1. Home
  2. BODY
  3. 4人に3人は感染。膣カンジダ症のこと、知っていますか?

4人に3人は感染。膣カンジダ症のこと、知っていますか?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

18,403

MYLOHAS編集部

下着見る女性

女性の膣や赤ちゃんのおしり、男性器にカンジダ菌が感染すると、ひどい炎症が起きることがあります

でも、この感染症には効果的な治療法があるし、感染のリスクを最小限におさえる方法もあります。女性がカンジダ菌に感染しやすい理由、効果的な治療法、そして感染を避けるための予防法について医師に取材しました。

カンジダ症って何?

下着の女性

カンジダ菌は、皮膚や口、消化管、膣の中にごく普通に存在する真菌(カビの仲間)です。でも、大量に発生すると、感染症の原因となります。カンジダ症にはさまざまな種類があり、感染した体の部位によって症状も異なります。赤ちゃんは口の中に感染することがあり、男性器に感染することも。でも、多くの場合、「カンジダ症」というと、膣にかゆみが生じるものを指します

膣の感染症、あるいはいわゆる膣炎と呼ばれるものの中で、カンジダ症は、細菌性膣炎に次いで2番目に多い病気です。女性の75%が一生のうちでカンジダ菌に感染し、また、40~45%の女性は2回以上、カンジダ菌に感染すると考えられています。

  • Vaginal Infection:膣感染症
  • Fallopian Tube:卵管
  • Ovary:卵巣
  • Uterus:子宮
  • Vagina:膣
  • Vaginal discharge:おりもの
  • Vaginal inflammation:膣炎
  • Gardnerella(bacterium) :ガードネレラ(細菌)
  • Candida(Fungal infection) :カンジダ(真菌感染)
  • Trichomonas(protozoan parasite) :トリコモナス(寄生原虫)

どんな種類があるの?

考える女性

image via shutterstock

カンジダ菌が大量に発生すると、人の粘膜や皮下脂肪のデリケートな部分に感染して炎症を引き起こします。カンジダ症の主な種類は次のとおり

膣(あるいは外陰膣)カンジダ症

膣カンジダ症はかゆみを伴います。主にカンジダ・アルビカンスという真菌の大量発生によるものですが、ほかのカンジダ種やほかの菌が原因となることも。

口腔カンジダ症

このタイプの細菌感染は、咽頭のカンジダ症としても知られており、細菌が口やのどで大量に発生したときにかかります。鵞口瘡(がこうそう)は免疫システムが未発達の赤ちゃんによくみられます。大人だと、がん、HIV、糖尿病などで免疫系が弱っている人に多くみられます。

カンジダ食道炎

喉痛い女性

image via shutterstock

口腔カンジダ症が食道にひろがると、飲みこむのが難しくなったり、痛みを感じたりするようになります。HIVやAIDSの患者に多くみられます。

皮膚カンジダ症

皮膚や爪にカンジダ菌が感染すると、皮膚カンジダ症となります。わきの下やそけい部、胸部、おしりなどの、温かくて湿っている皮膚はとくに感染しやすいところ。また、赤ちゃんのおむつかぶれの原因としても、とても多くみられます。

陰茎カンジダ症

皮膚カンジダの一種。カンジダ菌がペニスの湿った皮膚に感染すると、ペニスの先の部分に炎症が起き、亀頭炎と呼ばれる状態になります。包茎の男性が特にかかりやすい病気です。

侵襲性カンジダ症

アメリカ疾病対策センター(CDC)によると、これはカンジダ症のなかでも特に深刻なもので、血液、脳、骨、目、心臓、そのほかの部位に影響します。すでに他の病気にかかっている人が発症してしまうケースがほとんどです。

具体的な症状&原因は次の記事で。

知っておきたい、腟のトラブル

婦人科医が解説! 本当に膣をきれいにする、正しい方法

女性向けの下用洗浄剤が使えないとなったら、膣をきれいにする最良の方法は何?実はなのもしないのが正解。専門医による解説は?

https://www.mylohas.net/2018/07/170736vagina.html

スチームや洗浄はNo! 膣に絶対やってはいけないこと4つ

膣には自浄作用があり清潔に保つため特別に何かをする必要はほとんどありません。やってしまいがちな間違ったケア4つをご紹介。

https://www.mylohas.net/2018/07/172141vagina.html

Karen Pallarito/What Is a Vaginal Yeast Infection?
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    2. 肌やメンタルを左右する女性ホルモン、コレステロールが関係している?

    3. 人気ボールペンがスタイリッシュに収納できる「飛び出すペンケース」セット

    4. 肩こり、腰痛、動悸、息切れ...。医師にきく症状別「更年期対策」

    5. 最大24アイテムが試せる! メイクやスキンケア盛りだくさんコフレ4選

    6. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    7. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?