1. Home
  2. BODY
  3. ストレッチすれば約60%は軽減できる。足がつらないための予防法

ストレッチすれば約60%は軽減できる。足がつらないための予防法

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,000

01

夜中に足がつって起きてしまうのは珍しくありません。実はとてもよくあることなのです。2012年の「American Family Physician」の調査によると、成人のうち約60パーセントの人が、夜、足がつったことがあると答えたそうです。

だいたいけいれんが起きるのはふくらはぎや足ですが、太もものことも。「BMC Family Practice」による2017年の調査では、大人の多くは足がつったことがあり、50歳以上の人の方がより多くみられるということを発見しています。

shutterstock_653291656

image via Shutterstock

この足がつるという症状はよくあるものですが、その原因や治療法はあまりよくわかっていません

「いろいろな意見がありますが、簡単に言うとなぜ足がつるのかという原因は、きちんと解明されていません」とスコット・ガリソン医師は話します。アルベルタ大学の准教授であるガリソン医師は、夜に起きる足のけいれんに関する研究をいくつも行っています。

ここでは、足がつる予防法をご紹介します。

足がつるのを予防・治すには

shutterstock_452934040

image via Shutterstock

ガリソン医師によると、長らくキニン錠が足のつりに効果があるとされていました。ガリソン医師は、「確かにある程度の効果はありますが、不整脈などの危険な副作用があります」と注意を促します。このためアメリカ食品医薬品局(FDA)は、足のつりの治療薬としてキニン錠をあげてはいません。

治療といっても試してみるしかありません。足がつるのに明確な原因はないため、明確な治療法もないのです。3人の医師に相談をすれば、それぞれ違う説明をして、違う治療法をあげるかもしれません。でも、いくつか試してみる価値のあるものをご紹介します。

01. ストレッチをする

shutterstock_753490096

image via Shutterstock

ストレッチの効果に関しては諸説ありますが、2012年の小規模な調査では、ハムストリングとふくらはぎのストレッチを寝る前に行った人は、けいれんが起きる頻度が59パーセント減ったそうです。

では、けいれん中はどうすればよいのでしょうか。つってしまった筋肉を伸ばすことで、けいれんを止めてくれるかもしれないとガリソン医師。もし、けいれんが脚の下の方だった場合、ふくらはぎを伸ばしてみましょう。反対に脚の上の方がつっている場合は、ハムストリングのストレッチがよいでしょう

02. バランスよく食べる

shutterstock_793590379

image via Shutterstock

マグネシウムをしっかり摂ることも、効果があるかもしれません。米国人の多くはマグネシウム不足なのです。豆類、ナッツ、全粒穀物や葉物野菜はどれもマグネシウム源としておすすめです。

いくつかの研究によると、これは全員には効果があるわけではないとしているので、なにか食事を大きく変える場合は事前に医師に相談しましょう。

03. 水分をしっかり摂る

shutterstock_713362480

image via Shutterstock

特に汗をかいたり運動したりした場合は、日中たくさん水分を摂るようにしましょう。口が渇いていたり、頭痛がする、疲れている、肌が乾燥しているなどは、どれも水を十分に摂れていないというサインです。

一番のサインは尿の色です。尿がうすい黄色や透明なら水分は足りていますが、濃い黄色やオレンジに近いならもっと水を飲む必要があります。

足がつらない方法は他にも

ヒールを脱いだとき、足がつる問題...おやつで解決しよう #ポジティブ栄養学

栄養カウンセラー吉川さんによるポジティブ栄養学。今回は足のつりをおやつで防ぐテクニックについて。

https://www.mylohas.net/2017/03/061257leg.html?test201808

汗をたっぷりかいたら、マグネシウムをチャージ【ポジティブ栄養学】

汗をたくさんかく季節に心がけたいのはマグネシウムをとることなのだそう。汗などで出て行ってしまいやすいマグネシウムは不足すると疲れが抜けなかったり、こ...

https://www.mylohas.net/2017/08/064066mg.html?test201808

Markham Heid/11 Possible Reasons Your Legs Cramp Up at Night
訳/Noriko Yanagisawa

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン