1. Home
  2. BODY
  3. ヒアルロン酸やローズウォーターなどで、美しさをキープするセレブたち

ヒアルロン酸やローズウォーターなどで、美しさをキープするセレブたち

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,181

MYLOHAS編集部

セレブ

セレブが20年前とまったく変わらぬ美しさを保っているのを見ると、お金と遺伝子だけでなくほかにどんな秘密があるのだろう、と思ったことがあるのではないでしょうか。

若さの泉を見つけたから? それとも、「毎日水をたっぷり飲む」みたいなびっくりするくらいシンプルなことが秘密なのでしょうか?

彼女たちのスキンケアやフィットネスの習慣を探ってみました。

リアーナ

リアーナ

2000年代中盤に、一躍ミュージックシーンに躍り出たリアーナ。それ以降、アーティストとしてもビジネスウーマンとしてもかなり成功しています。15年の間、外見はほとんど加齢を感じさせません。リアーナはアルコールは完全にやめて、肌が疲れたり乾燥していると感じたら水を飲む量を増やすと話しています。そして、ファンデーションには保湿剤を1滴加えて、肌が必要な水分を得られるようにしていると言います。リアーナは、目の下には日焼け止めを重ねて細かいシワや日焼けを防止していると教えてくれました。

エヴァ・メンデス

エヴァメンデス

メンデスはオメガ3脂肪酸やココナッツオイルなどの自然由来のものを使っているそうです。「私にとって輝くような肌は内側から生まれるのです。だからきちんと食べていないと肌がくすんできてしまいます。それから、オメガ3脂肪酸をとるためフィッシュオイルのサプリメントも飲んでいます。ココナッツオイルも大好きです」と教えてくれました。ココナッツオイルは顔にもつけて、水をたっぷり飲むそうです。いつも側にウォーターボトルを置いて水を飲まなくてはいけないようにしている、とその工夫を話します。水分がしっかり摂れていると肌がよく見えるのです。

ルーシー・リュー

ルーシーリュー

ここまで読んで分かった通り、多くの女優は普段から日焼け止めを使っています。でもルーシー・リューは他の人よりもさらに日焼けに気を付けています。「アジア人なので気を付けていないとすぐ焼けてしまうのです。ケロイドにもなりやすいので、スタントをするときやアクティブなことをする時は特に気を付けているんです」とのこと。リューは帽子を欠かさず、胸と首はハンカチでしっかりとガードするそうです。

エル・マクファーソン

エル・マクファーソン

スーパーモデル、エル・マクファーソンは若い頃からみんなが憧れる理想の体、と言われていましたが、54歳になった今でもビキニを着こなせます。その秘密がアルカリダイエットを守り、体の酸度を低くして、pHを一定に保つ、という食事方法です。この食事方法は血中のpHにはあまり影響がないと言われていますが、フルーツや野菜、複合炭水化物をしっかり摂るということは体重管理や心臓病の予防にも効果があります。マクファーソンは、水泳、スピニング、アシュタンガヨガなどもよく行っているそうです。

サルマ・ハエック

サルマハエック

他のスターが念入りなマルチステップのスキンケアを行うなか、ハエックは反対のアプローチを取っています。彼女は、朝は洗顔せず、その代わりに、ローズウォーターをスプレーして、保湿剤をつけるとか。夜はココナッツオイルでメイクを落としてホットタオルにローズウォーターをつけたものを顔にあててディープクレンジングをしていると言います。また角質をとりすぎないように注意しているそう。「LAでは角質除去のしすぎで顔がテカテカな人をよく見ます。私は何種類かの美容液とオイルをその日の調子にあわせて混ぜて使っています」と、スキンケアを教えてくれました。

ケリー・ワシントン

ケリー・ワシントン

彼女の美肌の秘密はヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は、文字通り、肌に水分をひっぱってきて水分を保ち、シワをのばしてくれるものです。ワシントンはヒアルロン酸の入ったメイクアイテムを使い、肌が一日中水分を保つようにしているそう。さらに夜にはダブルクレンジングをして、残ったメイクが毛穴をふさがないようにしているそうです。

セレブに近づく? おすすめスキンケア

日本初上陸。ヴィーガン&ハラル対応コスメブランド「A’kin」

ボタニカルという概念を生み出し、動物愛護や環境保護先進国でもあるオーストラリア。そんな、自然を愛する国で生まれ育った、ナチュラルでビーガンなコスメブ...

https://www.mylohas.net/2018/08/171827akin.html?test201808

“おいしくいただける素材”から作られる「shiro」から、高機能スキンケアが登場

酒かすやがごめ昆布など、おいしくいただける素材からシンプル処方で作られる「shiro」から、厳選した漢方エキスやオイルをブレンドした高機能スキンケア...

https://www.mylohas.net/2018/09/172270shiro.html?test201808

Jena Sitzes/30 Stars Who Literally Haven't Aged a Day in 20 Years
訳/Noriko Yanagisawa

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析