1. Home
  2. BODY
  3. 75%の女性がかかる感染症、膣カンジダ症の症状&原因とは?

75%の女性がかかる感染症、膣カンジダ症の症状&原因とは?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,692

下着を見る女性

女性の膣や赤ちゃんのおしり、男性器にカンジダ菌が感染すると、ひどい炎症が起きることがあります。

でも、この感染症には効果的な治療法があるし、感染のリスクを最小限におさえる方法もあります。女性がカンジダ菌に感染しやすい理由、効果的な治療法、そして感染を避けるための予防法について医師に取材しました。

基礎知識編はこちら

膣カンジダ症の症状とは?

おりものシート

image via shutterstock

膣カンジダ症の症状とは、どのようなものなのでしょう?「かゆみは膣カンジダ症であることを示すひとつのサインだそう」と、アイオワにあるユニティー・ポイント・ヘルス・イン・シダー・フォールズ・アンド・ウオータールーで女性の骨盤医学・再建手術を専門とする医師のビラール・カーキさん。

また、「おりものの様子も大切な手がかりとなります」とカーキさん。おりものが、カッテージチーズ状だと、それはおそらくカンジダ菌。泡のような灰色のおりものだと、膣の病気としてはもっとも一般的な細菌性膣炎が疑われます。魚のようなにおいだと、細菌性膣炎かトリコモナスの可能性が(よくみられる性感染症です)。

診断する医者

image via shutterstock

医師は通常、女性の病歴と内診の結果からカンジダ症の診断をします。

ときには、おりものを顕微鏡で検査することも。カーキさんによると、膣カンジダ症であることを示すひとつの手がかりとして、顕微鏡でみた細胞が特徴的な「スパゲティ・ミートボール状」であることが挙げられるそう。

採取した検体は、真菌培養の検査に送られる場合もあります。(ただし、カンジダ菌は膣の中で何の問題も起こさずに生きることもあるので、陽性の結果が出たからといって、その症状がカンジダ菌によるものだとは限りません)。

  • 膣のかゆみ
  • 濃くて白く、濃乳状のおりもの
  • 外陰や膣の赤み、腫れ
  • 性交痛
  • 尿をするときの痛み

膣カンジダ症の原因とは?

デリケートゾーン

image via shutterstock

膣には乳酸菌と呼ばれ、健康によいはたらきをする常在菌がたくさん存在します。これらの善玉菌のはたらきによって膣内の酸性度(pH)は低く保たれ、膣内に存在する菌が暴走して病気の原因となることを防ぎます

バランスが崩れてしまったときは、いつでも。つまり、膣のなかで善玉の乳酸菌が不足したり、悪玉菌でいっぱいになったりすると......。「膣カンジダ症になる可能性があります」と、レキシントンにあるケンタッキー大学の産婦人科で准教授を務める医師のエミリー・カニンガムさん。

いったい、何がきっかけとなってバランスが崩れてしまうのでしょう? アメリカ疾病対策センターによると、ホルモン、薬、免疫システムの低下によって膣内環境が変化し、カンジダ菌が増殖してしまうとのこと。

膣カンジダ菌を増やすリスク要因として、以下のようなことが挙げられます

抗生物質を飲む、病気にかかる

抗生剤

薬によって悪い菌が死にますが、カンジダ菌の増殖をおさえるはたらきをしていた善玉菌までなくなってしまいます。また、免疫システムが低下すると、膣カンジダ菌が繁殖するリスクが高くなります。

糖尿病、血糖がコントロールされないこと

血糖値

カンジダ菌は血液中のグルコースをえさとするので、増えてしまいます。

ビデ、スプレー、パウダー、石けん

ビデや石鹸

膣を洗浄すると、自然にいる常在菌まで洗い流されてしまいます」とカニンガム博士。膣の正しい洗い方とは? 洗い過ぎに気を付け、ビデは使わないようにします。

きつい下着

きつい下着

温かく湿った環境だと、カンジダ菌が増えてしまいます。

ナプキンやタンポンを長い時間、交換しない

タンポン

生理用品やおりものシートを使用すると、とても湿った状態となり、細菌が繁殖するのに最高の環境となってしまいます。また、香水の使用も避けます。

次回は、治療法と予防についてです。

デリケートゾーンの悩みを解消

デリケートゾーンの悩み対策5つ。おりものや経血の色が意味することって?

人にはなかなか聞けないデリケートゾーンの話。におい、おりものや経血の色や状態の変化、デリケートゾーンが乾燥する? 女性ホルモンの影響? など、ちょっ...

https://www.mylohas.net/2018/07/170794vagina.html

女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント | MYLOHAS

女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント。「意識する」をキーワードに、カラダと心にいいものやことを展開。ボディケアや脳活用法、スキンケアのヒ...

https://www.mylohas.net/2018/06/066938feminina.html

Karen Pallarito/What Is a Vaginal Yeast Infection?
訳/STELLA MEDIX Ltd.

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    4. 生米から30分で、もちもち玄米ごはんを作る方法 【TOKYO VEGAN】

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. ふたりの関係に刺激をプラス! カップルに試してほしいこと<後編>

    7. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    8. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    9. 寒い日のヨガレッスンに。足元を温めながらリラックスできるレッグウェア

    10. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 4人に3人は経験する膣カンジダ。自分で簡単に治せます!

    4. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    5. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    8. 便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

    9. 太りやすい人、太りにくい人の違いって何? ドクターに聞きました

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    7. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    10. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源