1. Home
  2. BODY
  3. ジェニファー・ロペスの引き締まった腕を作るワークアウトツールとは?

ジェニファー・ロペスの引き締まった腕を作るワークアウトツールとは?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,512

MYLOHAS編集部

ジェニファーロペス

強い体を維持するため、懸命に取り組むジェニファー・ロペス。フィットネスに関しては、超人的なパワーを発揮することでも有名です。彼女はもうすぐ50歳になりますが、体つきは20代。9月末、49歳の彼女は、鍛え上げられた二の腕の写真をインスタグラムに投稿しました。スーパーヒーローのような見た目ですが、実際にスーパーヒーローになった気分と本人も感じているようです。

「今夜のショーの後は、スーパーウーマンの気分!」と、マルーンカラーのタイトドレスに身を包み、引き締まったボディと腕の筋肉を見せびらかすジェニファー。体も顔ももちろん完璧ですが、何より目を奪われたのは仕上がった上半身。信じられないほど筋肉モリモリなんです

9月29日までプラネット・ハリウッドでコンサートを開催し、ラスベガスに滞在していたジェニファーですが、健康維持のため、さらに体を強化することに献身してきました。

「この公演が始まったとき、27日間で15公演なんて多すぎると思ったわ」とつづる彼女。「でも、自分と約束したの。このショーで疲れ果ててしまうんじゃなくて、終わる頃にはもっと強くなっていようって……ワークアウトを頑張って、今までで一番の体型になるってね」

さらに「疲れてしまったこともあったわ。遠征もあって、できる場所でワークアウトをなんとかこなすことも。でも、残り3公演だけ! いろんな感情が入り混じってるけど、幸せと感謝の気持ちが大きいし、強さがみなぎっているわ!!!」と書いています。

腕のトレーニングの秘密

腕立てする女性

image via shutterstock

では、彼女は一体どのようにして、重力に対抗する強い上半身を手に入れたのでしょうか?

ジェニファーは『Us Weekly』誌に「週3~4回」ワークアウトをする、と明かしています。ニューヨークにいるときはセレブトレーナーのデイビッド・キルシュ氏と、ロサンゼルスにいるときはトレーシー・アンダーソン氏とトレーニングをしています。

「バランスが気に入っているの。ふたりのトレーニング方法はまったく違うんだけど、身体をうまく切り替えるのが楽しいわ」

チューブトレーニング

image via shutterstock

フィットネスマニアのジェニファーは、2017年に上半身ワークアウトの写真をインスタグラムで公開しています。そのなかには、レジスタンスバンドを使ってハードな二頭筋カールをする様子も。この動きはベント・オーバー・レジスタンス・ロー・ウィズ・カールと呼びます、と『ヘルス』誌に明かすキルシュ氏。

上半身の強化に加えて、ポーズを維持することで大腿四頭筋、お尻、コアを引き締める効果もあるんだとか。Amazonで人気のセット品などもありますが、レジスタンスバンドはキルシュ氏のおすすめ。ジムでのワークアウトでも簡単に使えて、持ち運びやすいのが特徴です。きっとジェニファーもラスベガスのホテルに、レジスタンスバンドセットを持ち込んでいることでしょう!

アンダーソン氏によれば、ジェニファーとの上半身トレーニングは「フリースタイル」だそう。3ポンド(1.36kg)のウェイトを使って腕を鍛えたり、コアを引き締めるお尻や太ももの筋トレなどを行っているとのこと。

ジェニファーにとって、フィットネスは、たまに取り組むものではありません。毎週行うワークアウトだけでなく、ライフスタイルのなかにエクササイズを取り入れています。ジェニファーのボーイフレンドのアレックス・ロドリゲスは、ジムに行っても行かなくても、一緒にワークアウトをするのが気に入っている、と2017年『ピープル』誌に語っています。

「ジェニファーと僕はいろいろミックスして楽しんでいます。一緒にリフティングしたり、サイクリングしたり。彼女は有能なアスリートだよ」

今回の教訓:ジェニファー・ロペスのような「スーパーウーマン」の上半身を手に入れるには、週に数回ワークアウトするだけでは足りないようです。

鍛えられた上半身を手に入れるには?

重心は後ろに。二の腕とおなかを引き締める「ポスチュアウォーキング」

重心をかかとにかけて歩く「ポスチュアウォーキング」は、姿勢もよくなり、代謝もアップ!そのポイントと歩き方をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2015/07/047756posturewalking.html

水泳と水中ウォーキングで無理せず効率よく体を鍛えるコツ

水泳で美しいボディラインが作られる理由は?ダイエットに効果的な理由、泳ぎ方によって鍛えられる筋肉とは?北島康介さんがプロデュースする最新鋭のスイムト...

https://www.mylohas.net/2017/10/064886swimming02.html

Leah Groth/Jennifer Lopez's 'Superwoman' Arms Can Be Yours With This Workout Tool
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由