1. Home
  2. BODY
  3. 食生活や運動など、美の秘訣は案外シンプル。20年前から変わらないセレブたち

食生活や運動など、美の秘訣は案外シンプル。20年前から変わらないセレブたち

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

3,324

MYLOHAS編集部

セレブの写真

セレブが20年前とまったく変わらぬ美しさを保っているのを見ると、お金と遺伝子だけでなくほかにどんな秘密があるのだろう、と思ったことがあるのではないでしょうか。

若さの泉を見つけたから? それとも、「毎日水をたっぷり飲む」みたいなびっくりするくらいシンプルなことが秘密なのでしょうか?

彼女たちのスキンケアやフィットネスの習慣を探ってみました。

ジェニファー・アニストン

ジェニファーアニストン

ドラマ『フレンズ』の出演で知られている彼女は、健康的な食事と運動を大切にしています。でも、自分のケアの時間も忘れません。日曜日はプライベートなスパの日、と決めていて、そこで角質を落としたり、フェイスマスクをしたり、肌を輝かせるためにしっかりと保湿をしたりするそうです。

また、まず起きたら瞑想をして、気持ちを運動モードに切り替えるそう。そして運動が終わったら、遠赤外線のサウナに入るそうです。サウナは肌を回復させ、エネルギーアップにもなり、眠りの質も向上してくれます。

ジュリア・ロバーツ

ジュリアロバーツ

彼女の場合は、バランスがすべてです。ケトジェニックダイエットのような極端な食事をはじめたりはしないでしょう。しかも、炭水化物が大好き! そのかわりに彼女がやっているのは、栄養満点でヘルシーな食事を、家族と一緒に食べる時間を見つけることです(デザートにクッキーはありませんよ)。

彼女の美容ルーティンは最低限のものですが、エクストラバージンオリーブオイルを数滴顔につけてマッサージを行います。これでお肌を回復させて、肌をツヤツヤにキープしているのです。

クリスティ・ターリントン

クリスティ・ターリントン

49歳のモデルで、女性向けの運動など社会的な活動に熱心な彼女は、若い頃からヨガに傾倒していて、2001年『タイム』誌の「ヨガの科学」特集で表紙をつとめたほどです。ヨガの他にはランニングもしていて、ワークアウトはこのふたつに時間をつかっているとか。

「週に最低でも1〜2回はヨガをする時間を作っています。ランニングでは筋肉が硬くなったりするので、私はやっぱりヨガが一番のお気に入りです」と語りました。

ガブリエル・ユニオン

ガブリエルユニオン

彼女がもう45歳だなんて信じられますか? 女優である彼女は、若々しい肌の輝きは生まれつきのオイリーな肌のおかげだと言います。「オイリー肌だと、保存液の中に浸かっているようなものよ。それがずっと私を若く見せている秘訣でしょうね」と話します。

彼女は30代のはじめの頃に水を大量に飲むようになり、これが「アンチエイジングの一番の秘訣」だと話します。

グウィネス・パルトロー

グウィネス・パルトロー

女優で、Goopの創業者でもあるグウィネスは、ウェルネス界では一際名の知れた人物です。賛否はありますが、彼女の肌がすばらしいのはだれもが認めるところ。

普段は肌が呼吸できるようにメイクはあまりしないという彼女ですが、毎日フェイスマスクと角質除去はしているそう。さらに毎日1時間はダンスをして汗をかいていて、これも透明な肌をキープする秘密だと言います。

クリスティ・ブリンクリー

クリスティ・ブリンクリー

64歳のモデルである彼女は、まったく年老いているように見えません。なんと去年、『Sports Illustrated』の水着特集に、ふたりの娘と共に登場し、女性の美に期限はないことを身をもって証明していました。

なるべく健康的でいるためにフルーツと野菜をたっぷり食べて、化学調味料、砂糖の添加されたもの、精製された小麦粉、過剰な塩分摂取を避けているそうです。

セレブたちのワークアウト、試してみる?

カーダシアン姉妹、ビヨンセ、ジジ、総勢39人のセレブが明かすワークアウトとは

なんでも手に入りそうなセレブたちも、体型の維持には並々ならぬ努力が。騒然39人のセレブが、体型維持のためにしている、とっておきのワークアウトをご紹介...

https://www.mylohas.net/2018/09/174917workout.html?test201808

ピッパ・ミドルトンをはじめ、海外セレブが夢中になっているTRX®トレーニングとは?

ピッパ・ミドルトンをはじめ、海外セレブが夢中になっているというTRX®トレーニング。体全体を鍛え、機能的に動ける体を作るトレーニング方法とは?

https://www.mylohas.net/2018/01/trx.html?test201808

Jena Sitzes/30 Stars Who Literally Haven't Aged a Day in 20 Years
訳/Noriko Yanagisawa

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由