1. Home
  2. BODY
  3. ヒアルロン酸やローズウォーターなどで、美しさをキープするセレブたち

ヒアルロン酸やローズウォーターなどで、美しさをキープするセレブたち

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,118

MYLOHAS編集部

セレブ

セレブが20年前とまったく変わらぬ美しさを保っているのを見ると、お金と遺伝子だけでなくほかにどんな秘密があるのだろう、と思ったことがあるのではないでしょうか。

若さの泉を見つけたから? それとも、「毎日水をたっぷり飲む」みたいなびっくりするくらいシンプルなことが秘密なのでしょうか?

彼女たちのスキンケアやフィットネスの習慣を探ってみました。

リアーナ

リアーナ

2000年代中盤に、一躍ミュージックシーンに躍り出たリアーナ。それ以降、アーティストとしてもビジネスウーマンとしてもかなり成功しています。15年の間、外見はほとんど加齢を感じさせません。リアーナはアルコールは完全にやめて、肌が疲れたり乾燥していると感じたら水を飲む量を増やすと話しています。そして、ファンデーションには保湿剤を1滴加えて、肌が必要な水分を得られるようにしていると言います。リアーナは、目の下には日焼け止めを重ねて細かいシワや日焼けを防止していると教えてくれました。

エヴァ・メンデス

エヴァメンデス

メンデスはオメガ3脂肪酸やココナッツオイルなどの自然由来のものを使っているそうです。「私にとって輝くような肌は内側から生まれるのです。だからきちんと食べていないと肌がくすんできてしまいます。それから、オメガ3脂肪酸をとるためフィッシュオイルのサプリメントも飲んでいます。ココナッツオイルも大好きです」と教えてくれました。ココナッツオイルは顔にもつけて、水をたっぷり飲むそうです。いつも側にウォーターボトルを置いて水を飲まなくてはいけないようにしている、とその工夫を話します。水分がしっかり摂れていると肌がよく見えるのです。

ルーシー・リュー

ルーシーリュー

ここまで読んで分かった通り、多くの女優は普段から日焼け止めを使っています。でもルーシー・リューは他の人よりもさらに日焼けに気を付けています。「アジア人なので気を付けていないとすぐ焼けてしまうのです。ケロイドにもなりやすいので、スタントをするときやアクティブなことをする時は特に気を付けているんです」とのこと。リューは帽子を欠かさず、胸と首はハンカチでしっかりとガードするそうです。

エル・マクファーソン

エル・マクファーソン

スーパーモデル、エル・マクファーソンは若い頃からみんなが憧れる理想の体、と言われていましたが、54歳になった今でもビキニを着こなせます。その秘密がアルカリダイエットを守り、体の酸度を低くして、pHを一定に保つ、という食事方法です。この食事方法は血中のpHにはあまり影響がないと言われていますが、フルーツや野菜、複合炭水化物をしっかり摂るということは体重管理や心臓病の予防にも効果があります。マクファーソンは、水泳、スピニング、アシュタンガヨガなどもよく行っているそうです。

サルマ・ハエック

サルマハエック

他のスターが念入りなマルチステップのスキンケアを行うなか、ハエックは反対のアプローチを取っています。彼女は、朝は洗顔せず、その代わりに、ローズウォーターをスプレーして、保湿剤をつけるとか。夜はココナッツオイルでメイクを落としてホットタオルにローズウォーターをつけたものを顔にあててディープクレンジングをしていると言います。また角質をとりすぎないように注意しているそう。「LAでは角質除去のしすぎで顔がテカテカな人をよく見ます。私は何種類かの美容液とオイルをその日の調子にあわせて混ぜて使っています」と、スキンケアを教えてくれました。

ケリー・ワシントン

ケリー・ワシントン

彼女の美肌の秘密はヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は、文字通り、肌に水分をひっぱってきて水分を保ち、シワをのばしてくれるものです。ワシントンはヒアルロン酸の入ったメイクアイテムを使い、肌が一日中水分を保つようにしているそう。さらに夜にはダブルクレンジングをして、残ったメイクが毛穴をふさがないようにしているそうです。

セレブに近づく? おすすめスキンケア

日本初上陸。ヴィーガン&ハラル対応コスメブランド「A’kin」

ボタニカルという概念を生み出し、動物愛護や環境保護先進国でもあるオーストラリア。そんな、自然を愛する国で生まれ育った、ナチュラルでビーガンなコスメブ...

https://www.mylohas.net/2018/08/171827akin.html?test201808

“おいしくいただける素材”から作られる「shiro」から、高機能スキンケアが登場

酒かすやがごめ昆布など、おいしくいただける素材からシンプル処方で作られる「shiro」から、厳選した漢方エキスやオイルをブレンドした高機能スキンケア...

https://www.mylohas.net/2018/09/172270shiro.html?test201808

Jena Sitzes/30 Stars Who Literally Haven't Aged a Day in 20 Years
訳/Noriko Yanagisawa

    Ranking

    1. 下着の捨てどきはいつ? 下着のプロが「捨て方のコツ」をアドバイス

    2. 酔い止め要らず。健康医学の名医が教える「乗り物酔いの治し方」

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 寝る前のひと工夫で睡眠の質が変わる。8時間寝ている人が続けていること

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. お尻美人はピラティスをしてる。真似したくなる5つの運動習慣

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    9. タンパク質を効率的に摂取するコツとは? ポイントは、量とタイミング

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 酔い止め要らず。健康医学の名医が教える「乗り物酔いの治し方」

    8. 朝起きたときが一番疲れてる...。医師が教える「朝バテ」解消法4つ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 寝る前のひと工夫で睡眠の質が変わる。8時間寝ている人が続けていること

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 健康のために避けたい調味料と保存食品は? 食のプロに聞きました