1. Home
  2. BODY
  3. 便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

27,607

横山智世

トイレのマーク

image via shutterstock

便は健康のバロメーター。女性はとくに、日常的に便秘に悩んでいる人も多いはず。つい「いつものことだから」と思いがちですが、実は便秘が病気のサインであることも

毎日出ていても便秘、その理由は?

便秘に悩んでいる人は多いけれど、そもそも便秘の定義とは? 知っておきたい便秘の本当のところを知っておきましょう。

https://www.mylohas.net/2018/10/175993constipation.html

便秘が病気の初期症状の場合も

お腹に手を当てる女性

image via shutterstock

便秘は、他の病気の初期症状のひとつである可能性もあるそう。 例えば、大腸がんや橋本病(甲状腺ホルモンの分泌が不足し、新陳代謝が低下する病気)、パーキンソン病といった病気が考えられるといいます。よくある体の状態だと流さずに、不調を感じたら調べてみることも大切です。

また、便秘の状態が続くと体調だけでなく心にも悪影響が。便秘を解消することでQOLが改善され、より快適なヘルシーライフを送ることができます。

では、便秘を解消するにはどうしたらよいのでしょうか

まずは“おなら”を出そう

鼻をつまむ女性

image via shutterstock

便を排出するためには、実はおならが大切なんだそう。

重要なのは、おならをガマンしないことです。ホースで水をまこうとしたとき、中に空気があって上手く水が出なかったという経験はありませんか? 腸もホースと同じで、空気があると便がなかなか出ません。ですから、まず空気を送ってそれをおならとして出した後、便をまとめながら出口まで運んでいるのです。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

しかし、そんな人前でおおっぴらにはできません。自分の中で、ガマンせずに出せる環境を確保するなど工夫が必要かも。

もちろん、おなら同様に便意もガマンするのはよくないそう。

便意をガマンしてしまうと、やがて何も感じなくなってしまいます。最初は腹痛などがあるものの、人間は適応力が高いため、ガマンを続けるうちに何も感じなくなってしまうのです。トイレへ行きたいという感覚を失うことは、便秘へ進ませてしまう第一段階です。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

便秘改善に効果的な8つの方法

トイレットペーパーを持つ女性

image via shutterstock

便意を我慢しないこと以外に、「太陽笑顔fufufu」で紹介された改善するために日々意識したいことはこちら。

1. 食事をしっかり摂る
2. ヨーグルトなどで、プロバイオティクスを摂る
3. 食物繊維を摂る
4. 運動をする
5. お腹のマッサージをする
6. 水分を摂る
7. 出ないときは市販薬を試す
8. 排便するときは考える人の姿勢で

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

なかでも食事をしっかり摂ることは、とても大切。一定量の便が腸内にたまらないと、排出する動きが発動しないからです。

1日3食しっかり摂って食物繊維や腸内環境を整えるプロバイオティクスを意識して摂ることが大切です。

どうしてもつらい時は、市販薬の力を借りることもためらわないでOK。ただし、長期間使用するのは控え、一時的な使用にとどめましょう。

便秘は体の中に老廃物がたまっている状態。しっかりと向き合い、体の不調を整えたいですね。

お腹の調子、整えよう

結局、おからヨーグルトはどうして腸活ダイエットにいいの?

話題の腸活ダイエットとしていま爆発的人気の「おからパウダー」。ヨーグルトと食べることでうれしい相乗効果があるそうです。

https://www.mylohas.net/2018/09/175443yogurt.html

「やせ菌」を増やし、太りにくい腸内環境へ。小麦ブランの健康パワー

「やせ菌」を増やし、太りにくい腸内環境へと導く。メリットがいっぱいの特殊な食物繊維を含む。話題の小麦ブランの健康パワーに迫ります。

https://www.mylohas.net/2018/09/174884wheat_bran.html

太陽笑顔fufufu

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由