1. Home
  2. EAT
  3. 忙しい朝にオススメ! 3分でできる栄養満点バナナトースト

忙しい朝にオススメ! 3分でできる栄養満点バナナトースト

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フード

5,303

Lily

史上最年少現役高校生スーパーフードマイスターの、Lilyこと及川凜々子です。

バナナトースト1

きちんと朝ごはんを食べて一日をスタートさせるのは、体にはとてもよいこと。それはわかってはいるけど、朝食をきちんと作る時間がない……。そんなときに便利なのが、たった3分で作れる「バナナトースト」です!

材料はたったの4つ。パン、バナナ、ピーナッツバター、シナモンだけ。 しかも、グラノーラやナッツなどで可愛くアレンジし放題。 おうちで簡単にカフェ風メニューができちゃいます。

ピーナッツバナナオープンサンド

バナナトースト2

今回のうれしいポイントはふたつ。まず、はちみつやメープルシロップなどの甘味料を一切使う必要がないということです。バナナ、ピーナッツバター、シナモンの組み合わせが、自然の甘さを出してくれます。

そして、何と言っても簡単なところ!「塗って乗せてふりかける」だけなので、本当に一瞬です。パンをトーストしたい場合でも、トーストしている間にバナナを切ったりお皿を用意したりと、他のことができるので、時短が叶いますよ。

<材料> 1人分

  • パン 2枚
  • ピーナツバター お好きなだけ
  • バナナ 1本
  • シナモン 少々
  • お好みのトッピング(グラノーラ、かぼちゃの種、ココナッツフレーク、きな粉など)

* 時間はプラスになりますが、フライパンでスライスしたバナナを両面焼くと、さらに甘さが増します。

<作り方>

  1. お好きなパンにお好きなだけピーナッツバターを塗る。
  2. その上に、スライスしたバナナを乗せる。(ここでアレンジし放題!)
  3. シナモンをふりかけたら完成。

このレシピのスーパーフード:バナナ

バナナ

image via Shutterstock

バナナは最も栄養価の高いフルーツのうちのひとつで、「1日1本バナナを食べれば医者いらず」とも言われています。特に注目したい栄養素が、カリウム。カリウムには、血圧を調節したり運動後の筋肉の炎症を防いだりするはたらきがあります。アスリートの方が運動前にバナナを食べている理由もわかりますね。

また、バナナにはたっぷりの食物繊維も含まれており、腸内環境を整えてくれます。腸内環境が整うと、便秘はもちろん肌トラブルやむくみが解消されるのです。

このレシピのスーパーフード:ピーナッツバター

ピーナッツバター

ヘルシーというイメージがないピーナッツバターですが、実はとてもヘルシーで、オリーブオイルやアボカドなどと同じ良質な油や、女性に欠かせないビタミンを含んでいます。

しかしこれは、“ピーナッツ100%”、もしくは“ピーナッツとほんの少しの食塩”のみのピーナッツバターに限ります。市場に多く出回っているのは砂糖や保存料が大量に入ったタイプなので、購入する際は注意してくださいね。


たった3分、4つの食材だけでできてしまう、簡単レシピ。

朝ごはん以外にもスイーツが欲しいときや食後のデザートにもなります。 フォトジェニックなヴィジュアルでカフェで出てくるような一品が、おうちで作れてしまうのです。 みなさんも、ぜひ忙しい朝にトライしてみてくださいね。素敵な日を始められること間違いなしです!

    specialbunner

    Ranking

    1. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    6. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    7. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    8. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    9. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    10. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    10. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた