1. Home
  2. BODY
  3. 4人に3人は経験する膣カンジダ。自分で簡単に治せます!

4人に3人は経験する膣カンジダ。自分で簡単に治せます!

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

10,278

下着見る女性

女性の膣や赤ちゃんのおしり、男性器にカンジダ菌が感染すると、ひどい炎症が起きることがあります。

でも、この感染症には効果的な治療法があるし、感染のリスクを最小限におさえる方法もあります。女性がカンジダ菌に感染しやすい理由、効果的な治療法、そして感染を避けるための予防法について医師に取材しました。

基礎知識編はこちら、症状と原因についてはこちらを。

膣カンジダ症の治療法

軟膏

image via shutterstock

ほとんどの場合、膣カンジダ症は自分でかんたんに治せます

「よく効く薬が薬局で手に入ります」とカニンガムさん。抗真菌クリーム、軟こう、座薬のなかでどれを選んだらよいか、かかりつけの薬剤師に相談します。膣カンジダ症は、ほとんどの場合、1日、もしくは3日間あるいは7日間の治療スケジュールで効果がみられます。日本でも市販薬が売っています。

市販薬を使った局所治療

クロトリマゾール、ミコナゾール、チオコナゾールなどが薬局で手に入ります。

処方薬

飲み薬

image via shutterstock

症状が重いときや市販薬では治らない場合、医師も抗真菌クリームや座薬を処方します。

フルコナゾール(ジフルカン)という飲み薬もあります。症状が重い場合や、再発したケースに対して、医師は薬の量を増やすことも。

女性の中には、クリームをべたべたと塗るより、飲み薬のほうが手軽でよいという人もいるかもしれません。でも、カニンガムさんは、経口薬をあまり好まないそう。「私の経験上、飲み薬だと効果が出るまで24時間以上かかるので、かゆみはそれまでずっと続いてしまいます。一方、クリームならすぐに効果がみられます。」

「妊婦には、禁忌となる薬です。ですから、妊娠中の場合は、クリームを選択することになります」とカーキさんは付け加えます。

そのほかの治療法

ヨーグルト

image via shutterstock

プロバイオティクス:ヨーグルトのような発酵食品(プロバイオティクス)をとること。プロバイオティクスによって膣カンジダ症が治ることを示す証拠は不十分ではっきりしたものではありません。より大規模な、きちんと計画された臨床試験が必要です。でも、ある論文の総論によれば、プロバイオティクスを単独で摂取するか、従来の抗真菌薬と組み合わせて治療することは有益かもしれない、とのこと。

ホウ酸:ホウ酸は天然の物質で、アメリカでは家庭で使うために、膣に挿入するカプセルが市販されています。ある論文によると、症状がしつこく続くとき、あるいは慢性的な感染に対してほかの治療法ではうまくいかない場合にホウ酸による治療を行うと、効果を示すことがあるそう。「この治療の欠点は、やけどのような感覚になり、頻繁には使えないこと」とカニンガムさん。ホウ酸は、ごきぶりを殺すために使われるものと同じ物質。つまり、飲んだら毒なので、注意が必要です。

膣カンジダ症の予防法

外陰部は清潔にし、乾燥した状態を保ちます

タオル

ぬるま湯で洗い、清潔なタオルでふきます。

下着は綿素材がおすすめ

下着

肌ざわり、通気性のよい素材です。

コンドームを使用する

コンドーム

パートナーが陰茎カンジダ症の場合、感染を防ぎます。

ぬれた水着は、できるだけ早く着替える

水着

汗でぬれた運動着でも同じ。

ヨーグルトを食べる

ヨーグルト

乳酸菌などの生きた培養菌を含むヨーグルトを食べると、体によい効果が。

血糖値をコントロールする

糖尿

カンジダ菌は糖をえさとすることを、くれぐれもお忘れなく。

スプレー、パウダー、ビデを使わない

ビデ

膣は洗い過ぎないようにします。

かかりつけの医師に抗生物質を処方してもらう

薬

膣カンジダ症の症状が続く場合は、かかりつけの医師に相談するとよいでしょう。経口薬のフルコナゾールを服用し、カンジダ菌を完全に除去します。

気になる部分の悩みを解消するには?

女医さんに聞いた、デリケートゾーンの悩みとさよならするヒント

毎月繰り返される生理のサイクル。体調にも大きく影響を与える、生理やPMSなどの悩みは、人に相談しにくいものも多くあります。そこで、どんな時期も快適に...

https://www.mylohas.net/2015/01/042688feminina.html

髪も爪もデリケートゾーンもフェイシャルと同じようにケアする美容アイテム

いつものケアにプラスしたいスペシャルケア。美しい肌や髪、爪、デリケートゾーンのために安心して使える美容アイテムとは?

https://www.mylohas.net/2018/01/plusone.html

Karen Pallarito/What Is a Vaginal Yeast Infection?
訳/STELLA MEDIX Ltd.

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 「また会いたい」と思われる女性になる! 第一印象を演出する心理テクニック

    4. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    5. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    6. ストレスってやっぱりこわい!? コレステロールとホルモンの意外な関係

    7. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    8. 肺がんにならないために、今日からできること10

    9. 低脂肪・高タンパクな簡単レシピ。鶏むね肉のソテー トマトヨーグルトソース

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 肺がんにならないために、今日からできること10

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    4. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    5. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    6. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    10. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10