1. Home
  2. EAT
  3. 忙しい朝にオススメ! 3分でできる栄養満点バナナトースト

忙しい朝にオススメ! 3分でできる栄養満点バナナトースト

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フード

6,180

Lily

史上最年少現役高校生スーパーフードマイスターの、Lilyこと及川凜々子です。

バナナトースト1

きちんと朝ごはんを食べて一日をスタートさせるのは、体にはとてもよいこと。それはわかってはいるけど、朝食をきちんと作る時間がない……。そんなときに便利なのが、たった3分で作れる「バナナトースト」です!

材料はたったの4つ。パン、バナナ、ピーナッツバター、シナモンだけ。 しかも、グラノーラやナッツなどで可愛くアレンジし放題。 おうちで簡単にカフェ風メニューができちゃいます。

ピーナッツバナナオープンサンド

バナナトースト2

今回のうれしいポイントはふたつ。まず、はちみつやメープルシロップなどの甘味料を一切使う必要がないということです。バナナ、ピーナッツバター、シナモンの組み合わせが、自然の甘さを出してくれます。

そして、何と言っても簡単なところ!「塗って乗せてふりかける」だけなので、本当に一瞬です。パンをトーストしたい場合でも、トーストしている間にバナナを切ったりお皿を用意したりと、他のことができるので、時短が叶いますよ。

<材料> 1人分

  • パン 2枚
  • ピーナツバター お好きなだけ
  • バナナ 1本
  • シナモン 少々
  • お好みのトッピング(グラノーラ、かぼちゃの種、ココナッツフレーク、きな粉など)

* 時間はプラスになりますが、フライパンでスライスしたバナナを両面焼くと、さらに甘さが増します。

<作り方>

  1. お好きなパンにお好きなだけピーナッツバターを塗る。
  2. その上に、スライスしたバナナを乗せる。(ここでアレンジし放題!)
  3. シナモンをふりかけたら完成。

このレシピのスーパーフード:バナナ

バナナ

image via Shutterstock

バナナは最も栄養価の高いフルーツのうちのひとつで、「1日1本バナナを食べれば医者いらず」とも言われています。特に注目したい栄養素が、カリウム。カリウムには、血圧を調節したり運動後の筋肉の炎症を防いだりするはたらきがあります。アスリートの方が運動前にバナナを食べている理由もわかりますね。

また、バナナにはたっぷりの食物繊維も含まれており、腸内環境を整えてくれます。腸内環境が整うと、便秘はもちろん肌トラブルやむくみが解消されるのです。

このレシピのスーパーフード:ピーナッツバター

ピーナッツバター

ヘルシーというイメージがないピーナッツバターですが、実はとてもヘルシーで、オリーブオイルやアボカドなどと同じ良質な油や、女性に欠かせないビタミンを含んでいます。

しかしこれは、“ピーナッツ100%”、もしくは“ピーナッツとほんの少しの食塩”のみのピーナッツバターに限ります。市場に多く出回っているのは砂糖や保存料が大量に入ったタイプなので、購入する際は注意してくださいね。


たった3分、4つの食材だけでできてしまう、簡単レシピ。

朝ごはん以外にもスイーツが欲しいときや食後のデザートにもなります。 フォトジェニックなヴィジュアルでカフェで出てくるような一品が、おうちで作れてしまうのです。 みなさんも、ぜひ忙しい朝にトライしてみてくださいね。素敵な日を始められること間違いなしです!

    Ranking

    1. まずは10回から挑戦したい「桃尻」をつくるバランスエクササイズ

    2. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    3. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    4. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    5. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    6. これって、本当にヘルシー? 添加物は? 手にした食品の健康度をチェック

    7. ムダ毛ケア、どうしてる? 光美容器って本当にいいの? 開発者に聞きました

    8. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    9. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    4. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    5. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    6. まずは10回から挑戦したい「桃尻」をつくるバランスエクササイズ

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    9. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    6. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    9. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    10. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら