1. Home
  2. BODY
  3. ストレッチすれば約60%は軽減できる。足がつらないための予防法

ストレッチすれば約60%は軽減できる。足がつらないための予防法

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

7,894

MYLOHAS編集部

01

夜中に足がつって起きてしまうのは珍しくありません。実はとてもよくあることなのです。2012年の「American Family Physician」の調査によると、成人のうち約60パーセントの人が、夜、足がつったことがあると答えたそうです。

だいたいけいれんが起きるのはふくらはぎや足ですが、太もものことも。「BMC Family Practice」による2017年の調査では、大人の多くは足がつったことがあり、50歳以上の人の方がより多くみられるということを発見しています。

shutterstock_653291656

image via Shutterstock

この足がつるという症状はよくあるものですが、その原因や治療法はあまりよくわかっていません

「いろいろな意見がありますが、簡単に言うとなぜ足がつるのかという原因は、きちんと解明されていません」とスコット・ガリソン医師は話します。アルベルタ大学の准教授であるガリソン医師は、夜に起きる足のけいれんに関する研究をいくつも行っています。

ここでは、足がつる予防法をご紹介します。

足がつるのを予防・治すには

shutterstock_452934040

image via Shutterstock

ガリソン医師によると、長らくキニン錠が足のつりに効果があるとされていました。ガリソン医師は、「確かにある程度の効果はありますが、不整脈などの危険な副作用があります」と注意を促します。このためアメリカ食品医薬品局(FDA)は、足のつりの治療薬としてキニン錠をあげてはいません。

治療といっても試してみるしかありません。足がつるのに明確な原因はないため、明確な治療法もないのです。3人の医師に相談をすれば、それぞれ違う説明をして、違う治療法をあげるかもしれません。でも、いくつか試してみる価値のあるものをご紹介します。

01. ストレッチをする

shutterstock_753490096

image via Shutterstock

ストレッチの効果に関しては諸説ありますが、2012年の小規模な調査では、ハムストリングとふくらはぎのストレッチを寝る前に行った人は、けいれんが起きる頻度が59パーセント減ったそうです。

では、けいれん中はどうすればよいのでしょうか。つってしまった筋肉を伸ばすことで、けいれんを止めてくれるかもしれないとガリソン医師。もし、けいれんが脚の下の方だった場合、ふくらはぎを伸ばしてみましょう。反対に脚の上の方がつっている場合は、ハムストリングのストレッチがよいでしょう

02. バランスよく食べる

shutterstock_793590379

image via Shutterstock

マグネシウムをしっかり摂ることも、効果があるかもしれません。米国人の多くはマグネシウム不足なのです。豆類、ナッツ、全粒穀物や葉物野菜はどれもマグネシウム源としておすすめです。

いくつかの研究によると、これは全員には効果があるわけではないとしているので、なにか食事を大きく変える場合は事前に医師に相談しましょう。

03. 水分をしっかり摂る

shutterstock_713362480

image via Shutterstock

特に汗をかいたり運動したりした場合は、日中たくさん水分を摂るようにしましょう。口が渇いていたり、頭痛がする、疲れている、肌が乾燥しているなどは、どれも水を十分に摂れていないというサインです。

一番のサインは尿の色です。尿がうすい黄色や透明なら水分は足りていますが、濃い黄色やオレンジに近いならもっと水を飲む必要があります。

足がつらない方法は他にも

ヒールを脱いだとき、足がつる問題...おやつで解決しよう #ポジティブ栄養学

栄養カウンセラー吉川さんによるポジティブ栄養学。今回は足のつりをおやつで防ぐテクニックについて。

https://www.mylohas.net/2017/03/061257leg.html?test201808

汗をたっぷりかいたら、マグネシウムをチャージ【ポジティブ栄養学】

汗をたくさんかく季節に心がけたいのはマグネシウムをとることなのだそう。汗などで出て行ってしまいやすいマグネシウムは不足すると疲れが抜けなかったり、こ...

https://www.mylohas.net/2017/08/064066mg.html?test201808

Markham Heid/11 Possible Reasons Your Legs Cramp Up at Night
訳/Noriko Yanagisawa

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた