1. Home
  2. BODY
  3. 75%の女性がかかる感染症、膣カンジダ症の症状&原因とは?

75%の女性がかかる感染症、膣カンジダ症の症状&原因とは?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

2,463

下着を見る女性

女性の膣や赤ちゃんのおしり、男性器にカンジダ菌が感染すると、ひどい炎症が起きることがあります。

でも、この感染症には効果的な治療法があるし、感染のリスクを最小限におさえる方法もあります。女性がカンジダ菌に感染しやすい理由、効果的な治療法、そして感染を避けるための予防法について医師に取材しました。

基礎知識編はこちら

膣カンジダ症の症状とは?

おりものシート

image via shutterstock

膣カンジダ症の症状とは、どのようなものなのでしょう?「かゆみは膣カンジダ症であることを示すひとつのサインだそう」と、アイオワにあるユニティー・ポイント・ヘルス・イン・シダー・フォールズ・アンド・ウオータールーで女性の骨盤医学・再建手術を専門とする医師のビラール・カーキさん。

また、「おりものの様子も大切な手がかりとなります」とカーキさん。おりものが、カッテージチーズ状だと、それはおそらくカンジダ菌。泡のような灰色のおりものだと、膣の病気としてはもっとも一般的な細菌性膣炎が疑われます。魚のようなにおいだと、細菌性膣炎かトリコモナスの可能性が(よくみられる性感染症です)。

診断する医者

image via shutterstock

医師は通常、女性の病歴と内診の結果からカンジダ症の診断をします。

ときには、おりものを顕微鏡で検査することも。カーキさんによると、膣カンジダ症であることを示すひとつの手がかりとして、顕微鏡でみた細胞が特徴的な「スパゲティ・ミートボール状」であることが挙げられるそう。

採取した検体は、真菌培養の検査に送られる場合もあります。(ただし、カンジダ菌は膣の中で何の問題も起こさずに生きることもあるので、陽性の結果が出たからといって、その症状がカンジダ菌によるものだとは限りません)。

  • 膣のかゆみ
  • 濃くて白く、濃乳状のおりもの
  • 外陰や膣の赤み、腫れ
  • 性交痛
  • 尿をするときの痛み

膣カンジダ症の原因とは?

デリケートゾーン

image via shutterstock

膣には乳酸菌と呼ばれ、健康によいはたらきをする常在菌がたくさん存在します。これらの善玉菌のはたらきによって膣内の酸性度(pH)は低く保たれ、膣内に存在する菌が暴走して病気の原因となることを防ぎます

バランスが崩れてしまったときは、いつでも。つまり、膣のなかで善玉の乳酸菌が不足したり、悪玉菌でいっぱいになったりすると......。「膣カンジダ症になる可能性があります」と、レキシントンにあるケンタッキー大学の産婦人科で准教授を務める医師のエミリー・カニンガムさん。

いったい、何がきっかけとなってバランスが崩れてしまうのでしょう? アメリカ疾病対策センターによると、ホルモン、薬、免疫システムの低下によって膣内環境が変化し、カンジダ菌が増殖してしまうとのこと。

膣カンジダ菌を増やすリスク要因として、以下のようなことが挙げられます

抗生物質を飲む、病気にかかる

抗生剤

薬によって悪い菌が死にますが、カンジダ菌の増殖をおさえるはたらきをしていた善玉菌までなくなってしまいます。また、免疫システムが低下すると、膣カンジダ菌が繁殖するリスクが高くなります。

糖尿病、血糖がコントロールされないこと

血糖値

カンジダ菌は血液中のグルコースをえさとするので、増えてしまいます。

ビデ、スプレー、パウダー、石けん

ビデや石鹸

膣を洗浄すると、自然にいる常在菌まで洗い流されてしまいます」とカニンガム博士。膣の正しい洗い方とは? 洗い過ぎに気を付け、ビデは使わないようにします。

きつい下着

きつい下着

温かく湿った環境だと、カンジダ菌が増えてしまいます。

ナプキンやタンポンを長い時間、交換しない

タンポン

生理用品やおりものシートを使用すると、とても湿った状態となり、細菌が繁殖するのに最高の環境となってしまいます。また、香水の使用も避けます。

次回は、治療法と予防についてです。

デリケートゾーンの悩みを解消

デリケートゾーンの悩み対策5つ。おりものや経血の色が意味することって?

人にはなかなか聞けないデリケートゾーンの話。におい、おりものや経血の色や状態の変化、デリケートゾーンが乾燥する? 女性ホルモンの影響? など、ちょっ...

https://www.mylohas.net/2018/07/170794vagina.html

女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント | MYLOHAS

女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント。「意識する」をキーワードに、カラダと心にいいものやことを展開。ボディケアや脳活用法、スキンケアのヒ...

https://www.mylohas.net/2018/06/066938feminina.html

Karen Pallarito/What Is a Vaginal Yeast Infection?
訳/STELLA MEDIX Ltd.

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 寒いと滅入るのは気のせいじゃない。季節性感情障害(SAD)の乗り越え方8

    3. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    4. 溜め込んだ疲れをスッキリ! 年末の疲労をすばやく回復する方法5つ

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    7. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    8. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン