1. Home
  2. BODY
  3. 紫外線対策から驚きの治療法まで。20年前から変わらないセレブたち

紫外線対策から驚きの治療法まで。20年前から変わらないセレブたち

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,202

MYLOHAS編集部

セレブ

セレブが20年前とまったく変わらぬ美しさを保っているのを見ると、お金と遺伝子だけでなくほかにどんな秘密があるのだろう、と思ったことがあるのではないでしょうか。

若さの泉を見つけたから?それとも、「毎日水をたっぷり飲む」みたいなびっくりするくらいシンプルなことが秘密なのでしょうか?

彼女たちのスキンケアやフィットネスの習慣を探ってみました

ビヨンセ

ビヨンセ

歌姫もいまや、37歳で双子を含む3人の子どもの母。でも年齢はまったく外見にあらわれていません。長年メイクを担当するジョン・バーネットは彼女のアンチエイジングの秘訣はシンプルな3つのステップだと言います。

アイクリームを顔全体に使うこと、フェイスクリームを体全体に使うこと、そしてケールジュースを飲むことだそうです。

アイクリームを顔中に使うのは、毛穴を詰まらせてしまいニキビの原因にもなることがあるため少し注意が必要ですが、スキンケアを顔以外にも行うというのは見習えるポイントです。

グウェン・ステファニー

グウェンステファニー

見た目でいえば、彼女はきっと30歳か25歳に見えるでしょう。でも実際は48歳です。では20歳以上も若く見えるのはなぜでしょうか? メイクが大好きという彼女ですが、ファンデーションとマスカラはすべて残らず、寝る前に落としていると言います。

そして、長い時間紫外線にさらされないようにしているとのこと。通りで肌が白くてなめらかなはずです。

シンディ・クロフォード

シインディークロフォード

スーパーモデル、シンディ・クロフォードが肌をふっくらと明るく保つために、自身のスキンケアライン「Meaningful Beauty」を使うのは、とても自然なことです。普段のお手入れには角質除去、美容液、SPF効果のある保湿剤、アイクリームとリップクリームを使うと言います。

そして、シャワーを浴びる前に、乾いたブラシで体の全体をブラッシングして、出た後にはボディーオイルを塗ります。さらに首のエクササイズもしているそう。あごのラインが今でもとても引き締まっているのはこれが理由かもしれませんね。

ナオミ・キャンベル

ナオミキャンベル

彼女が筋トレしているところは見たことないでしょう? 彼女はヨガやピラティスといった自重を使った運動をしているのです。

48歳のスーパーモデルは、余計な砂糖を摂らないこと、たっぷり水分を補給すること、そしてスキンケアは、美容液、アイクリーム、保湿剤など複数を使うそう。

ジュリアン・ムーア

ジュリアンムーア

とにかく、陽のあたるところを歩かないことを徹底していると言います。日陰を探して歩くのだそうです。「まぶしいので太陽の光が耐えられないんです」とも話したムーア。

日焼け止め効果のある保湿剤を毎日塗るのに加えて、アシュタンガヨガもやっているとか。

サンドラ・ブロック

サンドラブロック

ブロックとケイト・ブランシェットが「ペニスフェイシャル」が若さの秘訣、と明かした時は物議をかもしましたが、これは「ハリウッドEGFフェイシャル」のことです。ジョージア・ルイーズのサイトによると、これは、無痛で深部から取り除けるTCAピーリングのことだそうです。上皮成長因子(EGF)は、ときに赤ちゃんの陰茎の包皮からとられて、ごく細い顕微針を使って肌に注入されます。これによりコラーゲンが増え、肌がふっくらと若々しく見えると言われています。

ブロックは確かに54歳にしてすばらしい若々しさに見えますが、この変わった名前の治療法の、長期的な安全性についてはもう少し調査が必要そうです。

体のラインをシャープにしたい!

20分で最大700kcal消費! 電流×ダンスが話題のジムに行ってみた

いま話題のカラダに電流を流して行うトレーニング、EMS。ライターlilyがガチンコで体験し、その模様をレポート。今回訪れたのは、Evolv(エヴォル...

https://www.mylohas.net/2018/10/175703evolv.html?test201808

あごまわりをシャープにする「太陽のスマイル」 #30日間の顔ヨガ

顔ヨガ講師・間々田佳子さんによる30日間の顔ヨガ連載。日本人の顔は圧倒的に運動不足と言われ、たるみの一因にも。「ながら」でできる表情筋トレーニングを...

https://www.mylohas.net/2018/09/175685face_yoga28.html?test201808

Jena Sitzes/30 Stars Who Literally Haven't Aged a Day in 20 Years
訳/Noriko Yanagisawa

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. トレーナーお墨つきの即効性! おなかのたるみがスッキリする、脂肪を落とすエクササイズ8

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた