1. Home
  2. BODY
  3. 便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

3,039

トイレのマーク

image via shutterstock

便は健康のバロメーター。女性はとくに、日常的に便秘に悩んでいる人も多いはず。つい「いつものことだから」と思いがちですが、実は便秘が病気のサインであることも

毎日出ていても便秘、その理由は?

便秘に悩んでいる人は多いけれど、そもそも便秘の定義とは? 知っておきたい便秘の本当のところを知っておきましょう。

https://www.mylohas.net/2018/10/175993constipation.html

便秘が病気の初期症状の場合も

お腹に手を当てる女性

image via shutterstock

便秘は、他の病気の初期症状のひとつである可能性もあるそう。 例えば、大腸がんや橋本病(甲状腺ホルモンの分泌が不足し、新陳代謝が低下する病気)、パーキンソン病といった病気が考えられるといいます。よくある体の状態だと流さずに、不調を感じたら調べてみることも大切です。

また、便秘の状態が続くと体調だけでなく心にも悪影響が。便秘を解消することでQOLが改善され、より快適なヘルシーライフを送ることができます。

では、便秘を解消するにはどうしたらよいのでしょうか

まずは“おなら”を出そう

鼻をつまむ女性

image via shutterstock

便を排出するためには、実はおならが大切なんだそう。

重要なのは、おならをガマンしないことです。ホースで水をまこうとしたとき、中に空気があって上手く水が出なかったという経験はありませんか? 腸もホースと同じで、空気があると便がなかなか出ません。ですから、まず空気を送ってそれをおならとして出した後、便をまとめながら出口まで運んでいるのです。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

しかし、そんな人前でおおっぴらにはできません。自分の中で、ガマンせずに出せる環境を確保するなど工夫が必要かも。

もちろん、おなら同様に便意もガマンするのはよくないそう。

便意をガマンしてしまうと、やがて何も感じなくなってしまいます。最初は腹痛などがあるものの、人間は適応力が高いため、ガマンを続けるうちに何も感じなくなってしまうのです。トイレへ行きたいという感覚を失うことは、便秘へ進ませてしまう第一段階です。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

便秘改善に効果的な8つの方法

トイレットペーパーを持つ女性

image via shutterstock

便意を我慢しないこと以外に、「太陽笑顔fufufu」で紹介された改善するために日々意識したいことはこちら。

1. 食事をしっかり摂る
2. ヨーグルトなどで、プロバイオティクスを摂る
3. 食物繊維を摂る
4. 運動をする
5. お腹のマッサージをする
6. 水分を摂る
7. 出ないときは市販薬を試す
8. 排便するときは考える人の姿勢で

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

なかでも食事をしっかり摂ることは、とても大切。一定量の便が腸内にたまらないと、排出する動きが発動しないからです。

1日3食しっかり摂って食物繊維や腸内環境を整えるプロバイオティクスを意識して摂ることが大切です。

どうしてもつらい時は、市販薬の力を借りることもためらわないでOK。ただし、長期間使用するのは控え、一時的な使用にとどめましょう。

便秘は体の中に老廃物がたまっている状態。しっかりと向き合い、体の不調を整えたいですね。

お腹の調子、整えよう

結局、おからヨーグルトはどうして腸活ダイエットにいいの?

話題の腸活ダイエットとしていま爆発的人気の「おからパウダー」。ヨーグルトと食べることでうれしい相乗効果があるそうです。

https://www.mylohas.net/2018/09/175443yogurt.html

「やせ菌」を増やし、太りにくい腸内環境へ。小麦ブランの健康パワー

「やせ菌」を増やし、太りにくい腸内環境へと導く。メリットがいっぱいの特殊な食物繊維を含む。話題の小麦ブランの健康パワーに迫ります。

https://www.mylohas.net/2018/09/174884wheat_bran.html

太陽笑顔fufufu

横山智世

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    4. 生米から30分で、もちもち玄米ごはんを作る方法 【TOKYO VEGAN】

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. ふたりの関係に刺激をプラス! カップルに試してほしいこと<後編>

    7. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    8. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    9. 寒い日のヨガレッスンに。足元を温めながらリラックスできるレッグウェア

    10. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 4人に3人は経験する膣カンジダ。自分で簡単に治せます!

    4. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    5. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    8. 便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

    9. 太りやすい人、太りにくい人の違いって何? ドクターに聞きました

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    7. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    10. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

    FBからも最新情報をお届けします。