1. Home
  2. EAT
  3. 不眠改善にお酢がいい? お酢の健康効果のウソ・ホント4つ

不眠改善にお酢がいい? お酢の健康効果のウソ・ホント4つ

9,677

スプーンとお酢

健康や美容に効果的と、たびたび注目を集める「お酢」。

日本人にとってなじみ深い調味料ですが、「お酢を飲むと痩せる」「体がやわらかくなる」など、ウソかホントかわからない噂も多数存在します。

お酢にまつわる巷の噂を検証しながら、本当の効果を探っていきましょう。

お酢を飲むと体がやわらかくなる?

ヨガをする女性

お酢といえばまずこの噂ですが、残念ながら科学的根拠は全くなし

お酢には、牛乳などのカルシウムを溶かして吸収率をよくするはたらきや、お肉などのタンパク質を分解してやわらかくするはたらきがあります。

それらの効果が勘違いされて、このような迷信が広まったのかもしれませんね。ということで答えはウソ。

ダイエット中は、朝にお酢を飲むと効果的?

グラスとデカンタに入ったアップルビネガーとりんご

朝にお酢をとることで、代謝を上げて痩せやすい体作りに役立ったり、エネルギーを効率的につくる働きが期待できます。噂はホントでした。

ただし、朝起きてすぐの空腹状態で飲むのは、お酢の酸で胃をいためてしまうのでNG。朝食と一緒、もしくは食後に摂るのが賢明です。

風邪をひいたときはお酢を飲めば治る?

鼻をかむ子ども

風邪をひいたときに殺菌効果を期待してお酢を飲む人がいますが、お酢には風邪ウイルスを殺す効果はありません

お酢を原液のまま飲んだり、摂取し過ぎたりすると、かえって風邪で傷めたのどを余計に傷めてしまうことも……。ということで答えはウソ。

しかし、適量であれば風邪で弱った体の疲労回復には役立ちます。食事と一緒に1日大さじ1~2杯程度摂るか、大さじ1杯ずつのはちみつとお酢をお湯や水で割った「はちみつビネガードリンク」もおすすめです。

不眠改善には、お酢を就寝前に飲むといい?

ベッドで眠る女性

睡眠障害の原因はさまざまですが、その中のひとつに挙げられるのが夕食後の血糖値の急激な上昇です。

お酢には血糖値の上昇をゆるやかにする働きがあるので、睡眠の質を高める力が期待できます。夕食の前半に飲むとさらに効果的です。つまり噂はホント。

ただし、お酢を飲んだあとは必ず「歯磨き」をお忘れなく。お酢の酸が歯に長時間付着すると、歯の表面のエナメル質が溶けて薄くなる危険性があります。

今回紹介したこと以外にも、お酢には便秘改善内臓脂肪の減少高血圧抑制ビタミンC破壊防止など、うれしい効果が盛りだくさん。かしこく摂って、健康的な美しさを手に入れたいですね。

おいしくヘルシーに

腸の名ドクターが考えた「長生きみそ汁」で、自律神経の働きをサポート

順天堂大学の小林弘幸教授といえば、初診が数年待ちという日本初の「便秘外来」を率いる名ドクター。“腸のスペシャリスト”として知られる先生が、「自律神経...

https://www.mylohas.net/2018/07/171829miso_soup.html

野菜の味を引き上げる味噌ヴィネグレットソース−今日のみそレシピ

料理研究家の小島喜和さんと管理栄養士のうすいはなこさんが提案する、19の絶品みそ料理レシピを紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/10/miso07.html

image via shutterstock

池田麻友菜

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    3. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    8. お互いに縛りあっていない? 共依存の闇から抜け出すためには

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    7. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって