1. Home
  2. BODY
  3. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

ポジティブ栄養学

19,547

アイスクリームを食べる女の子

image via Shutterstock

近頃メディアを賑わせているガンのニュース。なかには30代、40代の女性が命を落とすという、目をそむけたくなるトピックも……。「ふたりにひとりはガンにかかる」といわれる今、そうそう他人事ではいられないと感じます。

では、このまま手をこまねいて見ているだけ、というのもちょっと違うと感じているわたし。悲しい思いをしないため、いまから栄養でできることは何かなと考えているところです。

遺伝子がミスコピーされ、増えていく

遺伝子

image via Shutterstock

ガンのことをこわいと感じる人は多いと思いますが、実際にどんなものかを知っている人は意外に少ないのではないのでしょうか。

実は、ガン細胞は私たちの身体のなかで毎日数千個ほど生まれている、と考えられています。

通常の細胞はみずからの遺伝情報をコピーし、姿形も機能もまったく同じ細胞を作りながら増えていきます。そんななかで、ほんのちょっとのミスコピーが生じることがあります。これがガン細胞のはじまり。でも免疫の力によって消され、私たちの身体はガンにならずにすんでいます。

ちなみに、よく聞く「タバコはガンになりやすい」「活性酸素はガンになりやすい」といった話は、細胞の遺伝子に傷を付け、ミスコピーをうながすことにつながるから。

通常の細胞は状況に応じて増え方をコントロールしています。たとえばけがをした直後は傷ついた部分を修復するために細胞が増え、治ってきたら増えるのをやめるといった具合。

しかしガン細胞は違います。身体の状況などおかまいなしに、ノンストップで増え続けます。そして正常な細胞の仕事を邪魔したり、壊したり……。

免疫がしっかりしていればガン細胞を消すことができますが、そうでない場合はガン細胞は力強く分裂をはじめ、大きくなります。そうして健診などで見つけられるのは、だいたい1センチぐらいになったとき。早期発見といわれる状態です。

早期ガンが見つかったときでも、実はずいぶん前からガン細胞が存在していた、とも考えられるのです。

糖を取り込んで仲間を増やす

甘いもの

image via Shutterstock

ガンたちは、仲間を増やすために力強く増殖していきますが、その主なエネルギー源が、なんと糖質

しかも、ふつうの細胞の3~8倍の量を取り込んでいるというから驚きます。糖尿病にかかった人たちがガンの発症率が高くなることもそれを裏付けているといえます。

こうした「甘いもの好き」なガンの性質を利用したのが、PETといわれる検査

ブドウ糖に似た物質を身体のなかに入れると、ガン細胞は「エサが来た」といわんばかりにその物質を取り込みます。物質がたくさんある場所を画像診断することで、ガンを見つける診断法です。

通常の細胞は、糖のほか脂肪もエネルギーとして使うことができます。しかしガン細胞は脂肪をエネルギーに変える酵素を持っておらず、使うことができないこともわかっています。

そこで、食べる糖の量を極力減らすことで、通常の細胞に害を与えることなく、ダメージを与えることができるというわけです。実際、臨床の場でも治療食として取り入れられています。

ケーキ

image via Shutterstock

ガンの面からも、糖のとりすぎは健康にとってデメリットだということを感じる今日このごろ。

もしかしたら、気づかないところでガン細胞が静かに育っているかもしれない……そう考えると、甘いお菓子もパンもやっぱりほどほどがいい、と感じているところです。

糖質は控えめがよさそう

良質な睡眠、肌ツヤUP、太りにくい体へ。食べ方で血糖をコントロール!

「 ダイエット」と「糖」は縁が深いということは、きっと多くの人がご存知ですね。とはいえ、キツい糖質制限はムリ、というのも本音かもしれません。そこでご...

https://mylohas.net/2018/09/175405.html

おやつ代わりに! ヘルシー&空腹になりにくい低糖フルーツ9種

糖分をやめるのが最近のブームですが、フルーツからは、ビタミン、ミネラル、抗酸化物質を摂取できますし、水分も多く、繊維質もあって空腹になりにくいです。...

https://mylohas.net/2018/09/175476low-sugar-fruit.html

吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. ダイエットの味方!「食物繊維」を豊富に含む7つの食材

    3. ご存じですか? 危険な真菌感染カンジダ・オーリスの流行を

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    7. いつもの朝食が変わる!卵と野菜をしっかり摂れるアレンジレシピ10

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. ストレスで太るのはなぜ? 食欲ホルモンの分泌を抑える8つの食品

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    7. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. クリーニングのプロに聞いた、脇汗の黄ばみをきれいに落とす方法

    10. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    10. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法