1. Home
  2. EAT
  3. とろけるクリーム。卵と乳を使わない、かぼちゃのクレームブリュレ【TOKYO VEGAN】

とろけるクリーム。卵と乳を使わない、かぼちゃのクレームブリュレ【TOKYO VEGAN】

TOKYO VEGAN

2,555

IMG_3217

バリッと焦げたカラメルをスプーンでかち割ると、甘くとろけるクリームの海……。

プリンではなく、ただのカスタードクリームでもない。クレームブリュレにはそれにしかない食感があると思っています。 卵や生クリームでつくられるあの幸せなコクやくちどけこそ、クレームブリュレの要。 ということは、TOKYO VEGAN的にポジティブに解釈すると、コクや口どけで、それと対等な幸せをつくりだすことができれば、クレームブリュレと名付けてもよいのでは?

IMG_3248

Veganでつくる、植物性素材のみのクレームブリュレ。試行錯誤して、やっと好きな味ができたのでレシピをご紹介します! ティータイムにはもちろん、赤ワインとあわせて夜のおともに、いかがでしょうか。

かぼちゃのVeganクレームブリュレ

IMG_3220

秋になると食べたくなるかぼちゃは、カラダをあたため、免疫力をあげるチカラがあるそうです。気温が下がり風邪をひきやすくなる季節だから、自然と手が伸びるのかもしれません。

そういうわけで、今回のVeganクレームブリュレには、旬をむかえて甘さを増してきたかぼちゃをつかってみました。 日本の伝統食材、葛をつかったとろとろクリームを口に運ぶと、かぼちゃの香りがふわり。卵のカスタードにひけをとらないコクもお気に入りです。 トップのパリパリカラメルは、フランス産の茶色いお砂糖、カソナードを使うのがおすすめです。焦がしたときにバニラのような深い芳香があり、クリームの味を引き立ててくれます。

<材料> 1〜2人分

  • *無調整豆乳 250g
  • *かぼちゃフレーク 12g (原材料はかぼちゃのみのドライフレーク。なければ蒸したかぼちゃの正味70gを使用)
  • *本葛 8g
  • てんさい糖 55g
  • メープルシロップ 大さじ1
  • ダークラム 小さじ1
  • バニラエクストラクト 少量
  • カソナード(トップのカラメル用砂糖。なければブラウンシュガー) 適量

<作り方>

  1. *のついた材料をすべてフードプロセッサーに入れ、しっかりと攪拌する。 フードプロセッサーがなければミキサーで、葛粉の粒がなくなるまで完全に攪拌するのがコツ。
  2. 1を鍋へうつして弱火〜中火にかけ、鍋底が焦げないよう常にかき混ぜ続けながら、しっかりしたとろみがつくまで10〜12分加熱する。 ボウルにうつし、底を氷水につけて冷やす。
  3. 2のクリームを耐熱ココットに入れ、表面を覆うようにカソナードをまんべんなく乗せたら、バーナーで茶色くなるまで焦がす。一度冷まし、焦げの上にカソナードを重ね、もう一度バーナーで同じように焦がし、冷蔵庫で5分程度冷やし、表面がバリバリになったら完成。

IMG_3130

きっと、スイーツ好きの方に気に入ってもらえるコクと口どけです。知らずに食べたら、これで植物性素材のみ?と驚くかもしれません。 ぜひお試しください。

Veganスイーツレシピをもっと見る

とろけるヴィーガンパンプティングの作り方

余ったパンで作れる卵も牛乳も使わないとろける食感の簡単ヴィーガンプディングの作り方(レシピ)をご紹介します。ココナッツとバナナをトッピングすれば本格...

https://mylohas.net/2018/02/162041tokyovegan.html

大満足りんごスイーツ、ヴィーガンタルトタタンの作り方

りんご本来の味わいを楽しむ贅沢おやつ、バター要らずのヴィーガンタルトタタンの作り方(レシピ)をご紹介します。

https://mylohas.net/2018/01/160812tokyovegan.html

Vegan(ヴィーガン)とは、完全菜食。 動物性のものを一切使わないライフスタイルや、そのような食事のことをさす言葉。 本連載『TOKYO VEGAN』では、おうちでつくれるVeganレシピのほか、おいしい野菜や調味料、世界のVegan事情についてなどをゆるゆると綴っています。

profile

大皿彩子 Saiko Ohsara
Alaska zwei 店主 / 株式会社さいころ食堂代表、“おいしい企画”専門のフードプランナー。Veganカフェ「Alaska zwei」の運営のほか、食に関わるブランドプロデュース、レシピ開発、空間コーディネート、イベントのトータルコーディネート等を行う。saikolo.jp

大皿彩子 Saiko Ohsara

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. ヒントは「脳科学」にあった! 何も叶わない、変わらない現状を変える方法

    5. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

    6. ひたすら「なぜ」を繰り返すだけ。ネガティブ思考を消し去る方法

    7. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

    8. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    5. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    とろけるクリーム。卵と乳を使わない、かぼちゃのクレームブリュレ【TOKYO VEGAN】

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More