を及ぼします」とミンツ医師。

17. 血圧が高くなる

血圧測定

偏った食生活やアルコールの過剰摂取。こうした高血圧の危険因子にストレスが直接関与していると、米国心臓協会が注意しています。

したがってストレスが増えると、血圧も高くなりがちです。

18. 心臓発作や脳卒中のリスクが高まる

心電図

深刻なストレスがあると、心臓発作や脳卒中になりやすいのも、意外なことではありません。ストレスが視床下部と呼ばれる脳の部位を刺激し、続いて副腎が刺激されてホルモンやコルチゾール、アドレナリンが分泌されます。

これによって心拍数や血圧が高くなります。「ストレスが継続すると、血液がもっと体内を循環するように心拍数があがり、心臓により負担がかかって、血圧も高くなるのです」とコーエン医師。血圧の変動や上昇によって、心臓発作や脳卒中のリスクが高まります。

19. 呼吸器の問題が悪化する

咳き込む女性

昔は、ぜんそくはストレスか不安によって引き起こされるのではないかと考えられていました。いまでは、それは事実ではないことが判明していますが、ストレスや強い感情の反応がぜんそくの症状を悪化させることがあると、ミンツ医師は説明しています。

慢性ストレスは不安につながり、それがパニック発作や息苦しさの引き金になる可能性を心に留めておくことが重要だとミンツ医師は述べています。

20. 代謝を乱す

ワークアウトする女性

慢性ストレスは体重増加と直接的な関係があります。コーエン医師いわく、コルチゾールが脂肪を燃焼させるよりも脂肪を体に蓄積しようとするからだそう。

また、ヘルシーではない食品がますます食べたくなってしまうので、下腹部により脂肪がつきやすくなります。

21. 肥満につながる

体重計

「中心性肥満」とメタボリック・シンドローム——高血圧、高血糖、腹部の過剰な脂肪、トリグリセリドとコレステロールの異常値を含む状態——には関連があると、コーエン医師が指摘しています。

そしてストレスがあると非健康的な習慣に陥りやすく、メタボリック・シンドロームになりやすいのです。「メタボリック・シンドロームは、不健康な状態を招き、早期心臓疾患の発生を増加させる」とコーエン医師。

22. 気分がふさぐ

考える女性

慢性ストレスはさまざまなかたちで気分に影響を及ぼす、とコーエン医師。「ストレスが続いている人は、必要以上に心配する、情緒不安定、集中力の低下、イライラし怒りっぽくなる、悲観的になるといった経験をするかもしれません」。

ストレスはまた、セロトニンやドーパミンなどの気分を左右する神経伝達物質の量にも影響を与えます。

23. うつ症状が悪化する

寄りかかる女性

気分障害で苦しんでいる人は、ストレスによって症状が悪化することに気づいているはず。

一般的な不安障害、パニック障害、うつなどの気分障害はすべて、ストレスが引き金になったり、ストレスが続くことで悪化したりする場合があります」とコーエン医師。

24. 発作が起きやすくなる

ひたいに手をやる女性

「慢性ストレスは発作閾値を下げるため、発作が起こりやすくなる」とフレンケル医師。

ある研究では、強烈なストレスまたは慢性ストレスが、てんかんの患者にとってもっとも一般的な発作の引き金だとわかりました。

25. 認知症の一因となる

認知症

中年期の高いストレスのレベルと、のちの人生で認知症になる割合が高くなることには関連性が示されている、とフレンケル医師。

中年期に著しくストレスにさらされてきた女性は、認知症を発症するリスクが65%も高まったという研究もあります。

26. 傷が治りにくくなる

絆創膏貼る女性

心理的なストレスが傷の治りにマイナスに影響することがあると、フレンケル医師は指摘しており、いくつもの科学的研究もその可能性を示唆しています。

ストレスが血液中の決まったホルモンの量を増やし、傷の治りを助けるサイトカインの放出を遅らせるためです。

27. 2型糖尿病のリスクが高くなる

血糖値測る女性

ストレスによるやけ食いは、血糖値を高め、続いてインスリン抵抗性を引き起こすことがあります

「ストレスが2型糖尿病のリスクを高めるのではないかと示唆されているのはそのためです」とフレンケル医師。

28. 頭痛を誘発する

頭痛の女性

メイヨークリニックによれば、緊張性頭痛の原因としてもっとも報告されているのがストレスです。

痛みは軽度から中程度で、頭の周囲がきつく締め付けられるような感じがします。

29. 髪の毛にダメージを与える

ブラシの髪の毛

髪の毛が抜ける、伸びるのが遅くなるなど、さまざまなかたちでストレスは髪の毛を傷めてしまいます。

そのいくつかの要因はホルモンに関係していますが、髪がツヤを失ってしまう原因のひとつには、ストレスによる食生活の変化もあるかもしれません。

30. めまいがしたり、神経過敏になったり

アトラクション

人前でスピーチをする前や、不安な出来事の最中に手がふるえるというのはよくあります。ベイラー医科大学神経学教授で運動障害の特別教授ジョセフ・ヤンコビック医学博士は、すべての人が心理的振戦を有するとPreventionに説明しました。

心理的振戦というのは、心拍や血流、そのほか体内で起きていることによる非常に弱いふるえのこと。しかしストレスの多い状況では、このふるえがはっきりと現れてしまうのです。

ストレス対策を

睡眠習慣の乱れや性欲低下も。ストレスが体に及ぼす30の悪影響<前編>

原因がなんであれ、ストレスは健康にとって大敵。ストレスが身体に及ぼす30の悪影響をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/10/177458stress.html

ストレスに対抗する5つの栄養素、知ってる?

食のプロ、管理栄養士が教えるストレス予防・解消に役立つ効果的な栄養についてご紹介。ストレスは食事で解消できるかも。

https://www.mylohas.net/2018/08/172392diet_stress.html

Leah Groth/30 Scary Ways Stress Can Mess with Your Body
訳/Maya A. Kishida

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析