1. Home
  2. EAT
  3. 肌ツヤをサポート。鯛と野菜の洋風ホイル焼きのレシピ

肌ツヤをサポート。鯛と野菜の洋風ホイル焼きのレシピ

1,192

MYLOHAS編集部

カルトッチョとは、紙で包み、素材の水分で蒸し焼きにするイタリアの料理。良質なたんぱく質を豊富に含み、低脂質な鯛を使ったお手軽レシピです。

鯛と野菜のカルトッチョ

dp

<材料1人分>

  • 鯛 1切れ
  • ブロッコリー 3房
  • マッシューム 3個
  • ミニトマト 3個
  • オリーブオイル 小さじ1
  • 塩 少々
  • あらびきこしょう 少々
  • にんにく 1/2かけ
  • 白ワイン 小さじ1

<作り方>

  1. ブロッコリーは小房に分け、ミニトマトは半分に、マッシュルームは薄切りにする。にんにくは芽をとり潰す。
  2. クッキングシートに、分量のオリーブオイルのうちの小さじ1を全体に塗り、鯛を真ん中に置く。
  3. 1の野菜を乗せ、塩・こしょう、残りのオリーブオイルをかけて包む。
  4. オーブントースターで(1000W)15分ほど焼く。

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

肌のツヤをサポートする、女性にうれしい魚の油。日々の食卓に取り入れようと思っていても、焼魚・煮魚が多くなってしまうのではないでしょうか? カルトッチョという洋風のホイル焼きにすることで、魚の油を失うことなく摂取することができます。鯛のほか、鱈や鰆でもおいしく仕上がりますよ。

簡単・おいしいレシピはこちら

15分で完成。マッシュルームとトマトのバター蒸し

15分で完成する、マッシュルームとトマトのバター蒸しのレシピをご紹介。食物繊維が豊富なマッシュルームと、ビタミンCが豊富なミニトマトをあわせた簡単な...

https://www.mylohas.net/2018/09/175608diet_recipe.html

10分で作れる簡単おかず。里芋のゆず味噌田楽のレシピ

じつは芋類の中で、もっとも低カロリーな里芋。皮のままレンジで加熱すれば、手間をかけずに皮をむくことができます。10分で作れる「里芋のゆず味噌田楽」の...

https://www.mylohas.net/2018/09/175074diet_recipe.html

体が喜ぶ時短レシピをもっと読みたい

Diet Plus

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析