1. Home
  2. BODY
  3. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

8,961

MYLOHAS編集部

ハルベリー

ワークアウトに対するモチベーションが下がっているという方、ウィメンズ・フィットネスのスーパーヒーロー、ハル・ベリーに刺激をもらえば、やる気が出るかもしれません。

『ジョン・ウィック3:パラベラム』に向けてトレーニングをする様子を9月21日に公開した女優ハルは、現在52歳。彼女によると、特定のエクササイズをすれば、体や心のケアだけでなく、性欲をアップさせることもできるんだとか。

51歳のハル・ベリーが明かす、25歳の体型を保つ方法

毎週金曜日に自身のアンチエイジング・ワークアウトをインスタグラムで公開中のハル・ベリー。ハルのインスタグラムでみんなが大好きなところはワークアウト写...

https://www.mylohas.net/2018/07/171826halle-maria-berry.html

トレーナーのピーター・リー・トーマスとワークアウトする様子をインスタグラムに投稿したハル。かなり激しい(そして見事な!)ハイ・ニー・キックを披露しています。投稿のキャプションには、有酸素運動のメリットがかなり詳しく書かれています。

「私にとって有酸素運動はワークアウトに欠かせません。これをやらないとフィットネスプランは終わらないの! 有酸素運動と心臓の健康は切り離せないわ」と綴っています。

有酸素運動の効果はほかにも、血液の循環をよくして「透き通った健康的な肌を作る」、「血糖値をコントロールする」、酸素供給量が増え「筋肉の働きをよくする」、「呼吸の疲れや浅い呼吸を軽減する」、カロリーを大量に消費して「健康的な体重を維持する」、などなど。

さらに、ハル「一番のおすすめ」である、女性の性欲を高めるという効果も期待できます。

ベットから出る足

image via shutterstock

どうやらハルはいいところに目をつけているようです。ある研究によれば、いいワークアウトをした後は、血の巡りがよくなり、アドレナリンが分泌されて快感を覚えますが、これは健全な性欲を維持する役割も果たすと言います。

自分に自信が持てて、いい気分になるので、女性はセックスしたいと思うようになります」とイェール大学医学大学院で産科・婦人科・生殖科学を教える、メアリー・ジェーン・ミンキン医師は、以前『Prevention』誌に語っています。

「セックスは欲望だけでは成り立ちません。ボディイメージや自尊心、自信が大きく関わっています。エクササイズは、それらすべてを高めることができるんです」

エクササイズする女性

image via shutterstock

また、覚えておきたいのは、有酸素運動がより充実したセックスライフをもたらす一方、何もしないと性欲が減退してしまう可能性もあるということ。最近セックスライフがうまくいっていないという方は、すぐにワークアウトに取り組んだ方がよさそうです。

健康やフィットネスに関して、ハル・ベリーが多くの人に影響を与えたのは今回が初めてではありません。トレーナーによれば25歳の体型を維持しているというハル。彼女は、ソーシャルメディアで頻繁に情報を共有してくれています。

彼女の秘訣とはなんなのでしょう? 日々実践しているのは、ストレッチや瞑想、ポジティブでいること、挑戦することなど。でもこれらはごく一部。健康のために多くのことに取り組んでいます。

いろんな知識を提供してくれるハルに感謝ですね。

美しさをキープするセレブの秘密

食生活や運動など、美の秘訣は案外シンプル。20年前から変わらないセレブたち

20年も変わらぬ美しさをキープできているセレブ達。彼女たちのスキンケアやフィットネスの習慣を探ってみました。

https://www.mylohas.net/2018/10/176862celeb.html

ヒアルロン酸やローズウォーターなどで、美しさをキープするセレブたち

20年も変わらぬ美しさをキープできているセレブ達。彼女たちのスキンケアやフィットネスの習慣を探ってみました。

https://www.mylohas.net/2018/10/176893celeb.html

Leah Groth/Halle Berry Shows off Workout She Says Leads to 'Increased Sexual Arousal'
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    2. 肌やメンタルを左右する女性ホルモン、コレステロールが関係している?

    3. 人気ボールペンがスタイリッシュに収納できる「飛び出すペンケース」セット

    4. 肩こり、腰痛、動悸、息切れ...。医師にきく症状別「更年期対策」

    5. 最大24アイテムが試せる! メイクやスキンケア盛りだくさんコフレ4選

    6. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    7. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?